<   2004年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

岩隈が望んでもいない巨人へ?   

岩隈巨人へ オリックストレードやむなし 尚成と交換要求か

会談の席上、岩隈は楽天への金銭トレードを希望した。しかし小泉社長は「楽天では道義的におかしい」としたうえで、「それ以外の球団でも構わないのか」と注目の発言をしている。分配ドラフトで選手が振り分けられた上で、さらに楽天との間で選手のやり取りを行うことに疑問を投げかけ、最多勝右腕をけん制。楽天以外の球団への移籍をほのめかした。


岩隈が新生オリックス(?)のプロテクトを拒否したのは、愛着のある近鉄が消滅する際に選手の意向を無視されて、球団側の都合ですべてが進み、同じくプロテクト拒否をした選手が楽天へ行くなど、不信感がつのったというのが背景だろう。

今回、またもや球団の都合で巨人とのトレードが画策されている。

報道によれば、金銭トレードで楽天からお金をもらっても、これから新たな戦力を調達することが難しく、さらにはオリックスと巨人との間にパイプがあるから、ということである。

球界OBには岩隈を「わがまま」とし、わがままを許すなという声があるらしいが、近鉄の消滅から新球団楽天の誕生まで、この一連の動きは、旧態依然とした日本プロ野球界の構造が原因であり、結局はファンも選手も関係なく、球団の所有者の間で物事が決まっていくというものに見える。

岩隈がオリックスではモチベーションが上がらないというのは理解できる。新天地で心機一転という気持ちが痛いほど伝わってくるが、5位6位球団の合併での弱小戦力に頭を悩ませている球団首脳のわがままは、今後どのように推移するのか。岩隈はオリックス以外ならどこでもいいとは言っておらず、楽天でと言っている。道義的なんたらをかざして、結局のところオリックスが一番おいしい決着をするようなら、新規のファン開拓は難しいだろう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-30 17:10 | スポーツ

アンタッチャブル   

 M―1グランプリ2004の決勝進出者が発表されたそうだ。元記事

 何気なく見てみると、なんと、アンタッチャブルが入っているではないですか!

 なにを隠そう、我が家で今イチオシのお笑い芸人はアンタッチャブルなんです。

 なんといってもQさまという深夜番組で、「ニセモノのヤンキーは誰だ!」のプレゼンをする二人はめちゃめちゃおもろい。特に山崎(顔のでかい方)の超失礼な、確信犯的にヤンキーを怒らせている振る舞いが抱腹絶倒。「なにやってんねん!」と山崎につっこみを入れながらも、「もっとやれ」と思ってしまう。そしてヤンキーに失礼な言動を繰返しながら、全く悪びれることなく独特の間合いで進行する面白さは、一見の価値アリ。

 是非M-1グランプリを取って欲しいなぁ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-30 13:54 | 雑記(日記?)

資格試験   

 資格試験にチャレンジしようと思っている。

 これまでニュースコラムを柱にブログを書いてきた。世間に流れるさまざまなニュースに対して、基本的に官僚制の社会学を基礎として裏読みする形で問題点を抽出してきたつもりだ。ニュースにはこう書いてあるが、その根っこに横たわる問題点はこれだ、というかたちで。

 ニュースコラムへのコメントとTBが少ないのがうちの特徴で、他のニュースコラム系サイトでは結構盛んに議論がされているところもあるのだが、文面が面白くないのか、たまたま関心が少ないところを私が取り上げているのか・・。

 ブログやHPで自分の意見を出したり、他人の意見を読んだりする中で、ネットサーファーの興味関心はどうしても一過性という側面を免れないように思うし、蓄積がなかなかされていかないところに難点があるなぁと感じている。

 物事をきっちりと考えてある一定の結論を出して、そして成果物として残していきたい、という感覚が強くなってきた。修士論文を書いていたときはやっぱりすごく楽しかったし、自分の主張を学術の論拠をたてて表明する、というのが性にあっている。かといって博士論文を提出するための資格をとっていないので、今後学術界で何らかの形を残すことはできないので、なんとかしたいなとずっと思っていた。

 ということで、ある資格試験にチャレンジしようと思っている。これは就職して3年目のころに一回チャレンジしたが、跳ね返された試験だ。もう一度頑張ってみようかなぁ、と思っている。

 ブログは・・・、どうしよう?継続は力なりということで、サッカーやビリヤードは続けていこうかな。更新頻度は下がると思うけど。

 ということで、ちょっと更新頻度は下がっちゃうと思いますが、今後ともよろしくお願いします。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-29 11:27 | 雑記(日記?)

車検費用は高い・・・   

 うちの車が車検です。

 2年に一回とはいえ、やっぱ高いなぁ・・・とため息。

 重量税が50400円。これは1.5tを超え2.0t以下の税金。車検証を見て知ったのですが、ウチの車、1.54t!!!あと40kgで税金がなんと12600円も安くなる!んげぇ!40㎏・・。

 これに自賠責が27630円で検査手数料が1100円。

 そして頭にくるのが8400円の車検証更新手数料!ぺらぺらの紙の車検証の更新になんで8400円!!!???ふざけんな陸運!

 まあ、ここまででざっと87530円なわけですが、これに加え、ディーラーの基本料21000円、スチーム洗浄などで6300×3。

 そして消耗品などの取り替えが発生したらその分。

 今はガソリンスタンドでも格安車検なんてやっているけど、問い合わせたら「そのまま車検場持ち込んで検査通すだけ」ということで、新車で買った次の車検ならまだしも、2回目の車検でしかも潮風にふかれている私の車はとてもとても格安車検などには出せません。

 2年後に向けて毎月積み立てますか・・・。

 次買う車は絶対1.5t以下にしようと誓いました・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-25 18:46 | 雑記(日記?)

富山で必ず立ち寄る店(2) パウンドハウス   

 富山に帰ると必ず寄るのが「パウンドハウス」。ケーキ屋さんです。場所はココ

 
a0009333_19584561.gif


 今年4月に新規オープンした本店(写真)と西町店、奥田店の3店舗。本店は周りの町並みから浮いて見えるほどおしゃれなお店です。 

 
a0009333_195986.jpg


 パティシェは実は私の後輩なんですが、あの伝説のパティシェ千葉好男さん(日本人初のフランス料理アカデミー会員)と親交のある、将来有望な若きパティシェなんです。

 その彼の作品はこちら。

 コーヒーとキャラメルのケーキ
a0009333_2094279.jpg

 杏のケーキ
a0009333_2010332.jpg


 ムース系を得意としていると見えて、ちょっと他では味わえないケーキだ。特に気に入ってるのが、昔から変わらない味の、抹茶のケーキと、今回食べたコーヒーとキャラメルのケーキ。どちらも見た目ほどくどくなく、特にコーヒーとキャラメルのケーキは、苦みと甘さが絶妙。

 このお店の特徴はホールでショーケースにだしてあって、それを切ってだしてもらうスタイル。ショーケースはほどよい高さで華やかなケーキが目に飛び込んできます。

a0009333_20102036.jpg


 午後のひとときをパウンドハウスで過ごせば、富山にいることを忘れてしまうでしょう・・・。

追記

 富山商工会議所のベスト・ショップコンテストで見事「グランプリ大賞」を受賞されました!パチパチ・・。
 グランプリと大賞ってかぶってない?

 商工会議所HP
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-23 20:23 | 雑記(日記?)

富山で必ず立ち寄る店(1) お好み焼き   

 富山の実家へ行ってきました。
 
 富山へ行ったら必ず立ち寄る店があります。それはお好み焼きの店で、「ぼてやん 多奈加」です。場所はココ。ホテルの地下にあります。

 
a0009333_19241492.jpg


 薄暗い地下という立地であるにも関わらず、とにかく客足が絶えないんです。

 人々を魅了するお好み焼きとはこれ↓

a0009333_1926767.jpg


 2人で行く人はたいがい、「ぶた玉(大)」と「エビそば(大)」を半分にしてもらいます。

a0009333_19254671.jpg


 みよ!この厚み!鉄板でじっくり火を通して、この厚みでふっくら柔らかに仕上げたお好み焼きに、ソース&ケチャップだと思われる秘伝のソースに、クリーム&マヨネーズ&西洋辛子と思われる白いクリームをのせて、この一品のできあがり。

 一方の焼きそばは、2種類の油で炒めた具材に、やはり2種類のソースで、太めの麺にしっかりとした味付けの絶品。

 通はハーフ&ハーフにして注文します。

 私の中学・高校のころは、初代のおやっさんがずっと一人で焼いてました。学割があるとは特に書いてないのに、常連さんになると「学割」が適用され、お代ぴったりで手渡してもおつりが帰ってくるお店でした。

 今では二代目が焼いていて、ポイントカードに変わってしまい、ちょっと残念ではありますが・・。

 無類のお好み焼き好きの私が、大手チェーンの「ぼてじゅう」や、本場大阪で食べたお好み焼きなど、これまで数多く食べ歩きましたが、ここに勝てるお店はありません。

 是非、富山にいったら食べて下さい!絶品です!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-23 19:36 | 雑記(日記?)

レッズ優勝!!   

a0009333_16581167.jpg

ガンバが負けて優勝となりました!今日の試合には負けちゃったけど、たった2敗の堂々のステージ制覇!おめでとう!ありがとう!
拝啓三都主殿
あなたの守備はディフェンスになってません。もう少し相手を苦しめてくらはい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-20 16:58 | サッカー

チャイナ・ネット・コム上場!   

 チャイナ・ネット・コム(中国網通0906)が上場した。中国ではNo.2のシェアをもつ固定電話の会社である。今後オンラインコンテンツの成長が期待される中国にあって、電話会社分割後の最後の上場だ。

 各種記事にあるオンラインコンテンツの需要増大の予測から、以前から注目してきた株だ。

 しかしながら株価がどう動くのか全く読めない。例えば中国聯通(0762)の上場時の株価が 22.00だったが、その後急落の一途をたどり、最安値 3.80をつけ、今は 5.850だ。上場時に買った人は大損こいたワケだが、IT・通信系の株で右肩上がりの上昇を描いている株はあまりないのが現状。

 メインでエスプリ(0330)を買っているので、できれば0.1台か1台の超安株を買っておいて、何十倍に化ける、というチャイナドリームを期待して、超安株を買おうか、それとも・・・。
悩ましいですな。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-18 12:33 |

シンガポール戦 凡戦以下   

 率直な感想、なんじゃこりゃ。

 リーグ戦で疲れているのは分かる。でも、格下相手になんじゃこりゃ。

小笠原・・・カリカリしすぎ。彼はいらつくクセをなおしましょう。
本山・・・やっぱFWではない。
藤田・・・いつもの縦横無尽が見られなかった。

 4バックにすることで、中盤のプレスがあまり効かなくなったのかな?本山はやはりMFで走り回るプレーがいいと思う。

 疲れていてモチベーションが下がっていたのなら、ジーコの提案である、往年のプレイヤーを呼んだ消化試合にしたほうがよかった。今日出た選手は代表戦でなにか得たものがあったのか?アピールしてやろうという気持ちを感じなかったが。休ませてやった方が良かったのでは?

 中盤の選手の質という意味では、やはり海外組に頼らざるを得ない現状に見えた。

 往年のプレイヤーを出した方が、モチベーションが高く、生き生きとしたプレーが見られたのでは?サポーターに不完全燃焼をおこさせてしまったような気がする。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-17 21:26 | サッカー

Number615でひどい記事発見  畠山直毅   

 Number615に畠山直毅というライターが、大久保に取材した記事が載っていた。

 中村、宮本、鈴木タカ、福西、三浦アツと続いて、大久保の記事だった。

 大久保までの記事は、さすがNumber、というか、肉厚な記事が並び、特に鈴木と三浦の記事がなかなか良く、「あー、この二人を応援したいな」と思わされる、いい記事だった。

 ところが、である。大久保の記事になって一気に雰囲気がおかしくなった。ライターは畠山直毅。

 まず、記事の冒頭が「俺」の回顧録になっている。読み始めてすぐに「俺」という書き方にかなりの違和感を覚えた。読んでるほうとしては、大久保が知りたいのであって、お前(→畠山)がどう思ったかは関係ない。さらにいうなら、畠山が自分で言っているがサッカーに素人だそうだ。素人が書くな、と思ったし、なんで素人がNumberに記事を載せているのだ!と率直に思った。

 冒頭、その素人である畠山が、「生まれてはじめて俺は、能動的にサッカー選手の名前を覚えた」ほどのインパクトがあったのが大久保だと書いてある。なるほど、ズブの素人でも、大久保のプレーに見入ったというのは、それほど大久保のプレーはすごいんだな、という印象をもって、この文章自体はスルーできた。

 しかしである。このあと、「俺」が何度も出てきて、「(質問を考えてなかったので焦る)」とか、「学生時代、俺のアパートに・・」といった具合で、オイオイ、大久保と畠山と一体どっちがメインなんだい?この記事は・・、と思ったね。特に畠山の学生時代のエピソードは、仲間と4人で夜中に悪さをした、というエピソードだが、悪いけど全くいらないよ。この個所は。

 まさか、寡黙なストライカーの口を開かせて、いかに「売れる言葉」を引き出せたか、をメインにしてるんじゃないだろうね。この雑誌を買ったほとんどの人は、代表へのインタビューが楽しみで買っただろう。それが、いかにして畠山は大久保の言葉を引き出したか、という記事になっては本末転倒だろうが!

 挙句の果てに「このすべての人格をまとめて描ききるほどの取材力を、残念ながら俺は持ち合わせていなかった」だって。だったらこんな原稿ボツだろ。Numberさん、ちゃんとチェックしようね。

 畠山直毅。他のライターの記事の構成を見習うべし。一人として、ライターが前面に出てくるような文章はないぞ。あくまで代表選手の素顔が表に出てきているぞ。あんた前に出すぎ。勉強しなおしだな。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-17 12:49 | サッカー