<   2004年 06月 ( 59 )   > この月の画像一覧   

年金の議論を台無しにするな   

山口さんのところで興味深い記事がありました。

 『週刊現代』の「年金がパーになる」という見出しの記事についてです。詳しくはうちでは書きませんが、タイトルでは、まるで「将来破綻するから払い損になるぞ」という内容に見えますが、実際は負担が増えて給付が減る、という当たり前のことが書いてあったそうです。

 三流週刊誌とタブロイド紙の報道はほんとにひどい。嘘は平気で書くわ、覆面座談会やら匿名の「関係者」やらが登場するわで、なぜこんな情報にカネを出すのか理解ができないメディアだ。

 狙いは、山口さんもおっしゃっているように、年金の危機を煽ることで与党にダメージを与えようとしているのでしょうが、こんなネガティブキャンペーンにのっかる有権者がいるなら、この国はどうしようもなくレベルが低いとしか言いようがない。

 電車の中でこれ系の雑誌や新聞を熱心に読んでいる人を見かけますが、給料がどんどん下がる中、こんなものにお金を使っているのかと思うと哀れになってきます。

 何かあれば「言論の自由」と大ミエをきるこの手の媒体は、買うから存続するのだ。ブログの力でどこかの三流週刊誌を廃刊に追い込めないですかねぇ。

 彼らに言論の自由を再度教えて差し上げようとする気すらおこらない・・。

 日本は高学歴社会だといわれて久しい。大学への進学率はかなりの高さだと聞いてます。しかしながら、学術に触れたことのある人なら、情報の精度に対する厳格なまでの姿勢を知っているはずですよね?一定の自分の見解を述べようとすると、根拠を示すことはもちろん、反論するにも同意するにもその対象となる情報の根拠にさかのぼり、自分の根拠を示して自分の論理を示すもの。

 しかしながら、その厳格性よりも興味本位な感情の吐露が勝ってしまうのは、大学教育が失敗しているということでしょうか。それとも日本人の特性なのでしょうか・・。

 2ちゃんはもとより、各種HPやブログ、そして三流メディア・・。冷静に考えれば論理として成り立っていない言論が氾濫しています。

 年金問題を例にとれば「年金改悪に反対します。保険料を引き上げ給付を減らすのは言語道断」(→昨日の帰り道で、駅頭で共産党がこう叫んでいた)、はぁ、そうですか。じゃあ、共産党にお願いすれば、保険料は今よりも下がって、給付は今よりも増えるんですか?現行制度でいくと破綻するのは目に見えていて、それを何とかマイナーチェンジして存続させようとしたんでしょ?

 共産党のいうバラ色の年金制度は、改正年金法を廃案にして、次はどのような制度にするつもりなんですか?それを言わなければ、あなた方共産党が言う「廃案」にする必要性それ自体が検証不能じゃないですか。あなた方の案は、私のブログでばっさり斬っておきました。

 財源はまた「官僚の無駄遣いを削減する」ですか。言葉がありません。これは日本国の社会保障制度全般の問題ですよ。もちろん税制もです。あなた方の考えは対案にすらなりえてませんが。

 また、民主の衆院議員やまのい氏は、年金法を廃案にするために7月11日に(民主党)へ投票しよう、とブログで言ってます。そうすれば「7月11日に国民の手で年金改革法を廃案にすることができます」と言ってます。やまのいさん、今回の選挙は改正年金法の信任投票ではありませんよ。

 いまや多くの有権者は「一元化」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。今の制度はダメで一元化しなくてはならない、というのが民主党ですが、私は国民年金の納付率が低いままで一元化されることに反対です。

 私たちサラリーマンは、就職してから給与天引きで払い続けているんですよ。国民年金の納付率が悪くてお金が足んないから、厚生年金や共済年金からお金を回そうとして1階部分を一元化しましたよね?(→基礎年金)これで解決したことはといえば、基礎年金の給付を、これまで他の年金財源だったカネをまわして、なんとか払ってきた、ということだけじゃないですか。

 今後2階建てより上の部分を完全一元化することで、またその場しのぎをやるんですか?その前に基礎年金の納付率を上げて、厚生年金や共済年金に迷惑をかけない水準まで引き上げた上で一元化しても遅くないんじゃないんですかね?

 やまのい氏は7/11の投票で年金法を廃案にする勢力を結集するみたいなこと言ってますが、廃案にした後どうするの?空白期間作れないでしょ?対案は持っているの?

 私はまだ検討途中ですが、賦課方式・給付建てを見直す、抜本的な改革が必要だと考えています。民主党は賦課方式・給付建てをやめる用意がありますか?一元化という漢字三文字だけでは安心して民主党に任すことはできませんよ。

 それにやまのい氏は出生率データの問題を取り上げていますが、冷静に考えてみてください。

 これまで厚生労働省が発表してきた出生率データのうち、今後の予測に関する部分は当たったことがないんですよ。出生率の数値は常に下方修正をするのですが、今後の予測は常に緩やかな回復の曲線を描いているんです。これまでアンタたちが発表してきた数値を定規でひきなさい。回復する根拠あります?甘い見通しなんて今に始まったことじゃない。

 今後もおそらく低下するでしょう。低下させないための少子化対策を講じる必要があり、年金問題とはワンセットなんです。賃金上昇率もセットにしなくてはならないし、金利も重要なファクターです。そう考えると、社会保障・少子化対策・経済政策・税制という広範囲な問題になるんですね。

 私はことの原因は、現役世代が高齢者を支えるという賦課方式そのものに問題があると考えています。自助努力を促す積立方式・拠出建てでいいんじゃないですか?少なくとも、出生率の低下というただ一点のみで大騒ぎするような簡単な問題ではないと思いますが、いかがですかね? 

 賦課方式のままいくなら、せめて私が年金をもらうときは、現役世代がわんさかいてください。そうすれば足りるでしょ?でもそのわんさかいる世代が高齢化したとき、それをささえる現役世代がもっとわんさか必要になるんですよ。方式自体が純粋なピラミッド型の人口構造を前提としているので、もはや賦課方式はムリなんですね。一元化するかしないかの問題じゃないんですよ。

 やまのい氏は「今国会は年金制度の信頼を失わせるだけだった」と言ってますが、現行制度のままでいくと向こう2年間で2兆円の赤字を作ることを避けた、というデータがあるそうで、それだけでも大きな前進だったと私は考えています。

 こうやってみると、政党ですら論理が成り立っていない情報を発信しているようで、残念でなりません。山口さんのおっしゃるとおり、年金問題を台無しにするようなことだけは慎んでいただきたいですね。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-30 12:34 | 年金問題考

参院選 私の選び方(3) 完成版   

 ようやくデータの集計が終わり、解説・コメントページも作りました。

 「私の選び方」と題してデータの分析をしているので、同じデータを見て私と異なる結論を導き出す方も大勢いらっしゃるでしょう。是非、お考えをお聞きしたいと思ってます。コメントよろしくデス。

 さて、構成は解説ページ3枚にデータのページへのリンク、という形です。各党のデータから各党のデータへはいけないので、別ウィンドウで開いたページを消さずにおいておくとよいでしょう。

 データ集計にずいぶん時間をかけたので、ここのところのニュースや皆さんのブログの閲覧ができてないので、他のブログでは選挙についてどのように書いているか、これから見に行くつもりです。

 現時点で私の姿勢はデータに基づく選択方法ですので、争点は加味していません。今後、争点を加味した「私の選び方」も書ければいいかなと思います。

 とりあえず、データが語る各候補・各政党の姿を見てやってください。

 参院選 私の選び方

 たくさんのご意見をお待ちしております。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-29 17:04 | ニュースコラム

官僚出身議員はこういうカラクリを鋭くえぐれ!   

38億円分、社保庁が特定2社と不透明な随意契約

年金保険料:社保大学校の職員用ゴルフ練習場に支出廃止へ


 社会保険庁は末期症状だ。「出先機関で使うプリンターや金銭登録機など計約38億円を特定の2社から随意契約で調達していた」しかも「2社の経営者は夫婦で、妻は元同庁職員。費用は年金保険料から支出された。」という。

 なにをやってんだか。こういうカラクリを知り尽くして事務方のトップにまでなったような人物が、国会議員にたくさんいるだろうに。なぜそいつらが行政に“つっ込み”をいれられないのだろう。その時点で存在価値が半減すると、個人的には思うのだが。

 よく共産党が予算委員会などである行政文書の存在を確かめ、答弁を引き出して、そのあとに極秘文書を高々と掲げて「ここにあるじゃないか!」と鬼の首をとるようなシーンがあるが、これは、各省庁の共産党系労組の職員が共産党にFAXを送るなどして実現できる技で、いわば党員をスパイとして使っているもの。いっときTV討論会で「なぜそのような文書が共産党から出てくるのか」と質問されて「わが党を信頼して情報を提供してくれている」などと嘯いていたが、まあ、そんな姑息な手を使わずとも、官僚出身議員であれば、裏の裏までカラクリはわかっているはず。なぜやらないのか・・。

 そのあたりはやはり、法案の成立のために各種情報を提供してもらう代りに、内部事情をつっこめないのか。

 立法府が行政府の暴走を止められないでどうする! 
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-29 17:03 | ニュースコラム

森本クン オールスター選出!   

16歳・森本、史上最年少でオールスター出場

 すげ~~!

 森本クン、オールスターにまで選出ですか。これまでの最年少記録は18歳3カ月2日で出場したMF市川(清水)だそうだが、大幅に更新ですな。

 日本のマスコミって話題先行で選手をつぶしかねないからヒヤヒヤする。

 そういえば市川って元気してるのでしょうか(清水サポーターにどつかれそうですが・・)。

 かつて前園がスター扱いされたときはラ王のCMで主役張ってましたよね?でもちょい役の中田(ラ王を両手でいくつも重ねてフラフラ歩かされてた・・)が世界で活躍する選手になろうとは、分からなかったでしょうねぇ。

 多分スタイリッシュで売り込む今の中田にしたら、完全封印したい過去の映像でしょうが、脳裏に焼き付いてますよ~!

 話がだいぶそれちゃったけど、森本クンのプレー見たいなぁ。新潟はチケット完売とか。テレビでじっくり見ますかね。

 目指せ!ロナウド!(髪型だけじゃダメよ)
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-29 17:01 | サッカー

キリ番9500が近づいてきましたよ! 6/28昼 か。   

キリ番9500がもうすぐです。

日曜はあまり人がこないので、おそらく6/28の昼ごろかと思います。

踏まれた方は是非是非コメント下さいね!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-27 16:26 | キリ番

参院選 私の選び方(2)   

 他党のデータをUPしました。

 自民・民主以外は、議員データが少ないので、選挙区候補も参考データとしてあげてあります。時間があれば自民・民主の選挙区データもあげたいと思います。

自民党 2.33pt

公明党 5.42pt (4.5pt)

民主党 2.26pt

共産党 2.8pt (2.5pt)

社民党 2.75pt   (1.71pt)

 これから解説・コメントを作ります。しばしお待ち下さい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-27 16:22 | ニュースコラム

それぞれの海外挑戦   

鹿島側も柳沢のイタリア再挑戦を後押し

藤田欧州挑戦は年内凍結、磐田Vを優先

 海外移籍の話題が出る今日この頃ですが、柳沢はオファーを受け、藤田は磐田残留とのこと。

 力的には藤田はユトレヒトで成功を収めたと言っていい内容だったのに対し、柳沢は残念な結果だった。

 その意味では、藤田には余裕があり、柳沢は挽回したい気持ちが強いのだろう。

 ヤナギの移籍先はAに上がったばかりとか。FWで使ってもらえる確約があるのかな?タイプ的にMFだと言われた経緯があるので、本場イタリアのFWの姿に、自分を合わせてほしい。他を生かすプレーなどいらないし、できないと思う。まずはイタリアで彼のイメージにFWの姿を焼き付けてもらいたい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-25 21:27 | サッカー

いよいよ公示 参院選私の選び方(予告編)   

参院選の競争率2・64倍、83年以降で最低

 いよいよ始まりました。参院選です。

 世の中のブログには、「投票に行こう!」と呼びかけるもの、「政府はダメだから政権交代を!」と思いっきり肩入れしているもの、投票の際の選び方を書いているもの、様々だが、私は、どの党派に肩入れする、という前提条件を廃した基準を書こうと思う。

 前にも書いたが、今回の選挙は年金法だけが争点ではない。先の国会でも最終的に120もの法律が成立した。今回改選の議員は1期6年務めた人たちだ。6年間の法律それぞれに対して彼ら一人一人がどのように行動したかなど把握できるはずがない。

 かといって、今後聞こえてくる街頭演説やテレビ番組の情報は、基本的にアピール合戦。

 では、どうしたら良いか・・。

 私は、議員として高い公費で働かせるだけの価値のある人物かどうかを判定するため、ある基準をもうけて候補者のデータを分析しようと思う。

 ちょっと大変な作業になるので、公開は近日中ということで、乞うご期待!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-24 19:51 | ニュースコラム

警察取り締まり情報 神奈川・藤沢   

 平日の18:00前後にこの↓道を走る方は要注意です。

 藤沢駅へ向かうこの辺

 藤沢駅に向かう方向で取り締まってます。おそらくシートベルトでは。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-23 19:56 | 雑記(日記?)

表彰台の余韻が・・   

アメリカGP日曜日FIA記者会見 Part 1


アメリカGP日曜日FIA記者会見 Part 2
 
 いや~、今読んでも興奮がよみがえりますね~。

 この記事で疑問点がはっきりしました。それは、なぜシューマッハが琢磨の前に出られたか。

 映像を見ていたら、本線が止まったので、ピットロードを通ってクラッシュ現場を避けたように見えたんです。

 それが実は、本線では破片なんかを避けるために、ほとんど止まるような形で前に進めなかったので、ピットインした車だけ前に出てきたんだと。

 いや~、すっきりしました。f1.racing-live.comっていいですね!写真も豊富だし。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-23 13:38 | F1