カテゴリ:雑記(日記?)( 193 )   

車屋のタッチー(1)   

かつて「すべらない話」でMVSを取ったキム兄の「車屋のキクチ」という話があったが、それをもじって「車屋のタッチー」というお話。

来月、うちに新しい車が届きます。

前に、ネットでつらつら見ていたら「新車値引き」という表現があり、気になったので見てみると、その会社はパーツ屋で、ディーラーから新車を購入して自社パーツ(エアロ)をごてごてに付けて納車、その値段がディーラーでノーマルで買うより安いというフレコミだ。こういった会社は結構あることを知り、楽しいのでいろいろ見ていた。

そのうちの一社が購入を決めた会社。場所は大阪。さすがに通販で車を買うのはヤバイと思ったので、家族旅行を兼ねて大阪へ出向いた。

アポを取った方がいいのかと思いメールをしたら、「見積りご希望ですか?」と一言帰ってきた。

一言だよ。一言。あり得ない。なんだかコワい。

担当者の名前もなし。

「見に行くだけ」と答えたら、

「ご希望の車種はありますか?」とまた一言。

なんじゃコイツ。あとは無視した。

当日、この会社へ家族で行った。波田陽区似の若い兄ちゃんが出てきたので「メールしてた○○ですけど」と伝えたが、伝わってない表情。

今日来るってメールしたじゃん。

一言メールを返してきたヤツ誰だよ!(怒)

とにかく実車とパーツを見て、車自体は大いに気に入り、もはやノーマルで買う選択肢は無くなった。

波田陽区の兄ちゃんは、名前をタッチーという。こいつ、若いのにとにかく今日契約したい気丸出しで攻めてくる。


ま、それも当然だろう。神奈川からはるばる来た客だから買う気があると見られて当然だからね。

「まだ試乗してないし」とやんわり断りモードに入っていくと「ちょっとすみません」といって奥へ下がる。しばらくして戻ってきて「社長に試乗できないか掛け合ったんですけどダメでした」とのこと。「ディーラーでまずは乗ってみてから」と押したが「遠くから来て貰ったんで頑張ります。」と押され見積りを出して貰うことに。

「今日契約してくれたらの値段です」と出してきた金額が、会社HPの説明と大違いの値段。「おいおい」ってことでなぜそんなに違うのかの説明をさせる。

「本体価格にパーツの値段を加算して大幅値引きをして諸費用加えずに○○円から」って書いてあったじゃん。80万くらい違うけど。何これ?

一応、説明を聞いたがこれでは厳しい。「いくらなら検討して貰えますか」と食い下がるタッチー。納車を引き取りに変えて陸送費を無くして4万ダウン。そこから10万ダウンの提示をした。裏の事務所に消えるタッチー。

「すみません。値引きしすぎると営業の成績に関わるから行き過ぎたダウンはできないと言われました」って。

知らんがな。そっちの問題じゃん。

「だから、今の車の車検も残っているし、試乗もしてないし、今日ここで決めなくてもいいって言ってんじゃん」と席を立とうとしたら粘るタッチー。「もう一回行ってきます」。いや、いいって。

しばらく待ったら、「その金額でOK出ました。」だって。

ディーラーのサイトでセルフ見積りを済ませていたので、同じグレードをドノーマルで買って値引き限界値まで下げさせた値段より少し低いくらいの金額。

もちろん、新車登録のための神奈川までの陸送費とか入っているから、地元大阪で買えばもっと安くはなっている。それでエアロがごてごて付いていて、シートカバーもあり、ナビもあり、アルミもインチアップでってことになっているから、安い買い物。

この日はサインして手付け払って帰宅の途につきました。結局4時間半この会社にいたよ・・。

つづく
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-02-07 23:29 | 雑記(日記?)

これだからコンピューターはイヤだ   

 私はパソコンとかコンピューターが嫌いだ。だって、エラーになっても「どうやったらもとに戻るか」を教えてくれないからだ。

 先日、嫁がノートPCでCOOPの注文をしていた。普段は注文コードを入れるだけのページで作業をするのだが、たまたまEカタログ(FLASHのカタログか?)で商品をつらつら見ていたら、急にエラーメッセージが20も30も出てきておかしくなったそうな。

 エラーメッセージはなんかシステムファイルがおかしくなったと書いてあるみたいだ。

 何度か立ち上げ直し、ようやくエクスプローラーを開くことができたので、ノートPCに保存してあるデータを引き上げようと思ったら、中身が空っぽの表示。仕方ないのでOSを別に入れて、一時的にマルチブート状態にして立ち上げる。ノートPCは無線LANでNASとデスクトップPCにつないでいるのだが、引き上げたいデータ量がハンパ無く、無線は断念(何時間かかるかわかったものではない・・・)

 デスクトップPCにeSATAで外付けHDDをつないでいたのをもってきて、たまたま昔eSATA→usb変換ケーブルを買ってたので、それでノートPCにつなぐ。データをすべて待避して、結局クリーンインストールするはめになった。

 そうこうしてると今度はREGZAにつないでいるNASがTVから認識不能になっていて、2階のHUBと交換したり、電源落として再起動したり、LANケーブルを挿し直し、果てはTVと直づけして原因探し。

 小一時間かけてつないでいる二つのNASのうち2階のは正常で、1階に設置しているやつが認識不能だとわかったが、TV側から接続テストをやっても失敗ばかり。こればかりはさすがに対処方法がまったくわからない。初期に戻すなんてやったら次につなぐときに今まで録画したものが全部消えそうで怖いし、ひたすらコンセント抜いたりケーブル差し替えたりの繰り返し。

 ようやくうまくいったから、いったん抜いて元の位置に戻しつなぎ直して電源入れたらまたダメ。

 結局なんとかなったのだが、理由を言えっつーの。

 まったく、これだから困るよ。今はなんとかできてるけど、年とってITの世界がすごいことになったら、ほんと何もできなくなるようで怖いよ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-01-30 21:10 | 雑記(日記?)

笑い飯哲夫、アンタッチャブル山崎、サンドウィッチマン伊達・・・   

私の知人にはそっくりさんが多い。

★笑い飯の哲夫さん
 取引先のマネージャーがクリソツ。笑い飯がM-1獲得したときはお祝いの連絡が殺到したとか。顔のみならず細身のスタイルも似ているので、ネタとしてはサイコーのモノを持っている。そしてその人と私の会社の友人がクリソツ。私の友人はごつい体育会系の体系なのでやや似なんだけど、同じ分類ということで。

★アンタッチャブルの山崎さん
 自宅を建てたときの一級建築士さんとクリソツ。話し方のテンポの早さなんか秀逸。

★サンドウィッチマン伊達さん
 この方も取引先の方で社長さん。私がぺーぺーの時からお世話になっている方。さすがに金髪ではないけど、体のボリューム感とか、醸し出す雰囲気が似てます。やはり、M-1の時は電話が鳴ったとか(笑)

★おぎやはぎの矢作さん
 私の地元の友人がクリソツ。普段からおしゃれな帽子と印象の強いメガネを愛用しており、矢作さんに似ているという声が周りから強い。キャラも芸人並みのいいモノを持っている。

★ゴルバチョフ氏
 我が社の幹部でゴルビーにそっくりな人がいる。自分でも自覚しているらしい。違いはキズがないこと、くらい、体のデカさも似ている。

★ルーニー選手
 番外編でイングランド代表のルーニー選手のそっくりさんもいる。この人も私の地元の友人。訳あって青のルーニー、野球ファンからはラミちゃんと呼ばれる時もあるらしい。ただ、結局髪の薄さだけじゃないかとの批判もある。

やや似で言えば、

★佐野元春さん
 私がかつてビリヤードにはまっていたとき一緒に遊んでた兄貴分の顔が、斜め向きのほおのラインから眉までのエリア限定でクリソツ。本人もよく言われると述べたあと、私の顔も似てるよねと指摘。今はだいぶ太ってしまったが、実際、私もそのエリア限定で似てると自覚。さらに、その兄貴分とクリソツであることも最初から自覚していた。

★平井堅さん
 この人もかつて私がビリヤードにはまっていたときのビリヤードの店長。本人はそう言われるのを極端に嫌っている。

★鈴木福くん
 実は私の4歳の息子が鈴木福くんによく似ているという評判。私はやや似に分類するが・・・。親が佐野元春で子どもが福くんとは・・。息子は明らかに嫁系列の顔だ。

★布施博さん
 この人は知人でもなんでもなく、通りすがりなんだが、朝の出勤時間帯で頻繁に遭遇する謎の人物。電車に乗り込むところ、電車の中で立っているところで何度も遭遇しているが、私が駅に向かう途中に反対方面へ歩いている姿も目撃。いつもジーパンと革ジャン的なスタイルで、サラリーマンではない。目下情報収集中である。

これだけのメンツが一同にそろったら楽しいだろうなぁ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-01-20 06:18 | 雑記(日記?)

4歳の息子と五目並べ   

今、4歳の息子と五目並べで遊んでいる。

我が家はアンチTVゲーム派なので、「すごろく」などの昔くさい(?)ゲームで遊ぶようにしている。

実はちょっと前にリバーシを買ってきたのだが「挟んだら自分の色にひっくり返す」という概念がまだいまいちわからないようだったので、「5個並べたら勝ち」のほうが簡単かなと思い、リバーシで五目並べをやってみた。

息子的にはこっちのほうがわかりやすかったらしく、何度も何度も遊ぶようになった。さすがに緑の盤面で五目並べはエリアが狭かったので、リサイクルショップで本物の碁石と折りたたみの盤を買ってきた。

子どもの認識力は不思議なもので、縦と横はわかるのだが、斜めの認識が難しいらしく、斜めで「三」を作ったときの止め方が、最初は全然違ったところに石を置くので、「だんご3兄弟にするんだよ」といってもいまいちわからず、説明するのに困った。

どうやら、一直線に自分の色の碁石が並んでいること自体も最初は認識できていなかったようで、はじめは「三」や「四」の数え方が直線になっていなかった。それで斜めの止め方が一個ずれていたのだ。

今は「横三」とか「斜め三」とかヒントを与えるけど、止めるためにどこに置けばいいかは教えず、考えさせるようにしている。「四三」を作ったら勝ち、というのがわかったようで、最近はなぜかふいに「四三!」と叫ぶこともある(笑)

子どもにとって「わかる」「できる」というのがほんとに大事なこと。これからも自信をつけさせて楽しく遊べる遊びをやっていきたい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-01-17 20:53 | 雑記(日記?)

トーマスのすごろく   

我が家のヒット作はトーマスの「すごろく」だ。

お正月前にネットで配布されていたトーマスの「すごろく」を印刷して4歳と2歳のうちの子と遊んだのだが、ノーマルバージョンは飽きてしまい、上の子が銀のシールを貼って「ここに止まったらサイコロ2個ね」とかアレンジをし始めたので、いっそのこと自分で難しいのを作るか、と思い、作ることにした。

ネットでダウンロードしたのは総マス数が40程度だったのだが、これを70に増加させ、ところどころにトラップをしかけた。

息子の好きな「サイコロ2個」も取り入れた。これは足し算の練習にもなり、結構重要なファクターなのだ。

まだ4歳なので足し算といってもサイコロの目を一つずつ数えて足していくのだが、マスには1から70までの数字が書いてあるので、いずれ今立っている場所の数にサイコロの目を足して、という足し算に発展させようと思う。

サイコロ2個使った足し算のときの息子の法則を見つけた。それは、なぜか必ずサイコロの目の小さい方から数えること。

息子はサイコロの目は出た瞬間に5とか6とか認識できるようになったが、二つの目を数える時は必ず小さい目から1、2、3、と数える。何度か大きい目を瞬時に認識してから小さい目を数えていく方法を目の前でやったのだが、まだ理解できないようだ。「6」と「2」が出たなら、6、7、8と数えたほうが早いのに・・・。

こうしたローテクの遊びは子どもの成長なんかも直に感じ取れて良い。

IT会社幹部の私の友人からは、スマホの直感的な操作や「Wii」のゲームの効果も高いとご家庭での体験を紹介された。今の時代、いずれはそっち方面に行くんだろうなと思いつつも、しばらくはこのローテク遊びで子どもと時間をとろうと思っている。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-01-17 20:53 | 雑記(日記?)

大河ドラマ「平清盛」が始まった   

昨日から今年の大河ドラマ「平清盛」が始まった。

新聞報道によると、初回の視聴率は前年の「江」に及ばなかったらしいが、なんというか、久々にドラマの作りの本気度というかそんな感じが伝わってくる内容で、「江」なんかよりはよっぽど期待が持てるな、という印象だった。

「江」は完全に女性の視聴者を意識した作りだったから、今回の視聴率の低さ(対前年比のね)は、男女差(男は大河をあまり見ないとか副次的な要素も含んで)もあるのかもしれない。

前年の大河は、はっきり言って駄作。史実をねじ曲げてでも「江」にスポットを当て続けるとか、コトバが現代語であるという、大河らしくない手法が目立ち、10話完結くらいの連続ドラマで充分だったのではないかな。信長が辞世の間際に「江」を思い浮かべたとか、清洲会議に「江」が紛れ込んでいて秀吉が驚くとか、歴史上のキーパーソンすべてと接点があったみたいな正直あり得ないことだらけ。

それに比べれば今回の「平清盛」は、失地回復の意地が見られそうで、期待をしてしまう。

ストーリーは未知数だが、ロケが多いからか光の加減も全体的にリアルで、作り物感がない。第一回は子役の時代だから、第二回以降は注目度も上がってくるのではないかな。「江」のときに大人が少女の役をやったように、今回松山ケンイチが少年時代を演じなくて本当によかった(爆)
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-01-10 23:06 | 雑記(日記?)

満寿泉 オススメの地酒   

富山は米どころ水どころなので、日本酒がほんとにおいしい。

私のオススメは、車ですぐのところにある酒造の「満寿泉」。その中でもこの「しぼりたて新酒」

a0009333_22351730.jpg


パッケージにもあるとおり、うすにごりで、なかなか美しい。

味は、私は専門家ではないので詳しくは表現できないのですが、口当たりはマイルドな中にもやや刺激があり、のどごしは、すーっと入るまえに一度のどにがつんとくる感じですかね。

あ、私酒が弱いので、強い人はこの刺激やらがつんやらは無いかもしれませんが。

この酒は絶品です。
[PR]

by cogno_eb2 | 2011-12-30 22:41 | 雑記(日記?)

大阪屋のますの鮨   

私の実家のそばには、大阪屋というスーパーマーケットがあります。

新湊や氷見でその日の朝水揚げされた魚の刺身が「朝とれ」というシールが張られて普通に並んでいて、まあ、富山では当たり前なのですが、大きなチェーン店なので他の店よりも「お勉強価格」なので庶民の台所になっているスーパーです。

ここにはスーパーものの「ますの鮨」があります。朝行かないと昼過ぎで売切れてしまう人気商品。

a0009333_22105816.jpg


スーパーもの、というのは、この写真の状態(ラップは外してますがね)で売っている格安の商品ということ。

ますの鮨と言えば笹に包まれていて、竹の容器に入っているきっちりとしたもの(ブランドもの)がもちろんおいしいのですが、最近は値が上がってしまって、一段で1300円ほどすると思います。

このスーパーものは498円。冷蔵庫に入れずにその日に食べるのであればそんなに味に問題はありません。

駅弁で有名な漢字一文字のブランドを食べるくらいならこっちのほうが満足感あり。

そのほかにもお正月商品が割安でそろいました。関東で買うよりもやはり物価安の印象がありますね。量が多くて関東の値段よりやや安か、分量の比例で比較すると確実に安い商品ばかり。

このお店は駐車場が広いのですが、夕方はまさに戦争です・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2011-12-30 22:16 | 雑記(日記?)

富山へ帰省   

故郷の富山へ帰省しています。

この写真は長野から新潟の上越へ抜ける高速道路の風景。ちょうど妙高のあたりです。

a0009333_2155014.jpg


さすがに雪が多くなってきました。車外の気温はマイナス2度くらい。

寒さという点では中央道の原あたりがマイナス8度くらいで一番厳しかったですかね。

この写真は北陸道へ入って、26のトンネルをようやく抜けて富山へ入ったあたりです。

a0009333_21573187.jpg


冬にしては珍しい快晴で、立山連峰がむちゃくちゃきれいに見えます。

サラ・ブライトマンのTime To Say Goodbyeをかけてみました。

合います・・・。雄大です・・・。

a0009333_2254036.jpg


分かってはいたのですが、ケータイのカメラでは全くその雄大さが伝わってきませんね・・・。

実家は市内なのですが、積雪40センチほど。道路は完全に空いていて普通タイヤでも問題ない状態ですが、実家の前に車を停めようとしたら除雪車の残雪が。

20年以上ぶりに雪かき(除雪)しました・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2011-12-30 22:02 | 雑記(日記?)

ガンと闘う(9)   

この病院は患者に対する心のケアをなんと考えているのだろう。信頼関係はもう回復させようがない。

入院中最初で最後のハーセプチン投与が行われた。

ハーセプチンを一番最初に投与したときは、熱が高く吐き気も伴い、3日ほど体調がもどらなかったという。

2ヶ月の中断の影響がどの程度あるのかが最も心配された。体調に変化が見られれば、これまでの経緯が分かっている医師たちによって適切な治療を受けられる期待が大きいから、この病院での、病室における投与は我々家族にとっては必須事項だ。

患者である母の懇願によってようやく実現したが、経過は良好。微熱が続く状態ではあるものの、食欲は減退せず、他の副作用も見られない。リハビリも問題なく続けられそうだ。

予想される最もベストなストーリー。これで転院しても心配ない。なんだかんだと圧力をかけてくる医師たちともおさらばだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2011-12-14 00:32 | 雑記(日記?)