<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

この時期の靖国参拝は非常識だ。   

 この時期の靖国参拝は非常識だ。

 靖国神社へこれだけたくさんの議員がこの時期に参拝するとは、非常識だと思う。

 <靖国参拝>衆参80人 副大臣2人、政務官2人も(毎日新聞)

 日中関係がこじれるのではないか。

 この人たちには外交的な配慮というのはまったくないらしい。ほんとに国会議員?

 「それぞれの国に宗教、歴史、文化があり、参拝はごく自然な姿。独自の歴史観を押し付けるものではない」と述べ、近隣諸国の感情を傷付ける意思はないことを強調した。
とあるが、実際、周辺諸国が危惧しているのは、日本が帝国主義時代の姿に戻ることである。

 帝国主義時代に日本がやらかしたことは清算が終わっていないという各国の基本認識があることは事実で、まずはそれを前提にするべきだ。

 靖国参拝は、かつて日本が帝国主義であったときに、政治に利用されたという側面はあったとはいえ、“靖国”教が国教化し、国家元首たる天皇は靖国教のなかで神となり、敵を滅ぼす祈祷やらなんやらやってきたのは事実だから、そんな「おそろしい宗教に政府関係者が出入りするのは危惧される」としているのである。事実、靖国教のもとで国家は軍国化し、学校教育や治安維持法で思想統制し、国民全体をマインドコントロールしてきたのだから、その犠牲になった周辺各国は心配するのはあたりまえだろう。

 ところが、自民党を中心とした靖国族議員たちは、靖国教崇拝は日本の文化だとして、それをとやかくいうのは内政干渉だとしている。

 戦争を美化し、人を殺すような祈祷をした宗教など、宗教ではない。それを崇拝するのは日本の文化ではない。かつて馬鹿な国会議員は、靖国信仰は宗教ではなく、日本古来からの文化だみたいなことを言ったが、だったら、日本は古来から他国を侵略して人をあやめる文化を根底にもっているってことになる。そんなふうに周辺国に認識されては困る。

 靖国は、戦争時代に行ってきたことを反省し、今後行わないと明示し、戦犯を祀り上げることをやめ、政治家は、一宗教施設に一個人で行くことを徹底し、戦中のような宗教利用や教育利用を一切しないことを明示し、周辺諸国に詫びて、不戦の誓いをすることが周辺諸国の理解を得るもっとも確実な手段だろう。

 いつまでも村山談話とかいうよくわからんものを頼みにしてないで、はっきりさせるべきだ。

 そういえば今日、小泉が演説したらしい。「反省とお詫び」だって。事態は好転するのかなぁ?

 靖国に通ってる議員って、戦中の生まればかりかな?この人たちがいなくなれば、もう少し問題を整理できるんだが。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-04-22 19:53 | ニュースコラム

キューのお手入れの話   

マイ・キューの御手入れは、皆さんどうしていますでしょうか?

使っているうちに、ちょうど、ストロークの幅くらいの領域に手垢がついて、シャフトが黒ずんできますよね。

これではすべりも悪くなるし、見た目もBAD!

ビリヤードグッズショップには2000番とか3000番といったサンドペーパーがありますが、すべりは解消しても色はなんともなりません。

そこで、私は魔法のスポンジをたまに使います。

最近では100円ショップにもおいてあるあの魔法のスポンジ。水を含ませて磨くだけ、洗剤いらずのあのスポンジです。

汚れが見事に落ちます。スポンジがみるみる汚れを吸って、グレーになりながら減っていきます。

これをやれば新品同様!すべりもよし、見た目もよし!

ただ、魔法のスポンジには「木の製品には使用しないこと」って注意書きがあるんですよ。やっぱ削っているのかな?

でもサンドペーパーなら3000番くらいでしょ?魔法のスポンジは1/10000という細かさって書いてあるから(基準の数字が同じかどうかは不明・・)、細かければペーパーより影響少ないんじゃないかって思うんですよね。

とはいえ、がりがり削っている、ということだったらヤバイので、かなり限界きたときのみスポンジで掃除することにしてます。

だまされたと思って1回やってみてくださいな。驚くほどきれいになります。でも、なんとなく、やりすぎに注意!

このお掃除の方法、やっぱやばいんでしょうかね?誰か教えてください!
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-04-14 17:54 | ビリヤード

議員の海外視察より、優秀な学生を短期ステイさせたほうが   

 県教育委員会が企画した、県内高校生の英語スピーチコンテストで上位入賞した生徒を、海外ステイさせる事業が、自民党県議の指摘で中止になったそうだ。

 県教委が企画していた、県内高校生を対象とした英語スピーチコンテストの上位入賞者に対する米国短期派遣が、県議会からの指摘を受けて中止されていたことが7日、わかった。 (読売新聞)

 読売新聞に理由として自民党県議の発言が載っている。

 「ところが、2月定例議会の文教常任委員会で、複数の自民党県議が、「高額な賞品で生徒を釣るという手法は教育政策として問題がある」「数人のために多額の県費を投じるやり方は、県税の使用目的としてふさわしくない」などと批判した。 」

 神奈川県HPでは、常任委員会の議事録は見つけられなかったので、誰がこの発言をしたのか分からないが、複数の自民党県議ということなので、文教常任委員会の自民党県議の名をあげておこう。

●磯貝 捷彦(自民党 小田原市)
●梅沢 裕之(自民党 神奈川区)
●杉山 信雄(自民党 川崎区)
●矢部 房男(自民党 逗子市・三浦郡)
●新堀 典彦(自民党 南区)

 県議に言わせれば、「スピーチコンテストにチャレンジした生徒は海外ショートステイという賞品につられて参加した」ということになり、その「ココロネ」がよくない、もしくは、そのような意識をもたせてしまうことが非難の対象ということだが、これは「ゲスのかんぐり」だ。

 国際人を輩出するという政策を誤りという輩はいないだろうし、コンテストで優秀な成績をおさめた生徒には、ぜひ、海外でナマの英語に触れてもらい、意識を高くもってもらおうというのはいい試みだと思う。

「数人のために県費を使うな」というのであれば、なんの役に立っているかわからない県議の海外視察のために県費を支出するのこそ、やめるべきだろう。

 ある県議に直接聞いたことがある。財政難だといっているのに海外視察をはじめるのはいかがか?との質問に対し、「議員も見識を広めなくてはいけない。広めるためにどんどん海外へいったほうがいいが、私費ではなかなかいけない。」との回答。

 議員さんに言っておきます。見識が広く深いひとこそ議員の資格があるわけで、狭くて浅い人は議員になんかならなくてよい。私費でいけないから議員になって公費で行こうなんて本末転倒。見識が広くて深い人に交代させたいところだ。

 年を重ねた「おっさん」「おばはん」に、なんの役に立ってんだかわかんない視察のカネを用立てするより、若くて今後の可能性があり、しかもコンテストで優秀な成績をおさめた学生をショートステイさせてあげるほうが、県費の使い道として納税者の理解が得られると思うが、いかがか。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-04-13 19:55 | ニュースコラム

及び腰の議員に渇!   

国会改革は職員先行 痛みに及び腰の議員

 2002年度から続いた議員歳費の1割削減も打ち切られる見通しとなり、痛みを伴う自らの改革に及び腰な国会議員の姿勢が問われそうだ。(共同通信 4/3)

 議員は「及び腰」などではない。当サイトが取り上げてきた数々の事象を見れば、「襟を正す意識がない」と断言せざるを得ない。「隗より始めよ」という言葉を知らないと見える。

 当サイトでは、神奈川県議会において繰り広げられた、神奈川県議の優遇の数々を取り上げてきた。先の記事は国会改革の話だが、「議員なんてみな同じ」という感覚に襲われる。

神奈川県議会で議員のボーナスアップ
ボーナスが267万も出た!

 この2本のエントリでは、ボーナス20%カットを自主的にやめた結果、ボーナスが67万円UPし267万円支給されながらも、議会では年賀状の宛名書きの内職をしている実態を書いた。

神奈川県議会 法定外の交通費支給

 このエントリでは、議会および委員会に出席すると、交通費が一日あたり12000~14500円も支給されるが、議会および委員会以外の会合の出席にも支給されていたという話を書いた。

 一日12000~14500円の交通費という額そのものが“法外な”値段ではないのか?という当然の思いもさることながら、それが、法定外の目的にも支給されていたらしい。

海外視察解禁

 このエントリでは、前の知事の時代に、財政難を理由に凍結した海外視察を、知事が変わって議会との関係が悪化したスキをついて、解禁してしまった。

 簡単にいえば、給料はもとから満額もらってて、ボーナスカットをやめて満額にし、海外視察を解禁して旅行に行き、議会活動にはおつくりがくるほどの交通費をもらっているのである。

 とまあ地方議員の実情を書き連ねてきたのだが、国会議員も似たり寄ったりか。 

 国会改革が進まないのは、議員年金の廃止が事実上頓挫し(たように見え)ながらも、役所に対しては冒頭の記事にあるように、給与の抑制を命令しているなんてことがまかりとおるからである。

「隗より始めよ」である。

「所得税の増税」「消費税の増税」「社会保障費の負担増」などと言われると、家計の苦しさがわかっているのか!と叫びたくなるが、答えは簡単、彼らは分かっていないのである。家計が苦しいという感覚などないのである。

 国民に痛みを求めるのであれば、国会議員が身を削り、同等の痛みに耐えることをまず決定すべきではないのか。

 国家財政は危機にあるという。国民一人あたりの借金は420万にものぼるらしい。

 給料の10%カットを“自主的に返上”する時期にないことぐらい、自分たちが一番わかっているはずだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-04-04 23:55 | ニュースコラム