<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

情報公開法に基づく自己情報の開示請求でまさに命拾い   

 うちの嫁さんが再入院した。今度の入院は1日で終わるということだが、ここ1ヶ月間というもの、心配でならない日々が続いている。ブログでニュースコラムを・・・なんて空気にまるでないのだ。

 今回の入院は、最初にかかったYクリニックではわからなかったことが原因である。Yクリニックでのカルテや検査結果書を、情報公開法に基づく自己情報の開示請求を行ってコピーを取り、F病院の医者に見せたところ、「なぜ早くこれをもってこなかった」といって即入院となってしまった。

 Yクリニックを退院するときにF病院への紹介状を書いてもらったのだが、なぜその時に情報開示を請求しておかなかったか悔やまれる。保険の関係の手続もあって、診断書をお願いしに行くときに開示請求を行ったのだが、書類ができるのが1週間後と言われ、結果的にF病院にカルテの写しを見せたのがYクリニックを退院してから2週間後になってしまった。

 私は今、最初にかかった医者に対してなんとも言われぬ感情をもっている。診断書はさらっと手書きで、カルテのコピーは数分で済んでしまうはずだから、物理的に1週間なんてかかるはずがない。即座にとって転院すればよかったと、自分のふがいなさに力が抜ける。そして、それらの書類を見たF病院の医者が急を要すると判断し症状を解説してくれたことは、すなわちYクリニックの医者にはそれがわからなかったということであり、なんとも言われぬ感情がうずめく。

 と同時に、患者にとって自分の症状に関する情報が自分の手に無いという理不尽さにも頭にきている。医者が判断し作成したカルテなどの情報は、医者の管理責任のもとで、患者の所有情報ではなく医者の保有情報となり、患者が転院するときには患者が請求しなければ引き継がれない、というのはいかがなものか。紹介状に何が書いてあったのか知らないが、少なくともこちらが収集して持参した情報は記載されていなかったことは明白であり、患者の情報の引継ではなかったということだろう。どうせ同じ検査をするから、ということなのだろうか。

 法律上の解釈がどうなっているのかまるで知らないが、今回のケースから考えさせられたことは、患者の情報は患者自身が自己責任で所有し、転院の際にはその情報がはじめから引き継がれるようなシステムを構築するべきではないか。例えば、ICチップのついたカードに必要情報を入れ、その医者にかかっている間は管理責任はその医者に、患者が退院や転院する時などは患者の自己責任で患者が保有する、というシステムを医療情報に導入できないか。
 
 情報のポータビリティを向上させることは、当然のことながら情報管理リスクは高くなるが、今回の経験からふとそんなことを思った。Yクリニックの診察結果とF病院の診察に連続性を欠いたことが、万が一手遅れ、というようなことにでもなったら、情報管理リスクなんてふっとぶ。医者の判断ミスというリスクのほうが格段に高いのだ。

教訓
・医者は評判のよい医者を選ぼう。
・医者任せにしない。できる限り症状についての情報を得て、医者ときっちり話をしよう。
・退院や転院、もしくは医者の世話からしばらく離れられる時は、自分の情報は自分で管理できるよう、自己情報の開示請求を即刻行おう。

PS
Yクリニックで自己情報の開示にかかった費用
コピー1枚 40円×15枚+消費税
コンビニでは1枚10円で商売が成り立っているのに40円だって・・・(何とも言われぬ感情が・・・)。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-09-28 12:56 | 雑記(日記?)

スターウォーズ「サウンド・ビッグキャップ」セット到着しますた   

 ついにきました!サウンドビッグキャップ!実際に缶の上に「ふた」として使用する人は皆無だとは思いますが、これは音の鳴る缶蓋なんですねぇ。

 ボトルキャップのフルコンプは最初から狙ってませんでしたが、このサウンドキャップは全部ほしくなっちゃって、全部買っちゃいました。

 8月末の〆切で、最初の頃はカードの課金がまだかと確認してたんですが、忘れた頃にこうして箱が7つ届きました。↓

sw_001









 表は丸窓でキャラたちが外から見えます。開けてみると、丸窓のあるふたの裏には、キャラの説明が英語で書いてあります。これをほしがる人には説明はもはや無用でしょうがね・・。


sw_002









中はというと、キャラが2体しっかりと固定されていて、後ろの丸窓から背中のボタンを押すとしゃべり始めるので、このまま飾ってもGOO!



ボトルキャップとの大きさの比はこんなにも。↓

sw_004







 大きさは、やっぱでかいです。ボトルキャップと並べてみました。ね?でかいでしょ?作りは、なかなかいいと思います。1体1600円の計算になるから、同じ値段で手に入るグッズを買うよりは、満足してます。









私のコレクションBOXには4体しか入らず、必死に集めたボトルキャップは隅っこに追いやられる扱い。SW以外のキャラクターは今回はご退場いただきました・・・

sw_006sw005










このサウンドビッグキャップは、後ろにボタンがついていて、それを押すと「ジャーン、パパパパ~」とあのテーマソングが流れ、その後にセリフが。
ベイダー卿「シュコ~」の呼吸音がしたあとに、ライトサーベルの音。???・・・セリフは?

ストーム・トルーパーは「ビューン」ってブラスターの音だけ(笑)。まぁ、確かにセリフといわれてもねぇ。

まだ全部開けてませんが、とにかく満足です!
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-09-21 12:59 | 映画&DVD

主婦は大変だ。みんなエライ!   

 ここのところ、ブログの更新が滞ってますが、実は妻が体調を崩して主夫をやっております。

 世の中の主婦の皆さんは本当にすごいです。買い物に食事づくりに洗濯に掃除にゴミ出し。

 一人暮らしが長いけど、自分だけの食事ならてきと~に済ませられるが、これが二人になっただけでもう大変。体調を戻すのに必要な栄養を考えた食材の買い出しから食事作りに食器洗い。これだけでもかなりの時間がかかる。そして必ず出るゴミの処理。

 天気をにらんで洗濯して、ゴミの日にはちゃんとゴミ出し。

 主夫をやったら世の女性に対する見方が変わりますね。ほんと、大変な労働です。毎日ありがとうございます(TO嫁)。

 早く良くなってください。(自分のためじゃないよ。ほんとだよ。)
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-09-20 12:59 | 雑記(日記?)

2005衆院選の感想&各党への提言・苦言   

衆院選が終った。予想を超える小泉自民の圧勝&岡田民主の惨敗で、なんだか終わった後にネガティブな感想も漏れてくる特徴的な選挙だった。

●まずは選挙制度に一言。

 重複立候補で比例復活当選の制度を改めるべきだ。小選挙区で落選したということは、選挙という形で民意に問いかけ、ある候補は信任され、ある候補はダメ出しくらった、ということなのに、ダメだしくらった候補が復活当選する、というのは理解に苦しむ。

 限りなく惜しかったら議席をあげよう、というのなら、はじめから議席を2ないし3にして、中選挙区にしたほうがわかりやすい。小選挙区にしたメリットはそれ自体にいくつか確実にあるのだろうけれども、比例復活というおまけがついたことでわかりにくくしている。

 重複立候補をやめよう。おちた人間は敗者だから、惜しかったからといって議席のおこぼれをもらってはいけない。

●さて、自民党へ一言。

 小泉首相の戦略がみごとにあたって、郵政にYESかNOかの単純明快な選択肢が用意され、刺客だのマドンナだの造反組だのと話題が先行し、関心は高くなり、風は確実に吹いた。戦略で勝利した選挙だった。

 刺客として放たれた片山氏などは、「郵政改革を突破口として改革を推進する」と言っていたが、改革に対して本腰であるならば、自民党は郵政後の改革のタマをこれだけ用意している、という具体論を早く展開してほしい。

 総務省官僚の抵抗にあって公務員の純減目標をマニフェストにいれられなかった自民党だが、国会でこれだけ多数を占めても、問題は霞ヶ関の官僚集団をどうねじ伏せていくかである。

 民主党や他の野党との関係はもはや問題ではなく、我々市民は自民党対霞ヶ関のガチンコ対決が本当に実施されるかどうかに注視していくべきだ。

 今回の選挙は小泉首相の戦略勝ちだったが、今後は自民党の言っていることは本当なのかどうかをしっかり見定めて、次回の選挙の判断材料とするべきだろう。今回関心を持った人は、自民党が本当にやるのか、やれるのか、をしっかりと監視していかなければならない。

 それから、郵政民営化には賛成したが、靖国&アジア外交政策に反対だったり、行財政改革に注文をつけたかったり、その他の争点ではやはり一言も二言も言いたいことはある有権者がたくさんいるはずだ。「今回は郵政選挙」というならマニフェストなんか出すな。郵政だけで圧勝したんだから、その他の分野についても全部信任されたとは考えないでほしい。郵政問題を国民に問うたように、その他の分野についても、なんらかの手段を用いてちゃんと国民に問いかけてほしい。

●次に公明党へ一言。

 改選議席から減らした選挙だった。減らすのは珍しい、という印象がある。今回は自民VS民主の構図に埋没している、というのが選挙期間中のメディアの見方だったが、存在感の埋没よりも、戦略のまずさが露呈したのではないか。それは、自民党との選挙協力だ。

 公明党は小選挙区で9人擁立し、1人を落とした。自民党候補の推薦は240くらいだったかな?ほぼ全員の候補への推薦だか支持だかを打ち出していたように、新聞で見た。自民から9人の協力を得るために、240人近くを支援する・・・。その結果小選挙区で1人落とし、比例で2人落としていたんでは、損得勘定からして明らかに大損だろう。しかも、自民が圧勝した今では、自民側から「公明に9も譲ってやる必要はない。すべて自民候補をたてるべき」という声があがってくるのではないか。

 9応援してもらうかわりに、自民が民主とせっている厳しい9選挙区の支援に回る、という等価交換の協力関係ができれば、もう少し自民側の協力も本気になるんではないか。自民の組織票は必ずしも公明に入らず、公明アレルギーの自民票が民主に入ってしまうという現象もあるらしいから・・。

 とはいえ、240近くの協力を申し出ないと、自民は9すら見返りを渋るのかもしれないしね・・・。大変だね・・・。今後の戦略を考えた方がいい。

 自民が単独過半数をとった以上、連立の意義を再度確認し、福祉政策を旗印としている公明党が、どれだけ自民党に福祉政策の実現を迫れるか、明確な実績を残していく必要があるだろう。

 予算編成時には財務省原案が自民の部会に提出され、部会では族議員が原案に群がり、最終的に自民党で決定=国会で決定、ということになるのだろうが、公明党はいつどの場面で誰にどのような要求を出し、どのような回答が返って来て予算に反映できたのか、一部できたのか、できなかったのか、そのあたりの情報をきっちり外に出していくことができれば存在感は高まっていくだろう。

 今後自民党への注目度が上がる(←べき)中で、自民党がどういう政治過程で物事を決定していっているのかを国民は知りたがってくるはずだ。その中でどういう国会活動を行っているのか情報公開すれば支持はあがるだろう。

 そして、福祉を充実させるべき、という社民や民主の一部などとも連携して、生活を守る分野の政策を、自民党とケンカし、野党と手を組んででも法案をまとめるべし。自民党とくっついているだけではもはやヤバイと思われ。

●そして民主党に一言。

 大惨敗の責任は岡田代表がとるらしいが、その後はやはり権力欲の強い菅直人か陰で糸を引くしかできない小沢一郎なのか。人材難だねぇ。もうそういった古い人たちを前に出すのはやめたほうがいいと思う。政策で勝負するなら枝野氏とかいるじゃない。政策にブレがない切れ者を全面に出すしかない。薬害エイズの実績&人気がある(と民主党が思っている)菅や、剛腕小沢の名前しかあがってこないのは、かなりさびしい党内事情だ。

 民主党は、政策に一貫性が出て、その内容が霞ヶ関とのしがらみで縛られている与党の政策を超える確かなものであれば選挙に勝てるはずだ。今回の惨敗は、やはり棚ぼた政権樹立の夢を見て郵政法案の対応を誤ったことが悔いても悔やみきれない大失敗だろう。

 ただ、自民党が本当にこれから改革を進めることができるのかどうかを有権者は注意深く見守る(←願望含む)。その時に、どう見ても民主の対案(与党との修正審議案および対抗して提出する法案)が優れており、与党がそれを突っぱねた、ということであれば、次回の選挙では風が吹く。

 そういう国会における個別の審議の中で自らの力を示すかによって「自民では改革ができない。法案作成能力では民主のほうが優れている。」とはじめて主張できるのだ。これまではその国会における活動が無かったがために「民主党にしか真の改革はできない。」などと訴えても「はぁ~?証拠はぁ?なんでそんなことが断言できるのぉ?小泉のほうが頑固にやってくれそうじゃぁ~ん?」という印象に負けてしまったのだ。

 民主党に言っておこう。今回のマニフェストを白紙にするな。今回約束したことは、野党の立場であっても実現にむけて確実に足跡を残せ。そうしないと口先だけの集団になってしまうぞ。

 もう一つ、民主党の優秀な若手議員(非労組系・非社会主義系・非マドンナ)は、今後菅か小沢が実権を握るとしたら党を割ってでたほうがいいと思う。旧社民連の若大将と旧自民党の裏ボスのもとでは力が発揮できないだろ?そこにいてもムリだと思うよ。彼らが引退するまで翻弄され続けるだろう。考えた方がいい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-09-13 12:01 | ニュースコラム

入れたら見守る。そして次の判断材料とすべし。   

 公示(もしくは告示)後に投票行動を決める人は、結構リスクが高いことを認識しておいてほしい。なぜなら、国会会期中にいろいろな法案が審議され、争点があったにもかかわらず、選挙直前や公示後は、各党とも争点をいくつかに絞るからだ。今回の自民党の戦略がわかりやすい例だが、なんと郵政民営化一点に絞ってきた。社民党もわかりやすい。「憲法を守る」の一点だけ(こちらはちと弱い気がするが)。

 そしてTVの影響。TVは結局のところ視聴者が面白いと感じてチャンネルを合わせれば勝ちなわけで、面白くない、堅苦しいことはあまり報道しない。マニフェストの検証などもやらないし、さらっと簡単な比較表を紹介する程度。もっぱら政局へと注目し、どの選挙区が注目だの、党首の発言がこうだっただの、そういう情報しか流さない。

 さらには街頭演説。短い時間で支持者の耳に残る話をしなければならないから自ずと他党批判が多くなり、加えて風を呼び込むために新しく受けのいい政策を「やります」とショートフレーズでいくつか出す。予算の裏付けやら実現可能性を担保するものなどはしゃべっている暇が無く、そして「我が党こそが」「私(あるいは我が候補)こそが」というフレーズばかりになり、最後に名前の連呼。

 この状態で選べ、といわれたら、情報不足で選びようがないというものだ。選択肢は用意されているが情報が少なすぎ。選んだがばっかりに増税になっちゃったりしてね。リスクが高いでしょ。

 ITの異端児(?)が西国で立候補した、美人落下傘候補と反対派が激しい戦いをしている、なんてことは知ってても、自分の選挙区で出ている人の実績や経歴なんて全然知らないし、コイツに入れたらどうなって、こっちに入れたらこうなる、っていう画が見えないのは、公示になって、あるいはマスコミが騒ぎ出してやっと関心が政治に向いたからに他ならない。しかも、正確に言えば用意された争点やマスコミが報ずるデフォルメされた対立構図などに関心が向いたにすぎない。

 日本には無関心層が圧倒的に多く、そして無党派層が多く、組織票がある。今回の選挙ではかつて無関心層に位置していた人の多くが感心を示していると言われる。無関心層が関心を寄せた、ということは一定の評価がされていいとは思うが、今回関心を示した人は、今回選んだ政党や候補が次の選挙までちゃんと期待したとおり政治活動をするかどうかを選挙後に厳しく監視していってほしい。自分が推した候補や政党が、公約や街頭演説での約束をちゃんと果たしているかを見ていくことで、次の選択を可能とするのである。
 
 私は、一応、私なりに、これまでの政治の動きを見てきたつもりだ。私的には、公示後のTV討論とか選挙関連ニュース、候補者の街頭演説などは見る気があまりしない。結局は上澄みの部分をしかもきりとられた情報として耳に入ってくるような気がして、直接的な判断材料にはなりにくいからである。
 
 一般的には投票日の前日に投票行動を決める人が多くなってきているとある評論家が言っていたが、今回はそうでも、今回投票した人は、次の任期いっぱいまで、しっかりと行方を見定めていってほしい。

PS
 選挙運動にインターネット(HPやブログ)を解禁すべき、という議論が起きているが、私は、政治家がインターネットを使って選挙運動することを解禁すべきか、という問題と、有権者が利用してよいかという問題を分けて考えている。

 有権者は、特定の候補や政党を支援する目的を除いて、HPやブログの更新を認めるべきであると考える。

 私は今回のエントリのように、選挙後から公示(告示)前までの期間が有権者にとっては非常に重要な期間だという考えの持ち主であるので、選挙期間中は政党や候補者がインターネットを使えない、ということには特に不自由を感じていない。選挙期間中に有権者ウケする情報だけ流されても、あるいは徹底的な他党批判を繰り広げられても、その情報にはあまり重きを置いていないからだ。

 ただし、この期間中の有権者のHPやブログの利用は、特定の政党や候補者を応援する目的を除いて、自由にすべきだと思う。

 もっとも、私が重要視する投票日の翌日から次の選挙の公示(告示)までの間が自由であるから、仮に選挙期間中が一切禁止であっても問題はないのですが。だって、もうあらかた決まっているでしょ?ちゃんと見ていれば。全然見てなかった、という人が少なくなれば、あまり大きな問題にはならない問題でもあるような気がする。

 有権者がそのような行動をとれば、選挙期間中に必ずある「違法ビラまき」なんていう愚かな行為は、その効果なしということで消えるだろう。

 こういう違法ビラは、ビラの中で徹底的に攻撃されている勢力の反対勢力が作ったものに間違いないわけで、そういう勢力が有権者を「違法ビラで釣れる」と見ていることに腹が立つ。なめられたもんだ。そのビラに釣られるヤツがいたら、本当に愚かなことだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-09-05 12:04 | ニュースコラム

公職選挙法違反か?と思われる情報のトラックバック・センター   

皆様が発見された公職選挙法違反と思われる情報を勝手に集約します。発見したらTBください。

民主党・加藤尚彦  神奈川3区 Byうーぱーるーぱー様

民主党・さかいゆき 大阪15区  Byインチキblog様

民主党・柴橋正直  岐阜1区  By構造改革推進運動の会

民主党・バナー広告 By新聞・ニュース批評@ブログ様

共産党 ByThe GLPC

自民党・バナー広告 By新聞・ニュース批評@ブログ様

民主党が一歩リードですな(爆)
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-09-05 12:03 | ニュースコラム

「霞ヶ関を大掃除せよ」浅野史郎宮城県知事の言葉   

8/30の朝日新聞でこんな記事を見つけた。

以下抜粋------------------

「霞ヶ関」の官僚の間には、補助金を出すことで君臨するといった古い思考様式が根強く残り、国際化に対応できていない。(中略)
 選挙で選ばれた新政権には、霞ヶ関を大掃除して、長い間にたまったウミを出し切り、そのあり方を抜本的に改めてもらいたい。
 小泉首相は、郵政民営化で官のあり方を変えると言っているようだが、それで狙えるのは改革のほんの一部。巨額の費用をかけて選挙をして、郵政改革だけで終わるのはもったいない。
 民主党も政策論といったきれい事だけでなく、経済産業省の裏金問題のようなドロドロとした部分をもっと争点にし、情報公開の重要性を訴えてほしい。
 国民は官のスキャンダルに義憤を感じる。そうした怒りに日をつけないと、霞ヶ関の本質はなかなかあらたまらない。国民の心に火をつけるのも、政権を狙う野党に求められる役割だと思う。

------------------

この浅野知事は厚生官僚だった人だ。中にいた人は中の様子がよくわかるだろう。スキャンダルをばしばし暴く、という方法以外にも、抜本的な改革の方途を示してほしいところだが、霞ヶ関の大掃除をせよ、という主張は大いに共感できる。

06年度予算の一般会計の概算要求は85兆2700億円という莫大な数字だ。ここから財務省の厳しい査定により減らされていくわけだが、各役所はほっとくとどんどんカネを要求してくる。本当に必要な事業なのか、本当に適切な事業規模なのか。行政の無駄を省く、という主張はいろんな政党が言うには言うが、実際にどうすれば野放図な役人に歯止めをかけられるのか、そして、不要な事業を中止できるのか。

社保庁問題ではその一端が示されたが、ポスター1枚に莫大な金額を費やし、使わない・使えない通信システムのリースにこれまた莫大な金額・・。誰が見ても常軌を逸した税金の使い方に、本当にメスが入れられるのか。

官に対して本当に政治は力があるのか、発揮できるのか。

我々有権者は、選挙の時だけにメディアの情報に耳を傾けるのではなく、本来ならば選挙後から次の選挙までの数年間、政治の動きを鋭く監視していく必要がある。

今回は75%を超えるかつてない関心を集めているそうだが、今回関心を持った人は、引き続き、政治が官を変えられるのか注目していってほしいと思う。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-09-05 12:02 | ニュースコラム

共産党系労組は地方公務員法違反だ   

 私の友人で、お役所に勤めているヤツがいる。一つ前のエントリの「アカ政党に投票を呼びかけるブログ ハケーン」を読んで連絡をくれた。

 彼が勤めているお役所では、昼休みに「しんぶん赤旗 号外」が各机に配られていた、というのだ。「ブログをこっそり立ち上げるくらい、共産党にしてみればなんでもないだろう。」とのことだ。

 その赤旗号外の内容は、一面にシイ氏がにっこり笑って、大見出しで共産党への投票を呼びかけており、一枚めくれば与党批判のオンパレード。完全に共産党支援を呼びかける内容だったという。

 公務員って選挙活動しちゃダメだよね?と思って地方公務員法を調べてみた。

第36条 
2 職員は、特定の政党その他の政治的団体又は特定の内閣若しくは地方公共団体の執行機関を支持し、又はこれに反対する目的をもつて、あるいは公の選挙又は投票において特定の人又は事件を支持し、又はこれに反対する目的をもつて、次に掲げる政治的行為をしてはならない。ただし、当該職員の属する地方公共団体の区域(中略)外において、第1号から第3号まで及び第5号に掲げる政治的行為をすることができる。

1.公の選挙又は投票において投票をするように、又はしないように勧誘運動をすること。
2.署名運動を企画し、又は主宰する等これに積極的に関与すること。
3.寄附金その他の金品の募集に関与すること。
4.文書又は図画を地方公共団体又は特定地方独立行政法人の庁舎(中略)、施設等に掲示し、又は掲示させ、その他地方公共団体又は特定地方独立行政法人の庁舎、施設、資材又は資金を利用し、又は利用させること。
5.前各号に定めるものを除く外、条例で定める政治的行為 

 さて、役人であり労働組合員である人物が、自分の役所内に共産党機関誌を卓上配布することは、この地方公務員法第36条に違反するか否か。

○共産党機関誌は特定の政治団体の機関誌であり、自民党と公明党を批判する内容が掲載され、共産党への投票を呼びかける文言が一面に大きく掲載されており、「公の選挙又は投票において投票するように、又はしないように勧誘運動をすること」に該当するのではないか

○赤旗を庁舎で卓上配布したのは、「文書又は図画を地方公共団体又は特定地方独立行政法人の庁舎、施設に掲示し、又は掲示させ、」に該当するのではないか。

 ひょっとしたら猿知恵のついた共産党員たちは、「配布しただけで勧誘していないから違反していない」とか、「配布は掲示ではないから違反していない」とか、「配ったのは職員ではなくてアルバイトだから違反していない」などといいわけをするかもしれない。アカの連中の中でちゃんと切り返すためのセリフが決められているだろう。ねじ曲がった理論でもそれをねじ曲がっていると心底思っていないところに悲劇がある。

 私はその友人に聞いた。「なぜ職場のエラいさんは配布するのを止めないのか?違反だってわかってるでしょ?」

 その答えは「エラいさんたちも組合員なんだよ。若い人は組合に入らなくなってきてるから、共産党のいまの活動はやはり中年以上が中心。公務員の中年以上ってやはり管理職とかが多い。黙認しているんじゃないのかな。」
だって。

 憲法を守ろう!だって。まずはあなた方、法律遵守の姿勢を鮮明にうちだし、法律を守ろうね。

 健全な野党が必要!だって。健全な野党って少なくともあんた方のことじゃないね。

 友人には悪いけど、公務員改革を本格的にやろうよぉ~。こんなアカの組織が暗躍しているんでしょぉ~。ネオ・アカ狩りをやりませう。実力主義で無能な奴らはクビにする。一律カットじゃ優秀な公務員が意欲を失うから、やはり人員整理が必要でしょ。能力主義査定が民間会社に入りはじめたけど、公務員の制度改革やってほしい。事件をおこしたヤツはクビ。能力ないヤツもクビ。ばしばし減らしましょ~!
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-09-03 12:04 | ニュースコラム