<   2006年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

幻惑2トップ キター   

 高原と久保の幻惑2トップ キター!!!

 ようやくですよ。私がこの構想をぶち上げてからはや半年(過去記事はコチラ)。ついに来ました。神様ジーコも同じコト考えてたんですね!ジーコもおちゃめですね!

 外国人からみれば中国人も韓国人も日本人も区別が付かないですよね。アジア人は皆似てるそうで、その中でも久保と高原ですよ。区別がつくはずありません。もちろん、並べてみれば全然違うって僕らは思うけど、ボスニアの人たちには幻惑ですよ。さかんにポジションチェンジをして撹乱してほしいなぁ。できればトップ下にもう一人似てるのがいて盛んに飛び出してくれればベストなんですけどね。今日だけ久保を19番、高原を17番ってのはどうでしょ?あと、久保はひげを剃ってね。高原は今スキンでしたっけ?だったら、久保も頭剃らなきゃ。

 試合後のボスニアのコメントが楽しみですね。「あの得点をとったFW・・・TAKAHARA?いい選手だ」・・実は久保だった、とかね。

 左サイドはまたもやサントス。村井にしようよ。インド戦では上がりが遅かったし。スーパーカップではブッフバルトも「サイドが攻め込まれたから交代させた」とこの前言ってたし、やっぱ世界の強豪相手に彼をDFとして使うのはいかがかと。最近は彼が守っていてもあっさり突破(というかスルー?)されているからね・・・。

 小野ちんが外れたのは仕方ないか。ボールの扱いは最高にうまいんだけど、アメリカ戦が痛かったかなぁ。俊輔-小笠原の次点、中田-福西の次点で控えですか。小野&稲本が控えとは、層が厚いよね・・。まあ、稲本は調子の波がある選手に見えるし、今はあまりってことなのかな。

 今日の試合が楽しみですねぇ。インド戦とはまったく違う、ガチンコ勝負が見たいですね。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-28 11:06 | サッカー

今日、謝罪会見を開いて、堀江メール問題に幕が引かれるそうです。   

ここで我々国民が注目したい点は、

1.国会での質疑は、質問する議員が事実関係をできうる限りの調査をしたうえで行われるもの、という国民の当然の要求に対して、民主党がどのような意識を持ち合わせているのか。

2.これに関連して、今回の堀江メール問題の第一投を投じた民主党永田議員は、どれほどの調査を実施し、どれだけの情報をもって国会で取り上げるに値するだけの「疑惑」と断じたのか。

3.メールそのものが事実を証明できる力がないなら、なぜライブドアと自民党のカネのつながりを疑惑と断じたのか、そして、今後もその追及をするとのことだが、その根拠を改めて示すべきである。

 私的にはもはや誰が誤るとか辞任するとかは二の次でもよくなってきた・・・。もちろん、責任をどうするのかについての民主党の対応は見物だが。

 「今永田を辞任させれば、今後疑惑を追及する際に萎縮してしまう」みたいな発言が聞かれ、これが永田辞職回避の論理らしいですが、バカも休み休み言えってんだ。民主党は本当に休む間もなくバカなことを言う。

 疑惑の追及は大いに結構。与党の座の長い自民党に、黒い部分が全くないなんて思わない。だから、やばいことをやっているんならどんどん追求してほしい。ただし、それはしっかりと裏をとっての話だ。今回のように、「潔白なら国政調査権を発動して証明すればよい」という論法はありえない。勝手に疑惑をでっち上げて「潔白なら証明せよ」というのが許されるなら、国会の場はなんでもかんでも疑惑が持ち上がり、疑惑を作ったもの勝ちになってしまうだろう。

 昨日のTVタックルで民主の議員が未だに「黒いカネのつながりを追求する。潔白なら証明せよ」と言っていたが、それに対する自民党議員の「そんなにいうなら国会ではなく刑事告訴すればよい。そうすればきちんと捜査が始まる」と言っていた言葉に理があると思った。

 この発言の前に民主党の議員は「我々は国会議員であり裏付けの調査にも限界がある。」みたいなことを言っていたが、だったら専門の捜査機関を動かせばよいのではないか?この人達の本筋から外れた傍流の論法は、いちいち反論してただすだけの労力が無駄に思えてくる。

 とにかく、今日行われると言われている幕引き会見に注目しよう。民主党の力量が現れることだろう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-28 11:05 | ニュースコラム

ねつ造3兄弟 永田&前原&野田 謝罪で済むはずない。   

 堀江メールで黒塗りされていた送信者と受信者は同一人物であるそうだ。しかも堀江氏ではないそうだ。

 確か、黒塗りは情報源の保護とか言ってなかったっけ?同一人物が送受信しているメールとは、果たしていったい何か?自分で自分に送って、同時にBCCで送信先を伏せて誰かに送ったのか。フリー記者とかいう人物がBCCで送ったそのファイルを印刷したものであれば、BCCの宛先は印刷されないからこういう紙になるね。

 でも、本文は引用を示す文字がなく、本文が堀江氏自身から何者かに送ったかのような文章になっていた。この時点で、このメールはまったく証拠能力がなく、堀江氏が3000万の送金を指示したことを示す資料にすらならない。だって、送ったのは送信者らんに記載されている人物で、引用でないことから、書いたのもこの人物だ。

 それなのに、黒塗りして「思わせぶり」な印刷物に仕立て上げたことは、文書のねつ造になるのでは?ねつ造文書をもとに、国政調査権を要求したということだ。これはいくらなんでもマズイでしょ。その考え方がマズすぎますな。謝罪会見で済むのかな?

 最初の私の印象は「これって疑惑なのかな?」というもの。あたってましたね。

 黒塗りは誰がやったのか。    民主党だよね?

 送信者と受信者を黒塗りした意図は?  堀江メールだとの印象を植え付けたかったからだよね。

 つまり、最初からメールは堀江氏が誰かに送った本物ではないと分かってた。しかも、その本物が転送されてきたわけでもないことも分かっていて、疑惑を作り出したんだよね。これは議員と党の姿勢の問題じゃないかなぁ。

 謝罪会見で済むの?ねつ造3兄弟のお三方!
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-27 13:51

トリノオリンピック閉幕   

 トリノ五輪が閉幕しましたね。フィギュア女子・荒川選手の金メダルが一つ、という結果に終わりましたね。

 それにしても荒川選手の演技はスンバラスぃ~かったですね。これまでの世界選手権などの世界大会では見たことのない、なんというか、本人が本当に満足しているというか、スケートそのものに楽しんでいるというか、ポイントや順位やメダルを意識していないことが端から見ても分かる、そんな演技だったと思います。演技の中で笑顔がこぼれる、というのは五輪のフリーだけだったように感じたし、本人が希望する、順位を争う競技としてのスケートではない、エキシビションやアイスショーでの精神状態に近かったのではないかと勝手に思っています。天才少女が波瀾万丈の競技生活をハッピーエンドで締めくくった最高の五輪だったのではないでしょうか。
 
 新聞に書いてあったのですが、過去2回の五輪では、金メダルはいずれも16歳の選手とか。浅田が出場していれば、やはり金メダル最有力候補だったのでしょう。ある解説者が言ってましたが、16歳というと余計な脂肪がついていなく、ジャンプに関してはトリプルアクセル級の高度なジャンプを軽々飛んでしまう条件が揃っているとのこと。そして、体の成長に伴って、脂肪や筋肉の重さで、トリプルアクセルや4回転の成功率が下がっていくのだそうです。そういう意味では、高度なジャンプの得点が重い新採点方法では若年層がかなり有利だということです。そんな中で荒川選手がジャンプ以外のステップやスピンなどの要素を徹底的に鍛え、高い技術に裏打ちされた芸術性を追求して金をとったのはすばらしいことだと思います。
 
 解説の伊藤みどりさんは荒川選手のSPの時に、荒川選手の演技を酷評してました。思い切り演技をしていない。得点を狙って安全にいこうとしている。勢いがない。メダルはそんなに甘くない。という主旨のことを言ってましたが、後輩に対する目という厳しさを少し割り引いたとしても、ちょっと目に余る放言ぶりだったなぁと思いましたね。なぜなら、銀メダリストの伊藤氏は、おそらく今の採点方法では銀メダルはとれなかっただろうということ。彼女のころはとにかくジャンプを飛んでいれば得点が入った。世界でただ一人のトリプルアクセルジャンパーだったことは確かだけれども、それしかなかった。ビールマンスピンもできなかっただろうし。ジャンプが成功してガッツポーズしても減点されなかった時代ですからね。フィギュアはもはやジャンプさえ飛んでいればいいということではなくなったわけです。荒川選手の金は、伊藤氏の銀の一つ上、というだけ以上の重みが確実にありますね。伊藤氏は今後仕事が無いかもしれないなどと余計な心配をしてしまいました。

 さて最後に、この五輪は日本選手の不調が目立ちましたね。メダルへ後一歩だった4位の人たちの中には、第三の選手がブレイクした、というすばらしい結果の4位の人もいれば、実力が発揮できずに入賞で終わった人たちもいました。ちょっと思ったのは、日本人にはビッグマウスは似合わない、ということですね。スノボのD君やMさんのことがあったので、アルペンのS君のビッグマウスぶりに、「こういう人はダメだよ」と思ってました。結果はコースアウト。金メダルがとれるとは思ってもみなかった、という荒川選手とはより一層対照的に映りましたね。

 日本選手団の五輪派遣枠を再考するようです。競技によっては世界大会などの成績により枠が決まってしまうものがありますが、それ以外ではJOCが出したければ出られるのかな?詳しいことは知りませんが、世界で戦える結果重視で人数を絞ることは当然の流れになっていくでしょうね。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-27 13:26 | スポーツ

民主党永田議員 辞意漏らすも野田氏引責恐れて結論先送りで入院   

民主永田が入院だと。

小泉チルドレンの一人が「料亭に行きたい」と発言して物議を呼んだが、民主の永田は大物政治家の常套手段である秘技「入院」の経験ができたわけだ。まだ議員なりたてでしょ?5年目だっけ?大したもんだ。入院なんてなかなかできないぜ!

さて、自民党内では「永田の議員辞職はもったいない」との意見もあるようだ(笑)。それはこれだけのお騒がせ男がここでいなくなるのは、つっこみどころを失う、ということだろう。余裕だねぇ。

一方の民主は野田氏引責辞任をなんとしても避けたいとして、永田の対応を鳩山に一任。先送ったワケですな。

与党にとって「おいしく」映る大人材の永田は、過去に4回の懲罰動議がされているお騒がせ男。どんな動議だったのか知りたくて調べてみた。

しっかし、なかなかこの情報が無い。ようやく見つけたのがコチラ↓
ぜいりしブログ
2000年10月6日参院議院運営委員会開会時の混乱で与野党議員や衛視が十数人けが。
2001年1月6日国対委員長会談で、同日午前の参院議院運営委員会の開会をめぐり、衛視や与党議員に暴力的な行為をした。
2004年6月5日年金制度改革法案の参院本会議採決をめぐり、倉田寛之参院議長の議場入りを妨げた
2005年7月8日の倫理選挙特別委で公明党の支持団体が集団で「住民票移動」を行ったかのような事実無根の中傷発言をした
 他にも発言を削除したから懲罰動議の提出は見送った


ほっとメール@ひたち 

2000年 参院議院運営委員会の開会をめぐり与野党でもみ合いとなった際、与党議員や衛視らに暴力的な行為を行ったとして、懲罰動議にかけられる。

2000年12月 国会壇上の松浪健四郎議員から水を浴びせかけられている。永田が松浪議員に「(当時の国土交通大臣と)何発やったんだ?」と野次を飛ばしたことが原因とされている。

2003年3月 名古屋刑務所に受刑者が高圧放水によって死亡した事件について、消防ホースで「再現」実験を行う。しかし実際の水圧は実験のものの10分の1程度にすぎないことが判明し、民主党は謝罪に追い込まれた。

2004年3月 衆院本会議の発言で、小渕恵三、森喜朗、小泉純一郎の歴代3内閣に言及した発言について、自民党が抗議し、「不適切な発言」として議事録から発言が削除。

2005年7月 衆議院外務委員会で、手元にあった紙で折り紙をしている映像が報道され、失笑を買う。

2005年7月 衆院・倫理選挙特別委員会で、風聞を根拠に公明党の支持団体の住民票が東京都に移されている疑念がある等と発言。河野衆議院議長から注意を受け、与党から4度目の懲罰動議が出される。民主党は公明党に謝罪した。

2005年8月 習志野市内の事務所開きにおいて、「公明党支持団体」の固有名詞を挙げて再び7月同様の発言。さらに創価学会は宗教団体として認められていない等と発言。しかし創価学会は昭和27年には宗教法人の認証を得ており、悪質な虚偽の流布として、創価学会より名誉毀損で刑事告訴される。

2005年12月 八千代市内での国政報告会で耐震強度偽装問題に触れ、住民は火をつけたくてしょうがない。(阪神大震災では)激甚災害指定欲しさに被災者が火をつけてまわった等と発言。06年1月の衆院国土交通委員会で取り上げられる。



ウィキペディア(Wikipedia)と2ちゃんねるがネタ元のようですね。

どうやら懲罰動議の原因は、栄えある第1回から第3回までは暴力行為のようですね。そして歴代3代内閣への発言は議事録から削除することで、懲罰動議は見送られたとのこと。もちろん、現在は削除後の議事録しかないので発言内容は確認できません。

現在調べが付くのは第4回懲罰動議の発言内容。ちょっと長いですが記しておきましょう。

平成17年07月08日 第162回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会
○永田委員 持ち時間が短くなってきましたので、最後に、やはり参考人招致の重要性をぜひ主張し、また、公明党さんにひとつ御答弁をお願いしたいと思います。
 というのは、公明党さんに対して、最近、非常にやはりがっかりだな、期待外れだなという声が上がってきているんですよ。

 最近の話で言えば、郵政民営化法案は、これは賛成であると。法案の中身について公明党が強く主導したという形跡は余り見られませんけれども、しかし、賛成は賛成である、成立させなければならないと。では、その採決の時期はいつかといったら、いやいや、都議選があるから、都議選の後にしてくれと。そこについては、非常に強い、連立の離脱までちらつかせるような非常に強い執念を見せたわけですよ。

 今度は、法案が通るときに、もちろん、自民党の造反議員がいたら、これはもう選挙で応援してあげないという圧力を行使しながら衆議院を通過させたわけですが、終わってみると今度は、これは公明党さんが発言しているわけではありませんが、もしも衆議院が解散するとしたら、その日付は十月の三日以降であろうと。なぜならば、公明党の支持団体の方々の住民票が東京都に移されている疑念があって、これをそれぞれの選挙区に戻すには三カ月かかるから、だから十月三日以降じゃないと投票日が設定できないというようなそういうような話を言う人もいるんですよ。僕は真実だと思っていませんよ。僕はそれは真実だと思っていないけれども、そういうことを言う人もいるんですよ。

 そこで、公明党さんは、ここまで来ると、どうも、政局というか、選挙とか政局とかそういうものにばかり熱心で、いつかの、クリーンな政治を求めるという心がだんだん鈍ってきたんじゃないか、そういうような感じになってしまうわけですね。

 そこで、その疑念をぜひ晴らしていただきたいというお願いで、参考人招致に賛成をしてほしいんですよ。もちろん、参考人招致に公明党が賛成をしていただければ、その中で、反対をする自民党の議員たちに、そんなことを言ったら選挙を応援してやらないぞというような圧力をかけることだって、僕は理論的には可能だと思うんですよ。そこまでやらないということは、どうも公明党は本当はやる気がないんじゃないかという感じがしてくるわけですね。

<中略>

 実は、二年ほど前には、やはり自民党の某議員、もう逮捕されて立件されていますから言いませんけれども、もう逮捕直前だというニュースになって、衆議院で議員辞職勧告決議案を出そうと思ったら、公明党の議運の委員が反対をしたがために、その一票のためにこの議員辞職勧告決議案は否決されたんですよ。議員辞職勧告決議案が公明党のただ一票のために。

 そのことをぜひわかった上で、私からのお願いです。公明党を代表しておっしゃっているんでしょうから、ぜひ、参考人招致を実現するべく、与党の中で十分なリーダーシップを発揮して、場合によっては圧力と呼ばれるものも発揮していただきたい、そのようなお願いについてお答えはいかがでしょうか。

○遠藤委員長 次に、吉井英勝君。(永田委員「答弁なしですか、一言答弁をお願いします、軽くで、一分でお願いします、お願いします」と呼ぶ)理事会の取り決めどおりにしてください。(永田委員「はい」と呼ぶ)


これに対しての反論も載せておきます。

平成17年07月08日 第162回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会
○山名議員 委員長並びに理事の皆さんの御了解をいただきまして、先日七月八日、当委員会の質疑の中で、民主党永田議員の質問に対し、時間切れのために答弁できなかった部分について発言をさせていただきたいと思います。

 永田議員は、全く質疑通告のない内容で、我が党に対し、言いがかりで筋違いの質問をされましたけれども、その中でも、看過できない内容について反論をさせていただきたいと思います。

 永田議員は、東京都議会に係って、もしも衆議院が解散するとしたら、その日付は十月三日以降であろうと。なぜなら、公明党や支持団体の方々の住民票が東京都に移されている疑念があって、これをそれぞれの選挙区に戻すには三カ月かかるから、十月三日以降でないと投票日が設定できないというような話を言う人がいる。こう発言をしております。

 これは、あたかも公明党及び支持団体が、さきの都議選のために住民票を移動していたかのような印象を与える、極めて悪意に満ちた発言であります。そして、その後の参考人招致要請の話と何の関係があるんですか。何の根拠があってそのような発言をしたのか、いつ、どこで、だれが、どのように言ったのか明らかにすべきです。

 また、住民票移動の事実が本当にあったのか、調査したのか。あなたの全く根拠のないデマに基づく発言は、国会の品位を喪失させるのみならず、公党並びに支持団体の名誉を著しく毀損させる誹謗中傷そのものであり、断じて許すことはできません。

 永田議員は、私は真実とは思っていませんよと言って、言い逃れを試みています、客観性を装っています。しかし、さきの郵政民営化法案採決の本会議の際、あなたは、住民移動云々、こういう不規則発言をしていることは、周りの議員全部聞いています。確信犯だ。こんな発言が許されるなら、国会の品位も威厳も存在しません。

 我々国会議員は、国民から負託を受けた重い立場であり、その発言にはおのずと重い責任が問われるのであります。私は真実とは思っていないがの言葉で濁しながらデマを取り上げられたら、悪いイメージだけが残ってしまい、大きな誤解を与えてしまうんです。それがあなたのねらいというんなら、こんな卑劣なやり方の誹謗中傷発言は断じて容認できません。国会議員としての見識を疑わざるを得ません。このような事実に基づかないあなたの発言は、まじめに支援活動を行った党の支持者の真心を踏みにじる暴言であり、ひいては、有権者の公正な政治参加を妨げるものであります。

 永田議員は、過去に三度も懲罰動議を出され、その品位のなさは懲罰動議の常習犯であるところであるが、我が党は、先週の当委員会における永田議員のいわれなき公党への誹謗中傷発言に対し、八日、懲罰動議を提出いたしました。我が党は、民主党に対して誠意ある回答を今週中にされるよう要求しているところであるが、永田議員は、みずからの発言のお粗末さを自覚し、猛省し、直ちに発言の撤回及び議事録削除並びに公の場での陳謝を強く求め、答弁といたします。


ちょっと長くなりましたが、こんな発言が正式記録として残っているんですね。

まあ、調べてみればすぐに白黒はっきりつくことを、調べもせずに2ちゃんねるに書いてあったからといって国会で質問するバカが議員でいいんですかね?

あるいはこの男、2ちゃんねらーかもしれないですしね。つまり、自作自演。2ちゃんに書き込んでまわりもワーっと悪のりして風聞の既成事実をつくり、「巷ではこう言われているけどどうだ?」って国会で質問する。

その程度のレベルの男を国会に送りだした民主党の責任は重い。しかもコイツ比例復活当選じゃなかったっけ?選挙区の有権者が1回ダメ出ししたのに、党が重複立候補させてまで必要だった人材(?)だったわけだ。

いまじゃ自民党が欲している大人材だけどね(笑)。

民主前原さん、自民党に打撃を与えたければ、永田をクビにすることですぞ。確実に自民には打撃になる。「お騒がせ男がいなくなってつっこみどころが減った」と。

それにしても、以前民主党が、自民党がホリエモンを擁立したことに対して、「事前にそういう人物であることを調査していなかったのか」というような追求をしていたが、同じ事がこの永田にもいえますな。こんな男をなぜ擁立したんですかね?民主前原さん。重複立候補までさせて。そして、まだ議員として期待し続けるつもりですか?

追記

民主党は引き続き「やってくれた」そうで、執行部の責任論を問われてこう答えたそうな。

「マスコミからしか出ていない。党内には『頑張れ』『我々は悪いことはしていない』との声もある」

おーーーーーーーーーーーーーーーーい!

そんなこと言ってる内部の人間って誰じゃい!って思ってたら、いました。一人。

フジスエケンゾー議員。
自信のブログで思いっきりエールを送ってます。
この人選んだ人だぁれぇ?

ガセネタをもとに国政調査権を発動したらとんでもないこと。でも民主は「だって発動してないじゃん。現時点で誰にも迷惑かけてないじゃん。それより、多くの国民に武部=黒の心証を与えられたじゃん。これってお手柄じゃん。」と思ってるんでしょうね。

だから執行部はもちろん、本人にも責任はないということか。「はぁ?責任って何の?」っていう人たちの集まりなんですね。

お見事・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-24 12:14 | ニュースコラム

インド戦 6-0の勝利   

 不満の残るゲームだった。特に前半はシュート打てない、崩せない、何もできない展開だった。

 みんな言ってることだけど、あれだけ守ってくるチームはW杯では対戦しないだろうから、インドはシミュレーションにすらならない相手だ。そんな相手に対してW杯を見据えた戦いをするには、思い切って2人のFWプラスMF一人くらいで攻撃の人数を限定し、あとはひたすら守る、という前半でも良かったのかも。引いた相手を前におびき出してカウンターで点を狙う戦い方はアジア杯を勝ち上がっていくうえでいずれ必要になるだろうし、少ない攻撃陣で突破をはかりゴールに迫るのはW杯を見据えられると思うのだが。

 まあ、強化試合として組まれたわけではないから仕方ないけどね。

 それにしてもダイレクトプレーが少なくて展開に時間がかかるなぁ。ボールをもらっても次に出す相手や場所を探している。これでは展開に時間がかかりすぎてあっという間に守られてしまう。ちょっとこのへん何とかならないのかなぁ。中田が名声を獲得したのはキラーパスだった。空いているスペースへ蹴り込んで見方を走り込ませる。「そのケースならそこに走り込んでいなければ走ってないヤツが悪い」ばりのパスは新鮮だった。最近はその中田のパスですら陰をひそめた感があるが、「展開を感じ取る感覚」がちょっと鈍い今の日本代表が心配だ。

 そんなゲームにあって長谷部は光っていた。豊富な運動量と機転の効いた展開力で好機を演出した。いや~、長谷部良かったですね~。やっぱりドリブルで突破できる選手は見てて楽しいし頼もしい。狭いエリアを切り刻む。後ろから飛び出してきて新しい展開を作る・・。すごいです。弱い相手ではちょっと参考にならないので、できれば強い相手の時に同じ位置で長谷部を見てみたいなぁ。

 それから久保。前線からのプレスが必要ではない相手だったので、川淵キャプテンは辛い評価だったが、まあ、確かにそうなんだけど、ポストにあたって入らなかったシュートのシーンが印象的だった。振り幅の大きい豪快なシュートで久保の能力が現れていた。2点目はあそこまで人数をかけて最後に出番が回ってきたけど、もちろん久保のせいではないのだが、ちょっと人数かけすぎかな。もう少し前の段階でネットをゆらしてないとね。

 相変わらずサントスの評価は私の中では低い。村井が良かっただけに彼も闘争心を燃やしたのだろうが、いかんせん上がりが遅い。ここでスーっと上がってきてれば早い展開で相手陣内に切り込めるのにそのタイミングに上がってない、というのがしばしば。遠目からシュート打ったってダメだよ。アピールにならないよ。パスミスもあったし上がってないし、ようやく上がっても相手DFに固められているから相手のタックルを待ってファウルをもらういつもの消極さがインド相手でも出てしまった。ヨーロッパの審判がファウルをとってくれなきゃ逆襲されて一気にピンチなんですけど。サントス外そうよ。村井先発のスーパーサブで闘志を燃やして積極的になってくれるなら、サントスを先発で使うよりいいと思うが。

 最後に解説の北澤氏へ。

 あんた「ウン」しか言ってないじゃん、自発的な発言って意味では。プレーに対して「よし、いいぞぉ~」「うん、いいプレーだ」とうなっているのは我々サポーター。解説者として、なぜ「ウン」と頷いたのか、うなるプレーだったのかをちゃんと解説してね。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-23 09:58 | サッカー

党首討論が終わった。   

前原さん、やっちゃったね。これ見てた国民はメールの真贋に関する新事実を期待していたんですよ。なのに、なんですかありゃ。

「我々は確証を得ている。金融機関名、口座名、口座番号を含めて出す。なぜ、国政調査権の発動に応じないのか」だって。

確証を得ているから国政調査権を発動しろ、かぁ。イタイなぁ・・この論法わぁ。

別に自民党の支持者でなくても小泉首相の言うとおりだろって思うよ。

小泉 「証拠を出す、出すと言って、いまだに出していない。私は権力の行使については、慎重であるべきだと思っている。確かな証拠があれば、私どもとしては、国政調査権の行使については、やぶさかではない。」

前原 「聞いていますか?確証は出すといっているんです!」

つまり、この党首討論において民主党が獲得したものは、「証拠さえ出せば、その証拠が確たるものならば、国政調査権の発動をする」という首相の言質、ということだけ。

そんなこたぁ、ハナから承知よぉ!!!!国民はさぁ!

だから、確たる証拠というヤツをここでぶつけるもんだと思ってたわけよ。

今更あたりまえの言質とってどうすんの?アフォかぁぁぁぁ!

ま、民主党なんてこんなもんでしょ。前原氏にはちょびっと期待したんだけどね。

さてさて、党首討論の前に野田佳彦国対委員長は

「一番探らなければならないのは、金のやりとりだ。国内外の重大な関心を持っている口座がある」と民主党が把握している情報に、ライブドアがらみの海外の銀行口座も含まれていることを示唆。また「それをしっかりと調べれば、大きな疑惑が明らかになる」と自信をのぞかせた。(時事通信)


だそうだが、メールの写しと主張する怪文書の真贋を立証することはできないとしながら、「間違いなく黒」というかってな「心証」を根拠に「疑惑」をでっちあげ、「問題はメールの真贋ではなく送金の事実」だとのたまわり、「疑惑を晴らすには国政調査権の発動しかない」とすごむらしいですぞ。

国会議員の「心証」を根拠に疑惑が作られ、国政調査権という強権発動・・・。野田が占い師や霊能力者の類でなくて良かったよ。占い師や霊能力者だったら議員のオジサン達は「心証」を信じたかもしれんからね(爆)

なんですかね、国会議員って。馬鹿馬鹿しくなってきたよ・・・。

PS
 いろんなブログにお邪魔しているけど、「武部とホリエモンの間なんだからカネくらいやりとりしてるだろ」だから「メールの真贋よりも、カネの問題を追求せよ」っていう声が結構ありますね。

 でも、これって「あの二人なんだからやってるだろ」という心証を根拠にしているのね。我々一般人ならそのレベルで外野席からやれぇ!やれぇ!って叫んでればいいんだけど、場所は国会でしょ?しかも国政調査権というめったに抜かない宝刀を抜けといっているんでしょ?一般人が安直に「絶対~だと思うよ」という証拠なしの思い入れだけでおっそろしい刀抜かれたんじゃたまんないよ。

 カネの問題は、その疑惑が証拠に基づいているのなら、徹底的に追及してください。自民党の肩をもって民主党を非難しているわけではありません。

 疑惑をふっかけたのが民主党なんだから、疑惑の根拠を明示してあたりまえ。根拠が確たる疑惑をもたれた武部氏側は、それが事実ではないのなら身の潔白を証明すればよい。
民主党は、疑惑の根拠を提示してないからアフォかと思われている。それさえ示せば第2ラウンドのゴングが鳴るわけですよ。

 それにしても、最初から銀行口座で責めるべきだったねぇ。口座情報が確たるものならばね。
メールを印刷した紙を持ち出して鬼の首を取った気になってたのが哀れだったねぇ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-22 16:48 | ニュースコラム

フィギュアSP 荒川3位 村主4位 安藤8位   

荒川きましたね。

さすがは元女王。グランプリファイナルなどの試合でも、安定度は抜群だった。

残念ながら昨日の演技は村主のしか見てません。起きれませんでした・・。

で村主ですが、技術点は高得点だったものの、プログラムコンポーネンツが思ったほど伸びず、4位でしたね。

見ていて思ったのが、音楽がちょっと合ってなかったかな?ということ。フラメンコ調の音楽で、ちょっと激しくなったところでステップが始まったんだけど、観客の手拍子がちょっとリズムをつかみづらかったみたい。音楽的には手拍子をしたいが、演技をしている村主の動きを見るとその手拍子をしたいリズムに合ってない・・。

フィギュアは観客がどれだけ沸いたかも結構大事だとどこかで聞いたことがあります。今回はちょっとどうだったのかな?村主は白鳥の湖みたいな曲で泣きそうな顔で滑るといい感じなんだけどね・・・。前にやったピンクパンサーもかわいかったけど得点出なかったしね。

さあ、面白くなってきました。スルツカヤが2位。コーエンが1位。なんとなく、コーエンは落ちると思う。スルツカヤ VS 荒川の戦いに村主がついていけるか。

スルツカヤは半端無い。ほんとに完璧な演技をする。あそこまで完璧な演技はちょっと他の人にはできないのでは?私の予想は金メダルはやはりスルツカヤ。コーエンが読めないけど、荒川がなんとか銀か銅のメダルをとれないかなぁ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-22 12:40 | スポーツ

民主党、やっちゃいましたねぇ。   

 共同通信によれば、民主党は、いわゆる“堀江メール”の信憑性の立証は困難だとの判断をしたとのこと。

信ぴょう性立証は困難 民主、口座追及に力点

 やっちゃいましたね。前原代表の責任問題になりますな。だってそれは自分も認めていたことだからね。

 やっぱね、40代後半が「若い衆」だという政治家の集団には、メールの、しかもその写しの証拠能力の知識があまりにも無かったということですな。

 メールの写しを扱うにはどうすればよいかについては、2ちゃんねらーがものすごく細かくつっこんでくれているだろうから、彼らをバカにせず、教えを請うがよかろう。

 なんていうか、一人のバカな議員にイメージが損なわれましたな。あの議員やめさせたら?問題大杉でしょ。前原代表が潔く頭を深々と下げて、奴を議員辞職させればこの問題は収束させてもいいのでは?だって、下手したら怪文書に基づいて国政調査権を振りかざし、民間人を丸裸にするところだったんだからね。

 お年を召したITにうといオジサン達が、これまでと同じ手法で攻めたのが失敗だったね。

 国会ではこれまでも「内部文書」の流出というやつで、野党が与党を攻撃した例がたくさんある。官僚の内部文書がなぜかアカ政党の手にわたり(まあ、出世競争に負けた負け犬がアカ闘争をやってるんだろうが)、「これはなんですか!」と予算委員会なんかで振りかざす・・・。政府与党は真っ青・・・。

 今回もそれを狙ったんだろうね。

 紙の世の中の時はその抽出した「内部文書」の偽造を疑う人はあまりいなかった。実際は作ろうと思えば作れるのだろうけど、テレビなどで見ている我々のほうも「へ~、役人たちはそんなことやってんだ」とわりとすんなり受け入れていたように思う。

 だが、今回は違った。紙の時代にも黒塗りはあっただろう。でも、今回は文書ではなくでファイルの真偽が問題だった。そもそも、ファイルをプリントアウトしたものには、黒塗りがあろうと無かろうと、最初から証拠能力としては不十分だった。なぜなら、メールのデータの存在を裏付けるには、その文面そのものが大事なのではないからだ。そのメールの存在を技術的に立証しなければならないのに、プリントアウトした紙を持ち出したのはお粗末だった。フラッシュメモリーでも小道具として付けとけばまだ印象はよかったかもしれない(あくまで印象だけね)。

 紙の時代と三流週刊誌的なパフォーマンス政治の融合。それはイコール劇場型政治の末期症状か。

 ブログの中には「そんなことより予算の審議をせい」とか「もっと他に審議すべき事はあるはず」といった声が聞かれる。

 政治家はどんどんレベルを落としていくが、有権者はどんどんレベルを上げているぞ。

 民主党にはITに明るい若手がいなかったのかなぁ。今流行りのオタク系が一人でもいればここまでバカなことはしなかっただろう。いても発言権ないのかな?旧自民&旧社会系の重鎮が牛耳ってるからね。

 このあとどうなるんだろ。銀行口座の情報はつかんでいると言っていたが、共同通信によれば情報提供者である「フリーライター」の信頼性をこれから検証するところらしい。そういうのは先にやっとこうな。当たり前だぞ。

 銀行講座の情報もガセネタだったらおしまいだね。

PS
 肝心の永田クン、どこいっちゃったんでしょうね?だれか午前の羽田空港で見かけなかった?もち、沖縄行き・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-21 14:38 | ニュースコラム

「言論の自由」が「言いたい放題」になっている!   

 ホリエモンの3000万送金疑惑。これは本当に疑惑なのかどうかも実はよく分からないのが今の現状のように思う。

 メールの写しが証拠として掲げられた。正直たまげた。印刷したものが証拠だって。ヘッダーやらアドレスやらを黒塗りしてあった。黒塗りそのものに驚いたのではない。メールを印刷したものに証拠能力があるのかな?偽造は誰だってできるよね、ワープロソフトがあれば。あれを証拠だとして鼻高々なのは紙の世代の哀れなおっさんの象徴。今回証拠としたブツが改変不可能なファイル(そんなもんあるかどうか知らんが・・)であればまだしも、印刷した紙ですよ!ちょっとオツム弱いんじゃないの?
 
 そもそも、このネタを提供したのがどこぞの週刊誌の記者だそうで、詳しくは週刊誌をみろという発言もあったそうな。国会議員が週刊誌をネタ元として自信満々になっている姿は、知恵が足りないというか、浅はかだというか・・。

 だってさ、受信側のメールサーバーや端末が検察に押収されているだろうから、週刊誌の記者がどんなに調査したってそのメールそのものが出てくるわけないよね?ライブドア社以外の誰かにCCかBCCで送られたメールの所有者が週刊誌にタレ込んだとでもいうのか?だとしたら、その表示をまずはしないとね。タレ込んだ人間も含まれた送信先の明示がされないと、納得はできないでしょ。もちろんそれを表示したところで証拠能力も無いと思うが。偽造できるからね。

 そのへんは詳しくないけど、プロバイダに送信記録とか残ってないのかな?そのあたりを証拠とするしか無いと思うんだけど。メールの文面を印刷したものじゃ、いくらなんでもダメでしょ。そこにホリエモンのメアドが書かれていてもね。

 さて、前原民主党代表は、自信があるなら調査権を行使して徹底的に調査すればいいのに、と発言したそうな。これもおかしな話だ。昔から野党の国会議員は週刊新潮やら週刊文春やらの週刊誌に「こんな記事が載っているがどうなんだ?」と予算委員会の場で追求姿勢を見せているが、ちょっとまてと言いたい。週刊誌が報道していることは全て真実なのか?まずは書き立てた週刊誌側に事実確認して、自分自身がその件について調査をして、それで相手を攻めるのが常識でしょ?もし私が受けて立つ立場なら「その記事が事実かどうかは、週刊誌の記者にお尋ね下さい。私が書いたわけではない。」と言ってやるね。高給取りの議員がこんなバカなことで審議時間を浪費している。この国の政治は末期症状だよ。

 加えて、風説の流布をした者には厳罰を加えなきゃいけないよ。ライブドア事件で証券取引法における「風説の流布」という罪があることを多くの国民は知ったわけだが、週刊誌の記事だって立派な風説の流布だよ。

 ありもしないことを書き立てては裁判に負けても小額の賠償金を支払って終わり。バカなおとっつぁん達は帰りの電車の暇つぶしにこんな週刊誌なんか買うから出版者側は賠償金の何倍何十倍もの利益を得ているだろう(もっとかな?)。

 裁判に負けようが関係ないのだ。信用問題とか何とか関係ないのだ。バカなサラリーマンが買ってくれるからね。言論の自由という名を借りたマスコミの言いたい放題・やりたい放題。マーケットの世界だけじゃなく、言論の世界にも「風説の流布」を厳罰に処する制度を作ろう。賠償額が会社が倒産するほど大きければ、誤った記事を平気で書き並べまい。

 こんなバカな週刊誌を、「事件のことが詳しく載るから」と購買のススメをする国会議員・・・。あなたその週刊誌の営業さんですか?

 こいつらを選んだ有権者!反省しなさい。

PS
うちのブログで何度も口をすっぱくしていってますが(あ、まじ酸っぱい)、予算委員会は予算の審議をしてください。

 スキャンダル委員会を別途設置して夜通しやんなさい(無給で)。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-20 09:55 | ニュースコラム