<   2004年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧   

実家へ帰らせていただきます!   

ということで、GWはホントに実家へ帰ってきます!

更新は帰ってきてから!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-27 18:37 | 雑記(日記?)

とうごサンへ その4   

 政府は国民を守る義務があり、今回そのように行動したと思います。最初から「救出に全力をあげる」と言ってましたよね。感情的になった人たちが「自衛隊を撤退させない=人質を見殺しにする」と勘違いしたのではないでしょうか。「人質を救うためには実行犯たちの要求をのめ=自衛隊を撤退させよ」と叫んだ人たちは、「テロリストの要求をのむ」ということの重大さを理解していないというしかありません。

 もし今後も崇高な理念を掲げてイラクへ続々と日本人が入国して、そのたびに捕虜になってアメリカとの交渉の道具に使われて、そして救出のために奔走して・・、そんな事態になっても政府が自衛隊を派遣したから、政府に責任があるといえますでしょうか。「危険だと分かっていてなんで行くんだよ」って思うでしょ?こんなときに入国すべきでない、と考えることは皆無であるべきでしょうか?

 私が今回の事件を取り上げたきっかけは、「2ちゃんねる」や同等の掲示板・ブログに、人質たちに対して口汚くののしるような記述が見られ、それに対して「なぜ人質たちをそうまでして責めるんだ!」という意見があちこちから聞こえてきたからです。

 私は「2ちゃんねる」を直接チェックしたわけではありませんが、かなりひどい口調で非難が浴びせられ、被害者の家族の自宅にも電話などが押し寄せたと聞きました。

 まずは、そのように口汚くののしるような言論はもってのほかです。私も腹立たしく思います。

 次に、それらの悪質な言論に感情で返したかのような反論(→理念が立派だから彼らはえらい人だ)に「ちょっとまって」と言いたかったんです。冷静に考えようと。イラク入りする日本人たちを応援して送り出すことになりますね。「自分は行けないが、行こうと考えていることがまず尊くて頼もしい。そして行くという行動力を賞賛する」というふうに。

 でも、現在のイラクの状況を考えれば、行くことには賛成できないと思いますが、いかがですか?

 彼らの行動に問題はあったか、無かったか。

 とうごサンは今回の事件は3人の判断・行動にではなく政府の方に問題があるとのことですが、私は政府の政策というかなり大きな問題と同列に論ずることには違和感を覚えます。

 是非、貴大学の先輩である遠山清彦平和学博士にその考えをぶつけてみてはいかがでしょう。博士は現在政府の側に立っている人ですから。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-26 14:49 | 雑記(日記?)

とうごサンへ その3   

>さらに、この事故の可能性を結果的に高めてしまったのは自衛隊の派兵であり、日本政府のイラクに対する政策の為であると思います。

 まずは、自衛隊は日本の軍隊ではないので、派<兵>ではないですね。共産党や社民党は好んでこの表現を使いますが。

 さて、自衛隊の派遣が結果的にこの事件を引き起こしたか、可能性を高めたか、ということに関しては、私は多少なりともあるとは思いますが、直接的要因ではないと思いますね。ようはイラク国民の「アメリカ憎し」の感情ですよ。自衛隊を派遣していなくても「おまえはアメリカ人か?」と疑われてつかまってしまうことはあったと思います。

>しっかりとした国際的な認識がなくてはなりません。それを不十分な状態で派兵したのはやはり問題があるのではないでしょうか。

 これは自衛隊派遣の是非についての議論になりますので、別立てにすべきですね。私も問題があったと認識しています。その点では同意できます。

>よって結論は、私は3人が他国や政府に迷惑をかけたのではなく、

 いや、事実として迷惑をかけたと思いますよ。この事件がなかったら昼夜問わず対応に奔走しなくてよかったんですから。

>自衛隊の国際社会での認識と日本での認識のギャップを見落とした日本政府の考えの甘さにより3人が被害を受けたと理解しています。

 そのあたりの検証は今後もしきれないでしょうね。3人がつかまった原因は日本政府の甘さが原因だったか、どうか。日本政府の考えが甘かったとしても、3人が入国しなければ事件は起きなかった。もしとうごサンの論理が正しいとすれば、先に入国して活動しているNGOの日本人はかたっぱしからつかまっているでしょう。

>国際貢献をしたければまずは基盤を作るという他の選択肢があったのは逆に政府のほうです。

 これは議論がまったく別のものになりますよ。3人に選択肢があったかどうか、という問題と、政府は国際貢献の基盤をつくるという選択肢を選ばなかったという誤りの問題と。政府に足りない面があったことは私もそのように思いますが、かといって3人の選択肢の問題は残るでしょう。なので、これは別問題ですよ。政府に問題があったから、3人がとった今回の選択は問われなくなる、ということは論理としてつながりません。

>「崇高な理念があれば行動は問われない」という状況はもちろんあってはなりません、だから国の政策を問うのです。

 国策は国策として問うべきこと。彼らの行動に問題がなかったかどうかは、それ自体として問うことだと考えますが。

>実際の行動をもって、彼らは問いかけ挑戦していると言うことです。

 それは今後検証されるべきでしょう。どういう目的でイラクに入ったのか。「日本政府の崇高な理念」への問いかけだったかどうか。私はそのような目的があったかどうか疑問ですが。私は行動そのものを問うているので、その裏にどのような理念があろうと、行動が誤りであれば評価はされないという立場です。

>日本は民主主義国家であるからこそ彼らのような人々がいて、また、彼らのような人々がいるからこそ政府は強くなれると思わなければいけないと思います。

 ちょっと大きな問題に広がりすぎませんか?彼らのように戦場に個人の判断で入る人がいるから政府は強くなる、とはちょっと思えませんが。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-26 14:37 | 雑記(日記?)

とうごサンへ その2   


 とうごサンのご指摘の「重要な部分が抜けている」というのは、①日本人が直接狙われた事件が無かったから安全と認識できた②人質になった当人たちも危険性は当然考慮していた という2点を指していると考えられますが、私は、大規模な戦闘が行われているという一点で、どんな目的があろうと、個人がイラクに入国することは控えるべきと考えています。

 したがってそのように考えなかった3人は情報が不足していたか、情報を分析できなかったかどちらかでしょう。あるいは、日本人はイラクの人々に好意をもたれている「はず」だから、戦闘の場面を避ければ危険な目にはあわないだろう、と安易に考えていたかもしれません。もちろん、これはこの後明らかになるでしょうから、この場で議論の対象にはならないですね。「いや、彼らはそうは考えなかったと思う」といくらいっても意味は無いですから。

 とうごサンのご指摘の、私が見落としている重要な点の2点目は、本人に確認しなければ考慮していたかどうか分かりませんよね。「当然していた」という「当然」の根拠がみあたりません。彼らの気持ちとして「まさか日本人の私たちが人質になるなんて!」ということであれば、考慮が足りなかったといわざるを得ません。そしてその意味では彼らにとって運が悪かったのかもしれませんが、今回の事件を外形的にとらえると、「運」の問題ではなく、必然だったかも知れないですよね。にっくきアメリカと戦闘が始まった。「アメリカとつるんでいる国の連中はみな殺しだ」ということになっていれば、個人でのイラク入国はカモになってしまう。後につかまった2人は「CIAかFBIだろう」と疑いをかけられたそうですが、実際、アジア人の顔をしていても、彼らにとっては関係ないということを示していますよね。外国人はすべてイラク国内では危機的状況にあったということです。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-26 14:34 | 雑記(日記?)

とうごサンへ その1   

とうごサンへ その1

 以前某所でコメントをいただいていながら、返事を返さなくてはと思ってました。おそくなりましたが。

 私の考えに2点欠落しているところがあるとのご指摘について、考えてみました。

>まず3人がイラクへ入る前からイラクは危険な地域でしたが、それまでは日本人を直接狙ったような事件は起きていませんでした。

 3人がイラクへ入国したのが4/7でしたね。報道では「3人はアンマンのホテルでイラクが非常に危険な状況にあることを告げられた」とあり、また「怖い」というメールを知人に送っていた、ということも報道されてました。

 その前後の報道を確認してみました。

(3/26)イラク中部のファルージャ、戦闘で市民9人死亡

(4/4)イラク・シーア派デモと連合軍が衝突、24人死亡

(4/7)米軍がファルージャのモスク空爆、40人死亡

(4/10)イラク統治評議会、米軍にファルージャの攻撃停止を要求

 日本人を直接狙った事件が無かったからといって、ある程度の安全が保障されていることにはならないでしょう。もし、イラクに入国する前にイラクは日本人にとっては安全だと彼らが考えていたのであれば、それはあまりにも情報不足であり、直前の情報(ホテルの人から聞いたらしいが・・)に触れながらも入国に踏み切った判断は正しかったかどうか、これは問われてしかるべきです。

 帰国した彼らに事情聴取をという動きがありますが、今後同じようなことがおきないためにも、当時の状況確認はしっかりとすべきでしょうね。ネットやブログではあまりにも推論→感情論が横行していますから。

>当然熟慮して行っただろうということです。

 これは当然そうであったかどうかは確認できませんから、確証のない仮説をたててしまえばその先の議論は確認できてからになりますね。

>今回3人が人質になってしまったのは運の悪い事故として理解しています。

 これは残念ながら観点がずれてしまうと考えられます。人質になったことが「運」の問題で片付けられるとは思えません。少々理論の質が落ちてしまいそうです。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-26 14:32 | 雑記(日記?)

ジーコジャパン 2-3で敗北   

 最後のPKは疑惑のPKだ。

 でも、国際経験の無い茶野じゃ、しょうがないか。

 今日の試合は、特に前半だが、セカンドボールを拾えず、また一瞬のターンについて行けないシーンが目立った。

 ハンガリーの選手は体格が一回り大きく、重心が低く、そして判断が一瞬速い。あれた芝でも足や体が浮くようなことがない。

 対して日本はコテンコテンと滑って転ぶケースが多く、ポイントを深いのにかえたら?と思うほどだ。そしてなんといってもあいての素早いよせに余裕を失っているのか、球さばきが雑だった。

 ジーコがサッカーマガジンで言っていたことを思い出す。「日本は近年スピードを上げることばかりに重きを置きすぎだった」と。ジーコは球の扱いを正確にすることを重要だとしている。ボール回しのスピードを上げることは、ボールを正確に扱うことができれば自ずとできるが、その逆はないと。

 日本の目指すスピードアップは判断力のスピードアップだと感じた。一瞬の遅さが今もなお残る。

 ジーコが欧州組を頼る理由がよく分かる気がした。確かに欧州組の中盤の判断の速さは格が違う。それは湯浅健二が著書で「欧州から戻ってJリーグを見たら、その遅さに驚いた」と述べているように、遅い環境では早さは身に付かないのだ。

 もちろん、だからといってコンディションの悪い欧州組を無条件に使うこととは話は別だ。

 後半0-2から追いついた攻撃はすばらしかった。中盤でのプレスでとったボールに反応してFWがタテに突破をはかる。特に久保の得点はオフサイドを警戒していったん下がってなおかつあがる。中盤の飛び出しなんかいらない。点はFWだけでとってくるサッカーを期待したい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-25 22:04 | サッカー

く、くやし~!! U-23日本代表 VS ギリシャ選抜   

 
 くやし~!

 だって、「ホリイケ!ホリイケサン!」が聞けなかったじゃないですかぁ。

 セルジオ氏はテレ朝のブースで、現地解説はピッチ解説から昇格した堀池氏。いや~、残念。

 そんなことより、前回の試合同様、前半のメンバーが非常に良かった。FWは田中達也と平山で決まりでしょう。高松は厳しいかも。高原のおでましか?

 MFはどうでしょう。前半ロスタイムのファウルがPKのきっかけとなってしまったが、これまで一枚もイエローをもらっていない今野は当確でしょうね。

 でも、やっぱちょっと中盤が物足りないような・・。OAで小野呼びますか・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-24 23:33 | サッカー

日本女子代表 アテネ決めた!   

<女子サッカー>日本、北朝鮮に3-0 五輪出場権を獲得(毎日新聞)

おめでとう!日本女子代表!

強豪・アジアNO.1の北朝鮮に3-0!すばらしい!

1点目は敵DFのクリアミスに素早くよせて、冷静にGP正面左にシュート!

2点目は華麗なドリブルで敵DFをかわし、強いセンタリングがオウンゴールを誘う!

3点目はCKを真シンできっちり折り返して、ゴール右隅に流し込む!

女子サッカーを見たのは実は初めてなんですけど、感動しました!

国立に足を運んでくれたサポーターの皆さん!ありがとう!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-24 21:24 | サッカー

ジーコ辞める!   

ジーコ辞める

 私としたことが、やってしまいました。出勤時にこの見出しについスポニチを購入してしまいました。

 よく読めば、小さい時で「06W杯までで」と書いてあるぢゃあ~りませんか!

 いまどきこんな当たり前(ジーコは前から言っていた)の記事を・・・。しかもスポーツ紙の常套手段のワナにかかるなんてお恥ずかしい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-23 12:36 | サッカー

ギリシャのピッチはみんなガタガタ?   

「五輪本番へ大きな前進」山本昌邦監督

 お疲れさま。なるほど、相手はロシアに近いサッカーですか。確かに、予選は引き
まくってカウンター一発のチームばかりだったし、おまけに汚いプレー&不可解な判
定など、「中東らしさ」に苦しんでいたから、昨日の試合はようやく世界レベルを見
据えたチーム作りに生きてくると思う。

 後半のギリシャは中盤がコンパクトで、球際が強いというか速い。あっというまに
抜き去られるシーンや、日本が「ぬるいパス」をしているときにサーッと寄せてきて
奪われるシーンが目立った。判断のスピードという点ではホントに大きな収穫だった
だろう。

 姿を消していたように画面に現れなかった大久保はこんなコメントをしている。

「ギリシャの芝は全く違う」大久保嘉人

 確かにテレビで見ててもガタガタに見えた。芝刈り機が壊れてたのかと思うくら
い、小刻みにガタガタだった。練習のときはもっと芝が深かったというから驚く。

 そういえば、埼玉スタジアムのこけら落としのゲームだったか、イタリア代表対日
本代表の試合で、芝がぺらぺらめくれてふんばれないことがあった。イタリアの選手
は「日本はビーチでサッカーをやるのか」みたいなコメントをしていた。まあ、あれ
はアウェーの洗礼ではないだろうが(笑)

 アテネの芝を体感して次はもっと良くなるか。次の試合もますます楽しみになって
きた。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-22 13:07 | サッカー