<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

高原怒濤の2ゴール&加地はねんざ   

●高原2ゴール!!

 高原やりました!すばらしいゴールを2つも!

 最初のゴールは俊輔→ヤナギ(だったかな?)とわたってフリーで受けたあとの力強いシュート。これまでの日本代表ならふかして終わりだったのが、ゴール上に突き刺す力強い1点。あれはキーパーはとれない。

 2点目は中田→駒野→高原とわたり、高原は一瞬ゴールとは反対に球をさばいた。あ~、逆だよ逆!と思ったら切り返して、相手に当たったもののうまく胸か腹に当たってくれて2人をかわし、角度のないところから強烈なシュート!これも決まって日本2-0!!!
正直、日本のFWのこれほど力強いゴールは久々に見た気がした。高原の充実ぶりが頼もしかった。

 ヤナギの2つの決定機は、一つはコンフェデのイタリア戦のイメージでキーパー正面、二つめはセンタリングが長くて追いついてすぐ打ったシュート。最初のはイメージ的には良かったのだろうが、1アクション入れていればキーパーをかわせたかも。次の場面は相手DFが左から飛び込んできたから、切り返せばキーパーと1対1だったのでは?得意の飛び出し&ダイレクトもいいが、ゴール前での落ち着きがほしいところ。

●あっという間に2点失う

 試合はというとセットプレーで2点失って引き分けだったのがとにかく悔しい。ディフェンスに限らず、空中戦では皆頭一つ負けていた。やっぱドイツ人デカい。
セットプレーで活路を見出すってのは日本の頼みの綱だったんじゃなかったっけ?今日は真逆の展開でしたな。

 しっかし、デカいのは仕方ないのだが、ファウルが異常に多かったような気がした。ヤナギはユニフォームをまっぷたつに破られながらイエローカードもらっちゃったし(喧嘩両成敗?)、とにかくこのドイツ人たちは手が出る。

 ひょっとしたらブンデスリーガはこのくらいが普通なのかもしれないが、それにしてもこてこてと転がされていた。一時の平山を思い出した。でかいと手が出るのかなぁ。

 初戦の豪州もデカい。こいつらも手が出るのかなぁ。やりにくいよね、正直。ファウルとってくれないし。この2失点は豪州戦にむけていい薬になってくれるといい。ドイツを完璧に抑えて油断するよりはね。きちんと修正されることを切に願う。

●消えた俊輔

 今日の試合は、前半は守りを固めて隙あらばカウンターというコンセプトだったのかな。守り重視だったからか俊輔が消えていた。CKもいいとこなかったし。あれはヒデが前に出すぎていたから俊輔が引かざるを得なかったのかな。とにかく俊輔の姿が無かった。一時4人に囲まれていたようだったから、俊輔にかなり警戒していたのは間違いないとしても、華麗に舞う姿が見たかったな。

 前半終わっての口論はこんな感じ?

宮本「ヒデ、前に出すぎ。」
ヒデ「はぁ?あの場面は攻めて当然だろ!<怒>」
宮本「前半のコンセプトからすればさ・・(冷静)」
ヒデ「○△※・・・」
中澤「まあまあ、中入ってやろうや。喉乾いたし。」

●駒野すげぇ。に引き替えアレックスは生まれ変わったのか

加地の負傷退場で駒野に出番が回ってきた。いい仕事をした。正直、加地&アレックスが両方とも下がり目という悪いパターンの出だしになっていたので、駒野が高い位置でプレーすることでチャンスが確実に増えた。クロスの精度もやはりいい。守備力もしっかりしていて安心できた。

 一方のサントスは、中澤が上がってシュートで終わらせないと危険な場面で、意図がよくわからん中途半端なクロスをあげ、全員が必死に自陣に戻る、というシーンがいくつかあった。

 クロスの精度に問題がある。Jでプレーしている時のような「生まれ変わった感」が感じられなかった。トラップが大きくてかっさらわれるシーンもあったし、サントスがいるのに、関係なく普通に敵のクロスが上がってくることもあった。ちょっとコワイね。特にブラジル戦はあれではやばいでしょ。

 加地の負傷で思いがけず駒野の能力の高さを確認することができたわけだが、加地はなんとか間に合ってほしい。足首のねんざということで折れてはいないそうなので、ここまできてリタイアはかわいそうすぎる。一方、田中誠はリタイアで茂庭が追加招集されることになったそうだ。

●ダイレクトプレーとカウンター

 日本代表の試合をずっと見続けているが、昔から言っていることがある。それは、ワンタッチのダイレクトプレー、そしてゴールに向かってのパス、最後にカウンター攻撃。このうち、ダイレクトプレーとカウンター攻撃がようやく代表の試合で見られるようになったのはうれしい。高校生相手の練習試合でこの二つを意識しているようだったので楽しみにしていたが、ドイツ戦で早くも形として見られたことはすごく満足した。

 あとは後ろにパスを出して組み立て直す、というシーンが少し見られたこと。まあ、展開的に仕方ない時は仕方ないので、今日の試合もその「仕方ない」部類に入るとは思うが、まだ、後ろに出してしまうクセが見られた。
 
 アジアのチームと違ってバリ引きではないからやりやすさもあったのだろう。攻め上がってもバリ引きであれば出しどころに困っていったん戻す、ということが多くなるのは確かだからだ。やっぱ欧州スタイルはやりやすいし、格上相手の試合は見てて面白い。

 次のマルタ戦では是非完封して守備陣の不安を一掃し、また他のFWが得点をあげて気分をよくして豪州戦に臨んでほしい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-05-31 09:31 | サッカー

スパークリングカフェ   

スパークリングカフェ

 その昔、紅茶のスパークリングが出たときに、キワ物としてコーヒーのスパークリング出たら面白いのに、と思っていた。友人にもふってみたが、「まずそ~」「味がイメージできね~」ということで、話題性としてもいまいちでした。

 しかぁし!出たんですねぇ。ホントに発売されるとは思ってなかった!

 早速飲んでみました。

 一言で感想言ってもいいスか。グルメレポーターみたいに言葉飾んなくていいスか。

 

まずい!



 以上終了です。3口くらい飲みましたが、とても飲めませんでした。

 まず口に入ってくるときに、舌先が痛い系の刺激。普通の炭酸飲料と印象が違った。

 そして味。ブラックコーヒーに炭酸が入ったのかなぁ、という印象で飲んだもんだから、あまりの違いにびっくり。

 なんていうか、全く別の飲み物にコーヒー味を付加したような感じ。そして、その全く別の飲み物というのがうまければいいのだが、駄菓子やであるようなショッキングオレンジの飲み物を連想したくらい、「この、コーヒー味を付加する前の飲み物ってのは、いったい何や?」って感じで、まずいものにコーヒー味を足したような印象。

 だから、結局

 

まずい!



 のだ。

 横竹さん、どうスかね?この飲み物。あたしゃ、「ナシ」なんですけど。ひょっとして「アリ」?
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-05-26 15:58 | 雑記(日記?)

通勤電車で頭にくること   

 通勤電車で頭にくることは、たった一駅二駅でも座る奴がいることだ。

 しかも私のとなりのつり革の奴で。私は40分揺られて終点までいくのだ。空いたからといって隣のソイツが座ったら、混んでいる電車の中のことだ、すぐに次のステークホルダーが現れる。

 私も座ったばかりのソイツの前に移動しようとは思わない。そんなソイツが二駅くらいで降りたら、もともと通路の真ん中に立っていてつり革権すら持っていなかった奴がまんまと席をゲットしてしまうのだ。これは頭にくる。“私は二駅で降りるから”オーラを出して立ち続けるべきだ。

 通勤電車で頭にくることはまだある。整列乗車をしているのに、扉が開く瞬間になってとっとと二番目の位置に移動する奴。馬鹿そうな女か厚顔なジーサンバーサンが多い。私の友人はちょうど二番目にいて、そういう輩が自分の斜め前に来て乗る気まんまんだったとき、まっすぐに列車に手をついてブロックしたと武勇伝を語ってくれた。私はそこまでできないかなぁ・・・。

 整列乗車系で言えば、並んだ順にどこのイスにめがけて進むかの不文律を確定させたい。何を言っているのかというと、一列の右の奴は、扉が開いたら向こう側の向かって右端、一列目の左の奴は、向こう側の向かって左端。これは手前でもかまわないのだが、とにかく右の奴は右に行け。たまに一列目の右の人が扉が開いて手前のイスへ、左の奴が向こう側の向かって右へいく奴がいる。ゴルァ!アホな動きするから二番目にいた俺は端をとれなかったじゃねーか!ということがある。馬鹿野郎!お前何やってんだよ左に行けよ。

 二列で並んでいる前から二番目までの4人は、扉が開いてそれぞれが散って4つの端に座る権利があるってことにしやせんかね。

 まだあるね。満員電車でバックパックを背負っている奴。アホか。お前のせいで狭いんじゃ!そういうときは思いっきりバックパックを押してやる。電車の揺れに応じてとにかく押す。つらくなって外して網棚に乗せるか足下におくまでね。

 最後に、股をガバッと開けて座ってる奴。お前の足が俺の足にかなりの面積でくっついて暑いんじゃ!もう少し閉じろってんだ。こういうときは自分が狭めてはいけない。なぜなら、それをいいことにもっと開いてきてソイツだけ快適になっているからだ。こういうときは揺れに応じて圧力をかける。いい加減ソイツも気づいて遠慮がちに開くだろう。

 あまりやりすぎると刺殺事件の被害者になるから、朝の通勤電車で怒りっぽくならないようにしなければいけない。最近はどこにイタい奴が潜んでいるかわからないからコワイ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-05-25 17:43 | 雑記(日記?)

毎朝が決戦!   

 毎朝の通勤電車でいかに座るか。毎朝が決戦である。

 私は電車を乗り継いで約一時間の通勤時間だが、最初の電車の乗車時間は約40分。途中駅からガシガシ乗ってくるから、座る機会を逸すると超満員状態になってしまうのだ。

 まずは並ぶ位置。途中駅で他社線と接続している駅が2カ所。その接続駅で結構降りることから、その駅の階段付近がねらい目。

 そして乗る時間。この時間は途中駅から始発電車が出ているので、それに乗ってしまうと、始発で席をゲットし熟睡しているハゲ頭を40分立ち見するハメになる。これは避けたい。ねらいはやはり、この路線の始発駅から乗ってきて、途中の接続駅で降りる客だ!

 加えて並ぶ順番。3人目が限界。これ以上だとつり革が埋まってしまうのだ。つり革が埋まると、席が空いたときに座る権利を確保できない。空いた席の目の前の人がその権利を握っているのだ!

 引っ越してきてこの電車を乗るようになった最初のうちはさすがにわからず、どいつの前に立てばいいのかさっぱりだった。だいぶ慣れてきたころは降りる人の雰囲気がわかってきたが、残念ながら自分の立っている目の前だけ空かず、その両サイドが空いたという悲劇も味わった。今はだいぶかぎ分けられるようになり、確率も上がった。そしてさすがに、終点まで立たない奴の顔も覚えた。

 通勤電車のサラリーマンは大変なのだ。

 ちょっと前まで二人の強敵がいた。一人はメガネをかけた背の高いオジサンで、大きな書類鞄をもっている奴だ。こいつはいつも先頭に並んでいて、ほぼ座っているという強敵だ。こいつは並ぶ順番で既に勝利の1/3くらいを手にしている。

 そしてもう一人は太ったオバハンだ。こいつは強かった。私が並んでいるとなりの扉にそいつがいたときのことだ。

 電車が滑り込んできたときに、ラッキーなことに席が一つ空いているのが分かった。当然ロックオンだ。しかし、降りる人がいて私は出遅れた。電車に一歩踏み込んだ瞬間に、むこうの扉から肉弾がばく進してくるのが見えた。不覚にも私の二歩目が鈍った。朝からオバハンと肉弾戦を繰り広げる気力はない。

 空いていたのは真ん中あたりだったがコチラの扉の方が若干近かった。オバハンの肉弾よりも若干狭いと思われる隙間に、手際よく自分の体を押し込むその姿を見て、「俺はコイツより強くならなくてもいい」と思った。

 最近この二人の強敵を目にしない・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-05-25 17:41 | 雑記(日記?)

NHKのW杯テーマソングの謎   

 なぜあの曲なんだ?ファンには申し訳ないが、イケてない。ゆるすぎる。拍子抜けする感じ。最初素人かと思った。

 NHKの最近の五輪テーマソング選びはうまかった。

 ソルトレイク五輪でのMISIA、アテネ五輪でのゆず、トリノ五輪での平原綾香と、さびの部分を特集番組のオープニングからイメージ映像と共に流す。非常に印象的な作りで、民放各局の使い方とは雲泥(民放はキャスターがしゃべるのと同時なため、BGMになってしまい誰が歌っているのかよく分からない)。

 そういえば2002W杯の曲ってなんだっけ?印象薄っ!調べたらポルノだってことがわかった。そういえばそうだったな。あれはアップテンポな曲だったからまだ良かったな。

 NHKさんよ。W杯の曲の選考はちょっとうまくないんじゃないかなぁ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-05-24 14:43 | サッカー

日本の決勝T進出は?   

 日本代表はいよいよドイツへ出発。ドイツで調整試合を2試合行ってついに本番だ。がんばってほしい。とにかく初戦は勝ってほしい。応援にも力が入るのだ。

 日本は決勝Tへ進めるか。


 それを占うためには王者ブラジルの成績が重要だ。順当に3戦全勝だった場合、当然残る3チームで2位通過争いとなるわけだが、日本が豪州に勝ち(すると豪州は2敗だからアウト)、クロアチアが豪州に勝つと、日本対クロアチアが鍵を握ることになる。この一戦で引き分けなら得失点差。

 時系列で並べ直すと、日本VS豪州で日本がまず勝利を収めること。できれば2点差くらいほしいところ。そしてクロアチア戦でからくも引き分けだった場合、ブラジルとの戦いでは負けても最少失点で切り抜けねばならない。

 もし、スロースターターのブラジルが初戦のクロアチアと引き分けなら、1試合終わって日・伯・ク・豪は「3点・1点・1点・0点」となる。

 2試合目でブラジルが勝って勝ち点4。日本が引き分けなら勝ち点4。2試合終わって「4点・4点・2点・0点」。

 最後の試合で日本がブラジルに負け、クロアチアが豪州に勝てば「4点・7点・5点・0点」となる。

 クロアチアが初戦のブラジル戦をどう戦うかにかかっている。水曜日の早朝4時かぁ。後半ぐらいは見なきゃだなぁ・・。

 クロアチアがブラジルに負けたら、日本はクロアチア戦で勝てば決まりか。クロアチアがブラジルに勝ったら、日本はほぼダメか・・。だって、ブラジルが目覚めちゃうからね。残りの豪・日に全力できて勝点6。クロアチアは日本と引き分けても最後豪州に勝って7点のトップ通過・・。
なんだかんだと注目すべきはクロアチアだね。


 いや~、どうなることやら。とにかく初戦の豪州戦はできるだけ点差をつけて勝っておかなきゃ、道は険しくなるってことやね。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-05-24 14:42 | サッカー

ついに発表! ドラゴン落選   

GK 川口 楢崎 土肥
DF 宮本 中澤 加地 サントス 坪井 駒野 田中
MF 中田(英) 中村 小笠原 稲本 福西 小野 遠藤 

ここまでビンゴ!

で、MFは松井ではなくてナカタコでした。ナカタコは私の中では過去の人になってたんだけどなぁ・・・。

FWは 柳沢 高原 大黒 玉田 巻

ということで、私の予想どおり、ポストプレーヤーで巻を入れてきた!と思ったら、想定外の久保落選!!!

久保とっといてナカタコいらなかったんじゃ・・・(ファンのみなさんスマソ)。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-05-15 14:34 | サッカー

運命の代表発表は今日ですよ!   

私の勝手な予想。

GK(3) 川口 楢崎 土肥
DF(7) 宮本 中澤 加地 サントス 坪井 駒野 田中
MF(8) 中田(英)中村 小笠原 稲本 福西 小野 遠藤 松井
FW(5) 久保 柳沢 高原 大黒 玉田

 GKは不動の3人。正キーパーは川口でしょうね。

 DFはセンターに中澤・宮本の二人が核で、両サイドに加地とサントス(4バックね!)。坪井はセンターでもサイドでもいけるし、駒野はサイドの控えかな。3バック要員としては田中誠。

 MFはヒデ、中村、小笠原は決まりでしょう。ヒデがボランチの時は自動的に中村・小笠原が前。そしてボランチのもう一枚は小野、稲本、福西。多分ここまでの6人が決定済み。あとは本山、遠藤、松井、阿部、長谷部のうち一人か、あるいは二人が選出されるか。流れを変える本山、松井、FKの阿部、切れ込み鋭いドリブルの長谷部か。代表の貢献度という意味では松井、阿部、長谷部はちょっとキャップ不足かな。一人の場合は本山、二人の場合はプラス松井かなぁ・・・?

 FWは高原、久保、柳沢が決まり。あとは大黒、玉田のスピードスターか。久保が腰痛で出場できないとポストプレーヤーがいなくなる。高原もはっきりとしたポストプレーヤーではないから、巻が入ってくる可能性がある。ヤナギがコンディション間に合わないとすれば大黒か玉田。ん~、FW6人選ぶかなぁ?そうだとしたらMFは7人だね。

 今日の2時に発表とか。楽しみ楽しみ。

PS
代表選考TOTOやればよかったのに。買ったのになぁ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-05-15 11:48 | サッカー

大型テレビ   

 我が家に大型テレビがやってきた。

 といっても今流行りの液晶テレビでもないし地デジ対応でもない。

 GWに実家の富山に帰ったときに、父が液晶50インチに買い換えた時に不要になった、36インチのブラウン管テレビだ。

 車で持って帰るのどうしようかなぁ、と思ったのだが、今我が家で使っているのがなんと14インチのブラウン管テレビ。結婚当初は私が独身時代に使っていた21インチテレビだったのだが、新居に越してすぐに壊れてしまい、人からもらった14インチ。リモコンもなくピンケーブルの端子も赤白黄の3色ではなく2色。父がいらないのなら、持って帰るかと思い持ってきた。

 もともとあまりテレビを見ない我が家ではあるが、DVDプレイヤーを買ってからは洋画を中心に映画を見るようになった。さすがに14インチでは迫力も何もない。藤沢にいるときは塩害でやられるからとデジタル家電は一つも買わなかった。ここに越してからは地デジが普及する時が買いのタイミングと14インチで耐えてきた。思いがけず手に入った。

 我が家の6畳間に設置したらこれがばかでかい。実家の22畳の部屋にあったときはこんなにばかでかいとは思わなかった(当たり前)。これまでテレビ台として使っていた台をまるまる一つ分前に出し、外からの光は1/4無くなってしまうデカさ。

 これでW杯が楽しみになった。もちろん、DVDも楽しみ。

 しかし、94年製なので、あっという間に壊れてしまったらどうしようという怖さが。あっという間の粗大ゴミにならないよう・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-05-08 11:00 | 雑記(日記?)