カテゴリ:F1( 18 )   

残念! ホンダエンジン斬りぃ! 琢磨リタイア   



真価問われるホンダ 3戦連続リタイアの佐藤


 琢磨残念!

 カナダGPでまたもやエンジンブローですか・・・。

 予選で琢磨がスピンしたときに、パーツが飛んでいきましたよね?あれの影響でスペアカーにかえたのでしょうかね?

 それで、スペアカーというのは、ホンダの勝負エンジンを積んでいたのでしょうか?バトンに比してずいぶん早さが違ったような気がしました。後方でクルサードと熾烈な争いをしていましたが、そもそも、マクラーレンあたりのクルマとは比にならないほど速いクルマだったのではないかと思い、ちょっと不思議でした。

 ん~、バトンがあまりマシンに負荷をかけない走りで、琢磨は攻撃的すぎるのでしょうか?記事には「一般的にはクルマにやさしい運転」だと書いてありますが、バトンが2番手スタートにもかかわらず、ピットストップでズルズル後退し、結局4番手にまで落ちる、つまりは競馬の「馬なり」ならぬ、クルマなりで走るから完走できるのでしょうか・・。

 右京さん!教えて!この辺のところ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-14 18:22 | F1

モントーヤのお墨付き!   

佐藤琢磨「僕の初表彰台は是非ここで獲得したいですね」(ISM)

 やってくれそうですねぇ。

 佐藤琢磨選手の回転の速そうな思考力、それでいて物腰柔らかな語り口、堪能な英語・・。こんなにすごい、世界に通用する選手っていうのは、ホントに誇りに思います。今回もしっかり応援しますよ!



F1=モントーヤ、佐藤琢磨の走りを絶賛(ロイター)

 モントーヤのお墨付きぃ!某氏のアマチュア発言なんて吹き飛ばせ!

Number604で琢磨の記事があった。そうか!この前のレースではそんなことがあったのか!って感心しました。F1に詳しくない私にとっては、予選前に給油してから給油できないなんてことも新発見で、重い車体であそこまでのタイムをたたき出した琢磨ってすげぇ!と感心しましたよ。ますます、次のレースが楽しみ!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-11 16:55 | F1

最悪の結果・・・琢磨リタイア   



佐藤リタイアで表彰台逃す

残念・・・。

あの1コーナーの強引なパスに、テクニカルディレクター氏からお小言をいただくのか・・・。

なんとも言葉がないデス。残念。

ピット作戦もだいぶよく練られていた感じがあったが、あそこでバリチェロの前に出れなかったのが焦りを生んだか。

タイヤの性能からしてあの場面と次の周回くらいがラストチャンスだったのか・・。

悔やまれる・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-05-31 01:23 | F1

琢磨快挙!日本人初フロントロー!!   



琢磨、日本人初のフロントロー/F1(日刊スポーツ)

すごいっす!マジですごいっす!予選二位ですよ!

いやぁ、これでマシントラブルがなければ入賞確実!

そして、カミカゼスタートでシューを抜いていきなりトップに躍り出るなんてことも!

ピットストップで抜かれても、1ストップなら表彰台ですかぁ!!!

こりゃ、見るしかないでしょ!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-05-30 19:50 | F1

佐藤琢磨 残念!5位   

野望砕かれたスタート 壁破れずに5位の佐藤

いや~、なんとも残念な結果に終わった。

全体的な印象では、レギュレーションが変わりに変わって、かつて楽しんでいたF1とずいぶん様変わりしてしまったなぁ、という印象。

 F1は日本人ドライバーがいるときしか見てないんだけど、中嶋悟の時代は熾烈なトップ争いといえば緊張感あふれる「抜きあい」でサイド・バイ・サイドが頻繁に見られた印象がある。

 でも、最近のF1は、トップ争いはピットストップで決まってしまう感があり、なんか面白さに欠ける。敵チームのピットクルーに「ミスれ!」と念じるだけってのは、なんともねぇ。

 昨日のレースでも分かるように、スタートでトゥルーリがトップを奪っても、最初のピットインでシューマッハがトップを奪還するし、同じように琢磨の2度目のピットインでは、2ストップ作戦のバリチェロに先を行かれてしまった。

 琢磨は結局3度目のピットインでも順位を一つおとし、5位にまで後退してしまった。6位との差は30秒近くあったことから、あとは4位との差を詰めるだけだったが、一時2.4秒にまで迫ったものの、すぐに9秒くらいの差がついてしまった。

 レース後、琢磨はミシュランタイヤの性能についてだけ言及した。交換してすぐは走れるが、次第にリアタイヤのグリップが落ちると言っていた。

 3ストップ作戦をとるということは、ガソリンの量を減らし、タイヤをリフレッシュすることで、常に軽い状態でタイムを縮めることを狙っているわけだが、肝心のタイヤがダメではなんともしがたい。それに、ピットストップの時間だが、正確には覚えていないが7.2、8.6、9.2くらいだったと思う。これはトップチームに比べてそれぞれ1秒前後遅い。

 2ストップ作戦のバリチェロは2回目のストップは9.2ほどだったと思う。2ストップの場合はガソリンをその分多く積むので必然的に時間が長くなるが、BARのばあい、3ストップ作戦で同じくらいの長い時間をかけていることになる。

 1秒というとどのくらいの差かというと、スタート直後の3位琢磨と4位との差が1.3から0.9秒くらい。つまり、1回のピットストップで1秒遅いと順位が下がると考えていい。

 加えて、ピットインのタイミングがBARは本当に悪かったように見えた。常にトップチームの次の順序。レース後の琢磨の話からすると、ピットに入る直前というのはおそらくタイヤは相当グリップが落ちているころだろう。ガソリンを消費して軽くなっているとはいえグリップがダメダメで、トップチームがピットインしている間1周するのか、早めに入って新しいタイヤで彼らが入っている間に1周するのか・・。

 記事にあるような「壁を破れなかった」というのはかなり違うかもね・・。琢磨にしてみれば、「戦えるマシンをくれ」ということか。今回は「勝負エンジン」だったらしいが、ミシュランから勝負タイヤを調達しなければ。

 中本修平エンジニアリング・ディレクターは「なぜ?っていう感じ。もっと速く走れたはず。スタートからペースを上げていれば、こういう展開にはならなかった」と話しているが、ん~、そこまでは素人の私にはわからん。

 次、がんばろ~!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-05-10 10:50 | F1

琢磨 なんと予選3位!   

琢磨、日本人最高の予選3位/F1(日刊スポーツ)

 まじっすか!3位だって!

 すげー楽しみ!

 がんばれー!琢磨!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-05-09 13:46 | F1

琢磨5位!   

佐藤琢磨にはペナルティなし 5位入賞が確定

 マシントラブルで残念!でも堂々の5位入賞おめでとう!

 ラルフとのサイド・バイ・サイドから始まって、最後はルノーのアロンソと息詰まる攻防戦に勝っての5位入賞。しかもリアウイングに故障を抱えての勝利は今後につながる。

 それにしても、故障がなかったらJ・バトンの位置にいたかなぁ。

 なんていうか、チームのNo.1ドライバーとNo.2ドライバーとでは、マシンの設定が基本的に異なっているんとちゃうの?って感じの印象を受けた。もちろん、セカンドドライバーは技術的に劣るからセカンドなんだろうから、おんなじセットアップをしても差が出るのは当然のことだとは思うけど、それにしてもM.シューマッハとR.バリチェロの差が最初の周回からかなりの差がついてきたのをみると、詳しい事情をしらないボクらなんかは「おいおい、マシン平等にしてやれよ」って思ってしまう。

 その意味ではBARホンダは琢磨が予選でJ.バトンを抜いたし、セットアップは平等だったのかな・・。

 しっかし、ルノーは脅威だった。最後の5週ほどは、琢磨の後ろからスキあらばパスしようと虎視眈々のF.アロンソがいて、実況では「ホンダパワーが・・」なんたらと言っていたけど、直線で爆発的に伸びるわけではなく、抜く場所の少ないコースのおかげで、なんとかノーミスで振り切った感じだった。

 これまでの日本マシンに比べれば、バトンの連続表彰台に象徴されるように、なんとか戦えるマシンに仕上がってきたようだ。もちろん、フェラーリは依然別格扱いにはなるが。素人目にはもう少し立ち上がり(ローギア)が強くなると、単純にマシンの性能の勝負だけでなく、琢磨のテクニックが見れてワクワクするのに。

 今回のレースで琢磨のサイド・バイ・サイドのシーンが多く、少なくとも画面では、ノーズの故障でバトンにかわされたのを除いて、すべて勝ったシーンを見れたのはホントに頼もしかった。

 次はこれを抜いたら表彰台!という、追いかけるシーンのハラハラ・ドキドキを見たい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-05 06:41 | F1

予選5位   

琢磨、日本人最高タイの5番手/F1

 琢磨選手やったね!すごいね!決勝が本当に期待できます。マシントラブルでリタイヤとかは絶対さけて欲しい。最後まで走って、上位2台がクラッシュとかどうでしょう。

 Number597号に琢磨選手の特集があったが、本当に今年は期待できる。世界に向かって自慢できる日本人スポーツ選手の数少ない一人だと思う。

 ゴルフの丸山。

 サッカーでは中田。

 そして佐藤琢磨。

 表彰台の真ん中にたつ日はそう遠くないぞ!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-04 13:54 | F1