<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

SONY SR8買ったはいいが、保存と再生をどうしよう?という人へ    

 SR8を買って子どものビデオを撮っていますが、まだ本体のHDD容量を使い切るほどではありません。子どもが動き出したらもっと撮るんでしょうがね。

 さて、以前から気にしていたデータの保存・再生方法ですが、ようやく一つの答えが出ました。
 
 先日REGZA Z3500を買った話をしました。ハイビジョンテレビを買うとDVDを再生したときにその画質に愕然とするわけですが、ということは、SR-8で撮った映像をDVDにダウンコンバートすることはもはや選択肢としては完全に無くなったわけです。わざわざ画質を落としてハイビジョンテレビに映し出すことに意味はないわけで。

 まあ、もともとDVD化するつもりはなかったんですけど。
 
 私の選択は、PCのHDDに編集をせずにとにかく撮りためて、技術の進化を待つ、ということでした。HDDを常時接続せず、リムーバル化することで長持ちさせようとラトックのリムーバブルケースを装着したわけです。まあ保存はそれでいいとしても、残っていた課題は、SR8本体のHDDがいっぱいになったとき、PCのHDDに保存して本体のデータを消しちゃうことになるわけですが、PCのHDDのデータを気軽にリビングで見ることができない、ということでした。幸いまだいっぱいにはなっていないので後でなんとかなるだろうと、その辺までは考えていなかったのですがね。
 
 既に記事にしたとおり、テレビを新調した時に全く別の問題が持ち上がりました。それは、圧縮してDVDにバックアップをとった映画が、プログレッシブ再生であってもかなりひどい画質でしか再生できなくなってしまったこと。圧縮せずにダブルレイヤーのDVDに焼くよりも(ドライブの新調+メディアの購入がネック)HDDに保存して、HDDから再生できたらいいのになと誰でも考えますよね。

 そして、もう一つ。REGZAの外付けHDDで録画できる機能が気に入って購入したのですが、たまたま昔買った250GBのHDDが認証済み機器なのでつないでますが、これでは容量が少なく、将来のことも考えてLAN接続で8台まで拡張できるHDDの購入を検討。探しているうちに、AVCHDもHDDから再生してテレビに映れば何の問題もないなと思い、これら3つの問題を解決する製品が出ないかなぁと思ってました。
 
 「REGZA」といえば「I・O」みたいなイメージが既にできあがっている中で、動作確認済みの機器としては「BUFFALO」もあるんですね。そこで見つけました。BUFFALO LS-500GL ギガビット LAN接続HDD LinkStationと、


AVCHDの再生に対応したバッファロー LinkTheater LT-H90WN


正月特番を乗り切るためにLS-GL500の購入が喫緊なわけで、優先順位が上。LAN接続HDDであればI・Oデータも出しているんですけど、I・OのリンクプレーヤーはAVCHDの再生ができるのかよくわからず、将来的にはリンクプレーヤーの購入に踏み切るだろうからBUFFALOでいくことに決定。
 
 これで、録画をLAN接続HDDに。容量は必要に応じてHDD増設で拡張。PCに保存したSR8の映像や映画などはLink Theaterで再生。AVCHDの再生環境は、思ったよりも早く解決がつきましたな。
[PR]

by cogno_eb2 | 2007-12-27 23:35 | 雑記(日記?)

今度はプリンター キヤノン PIXUS iP4500   

 我が家のプリンターは、かれこれ7-8年前のキャノンBJ F870。もはや化石。

 数年前に写真印刷が綺麗でなくなり、白黒の文書も罫線や文字がガタガタ。ここ数年は普通紙に印刷する時のみに使ってました。たぶん、純正以外の詰め替えインクが原因で綺麗じゃなくなったか、あるいはヘッドの耐用年数がすぎたかどちらか。

 まあ、デジカメで撮った写真はオンライン写真店のDPONE.NETに出せば1枚当たり10円もしないし(大量注文を二回に分けて注文するのがお得。ポイントバックで2回目が安い。)、家庭でカラー印刷を頻繁にすることもないし、まあいいかと思ってました。

 ところが、子どもが生まれてから状況が微妙に変化。いろいろ理由がありますが、買うことにしました。

 今主流のプリンターはスキャナやコピーがついた複合機なんですね。ん~、スキャナはいらないなぁ。実はキャノンのCanoscan9900Fを持っていて、最初の頃はフィルムスキャンをやってましたが、あまり使わなくなりました。当時のハイエンド機で解像度も3200×6400dpi。フィルムスキャンはフィルム4本同時スキャニング可能とすごい機能でした。

でも、技術の進化と価格破壊はすさまじいもので、今の主流の複合機は4800dpiなんですね。すげ~。

 EPSONのPM-A840かキャノンのMP610にしようか。まてよ。プリンターの寿命って結構短いから、スキャナーをそんなに使わないうちに寿命が来てももったいない。フィルムスキャンをするならこれらのミドルクラスではなくハイエンド機になるんだが、そうすると3万くらいかかる。ん~、ここはスキャナーのない機種の選択もアリだな、と思い直し、印刷で9600dpiを実現していてインクのコストパフォーマンスにも軍配のあがるキヤノン PIXUS iP4500に決まりました。

kakaku.comで最安値12,240円をたたき出していたAmazon(←珍しい)なら送料も無料だし。

ということで、またまた買うことにしました。

それにしても安いですよね。BJ F870なんて3万くらいしたんじゃなかったかなぁ。まあ、かなりの年数使ったからいいか。
[PR]

by cogno_eb2 | 2007-12-19 21:15 | 雑記(日記?)

REGZA 37Z3500がついにキター!   

 きましたよ。ついにきましたよ。液晶テレビが我が家にきましたよ。

 ご臨終になった三菱製36型ブラウン管ワイドテレビ
a0009333_21174686.gif

が無用の長物になって約半月。待ちに待ったおNEWのテレビがいらっしゃいましたよ!

 設置してまず思ったのが、場所をとらずにすっきり。ブラウン管テレビ用に奥行きを作るため、テレビ台を前に出して設置していたのが、こんなにもすっきり。圧迫感が無くなりましたね。
a0009333_2118893.gif


 REGZA 37Z3500はオールインワン、なんでもいりのテレビなので、チューナー内蔵。今までテレビに差していたアンテナ線をそのままつなぐだけ。簡単すぎます。さっそく地デジを鑑賞。

 ん~、当たり前だけどこれまでと全然違う。キャスターの肌の感じまでくっきりで、ヨメ曰く「ここまで映るとコワいね」って、あなたが映るわけじゃありませんから~(以下略←あ、この人見かけなくなったね・・・)

 しばらく見ていると目が痛くなってきたので、明るさの設定を「鮮やか」から標準にしました。出荷時には「鮮やか」になっているんですね。部屋で見るには鮮やかすぎです・・・。

 さて、地デジが来てからとにかく変わったのは、画質はもちろんチャンネルの選択肢が広がったこと。そして、そのたくさんの選択肢も、新聞のようなレイアウトの番組表で簡単に番組チェック。キーワード検索もあるなんてすごい便利。

 そして、次はなんといってもUSB外付けハードディスクでの録画だ。このためにREGZA 37Z3500を買ったのだから、つながないと。PCにつなげていたIOデータの250Gに入っていたデータを待避し、テレビにぶっ差してみる。機器接続のメニューで設定して、テレビ側で初期化して、スタンバイOK。番組表で選択して録画登録。これは後日談だが、きっちり、綺麗に録画できてました!

 HDDに関してはちょっとだけ不安が。それは、TVがOFFのときは電源が落ちているみたいだが、PCとの接続と違ってTVは電源のONとOFFが頻繁。そのたびにHDDも連動して電源がON・OFFするのでは、HDDの耐久性に不安を感じます。

 それはそうと、価格.comの口コミ情報で、「USB接続HDDでは地アナは録画できない」というマイナス面を書いてた人がいたが、地デジ見ちゃうとわざわざ地アナで見る気なんて絶対に起きないですね。つまりは、「地アナは録画できません」というのはマイナス面にはならない、ということですな。地アナ限定の番組、というのがあれば別ですが。

 ということで、地デジ生活がスタートして我が家に軽く革命が起こったわけですが、一つ困ったことが。2年半前にDVDプレーヤーを買って楽しんでいたのですが、TVを新しくしたら、画像がとても見られたもんじゃない状態になってしまいました。D端子で出力し、TVのD4映像というところにつないでいるんですが、プレーヤーの「プログレッシブ出力」のやり方がわからなかったので、そのまま映しました。さすがにフルハイビジョンテレビ相手ではダメですね。PS3でも買いますかねぇ。あまりゲームはやらないんですが。SR-8のAVCHD映像をDVD化して再生するにはPS3ですもんねぇ。とりあえずはDVDプレーヤーの取説引っ張り出して、「プログレッシブ出力」をやってみます。耐えられるといいのですが。

 ブラウン管テレビの時代には、「やっぱDVDは綺麗だよね」って言ってたのに、一気に「DVDは見らんないね」になってしまったのは驚き。まあ、それはそのはずで、DVDが綺麗なのはVHSに比べて、ということで、あくまでブラウン管テレビという土俵上の比較論。テレビはフルハイビジョンですから1920×1080。DVDは720×480だったかな?もともとの信号が情報量として少ないわけですから、これを拡大すると綺麗に見えないのはあたりまえか。ちょうど、ネットで落としてきた小さいjpg画像をビヨーンって拡大したら見られたもんじゃなくなるのと同じかな。

 なるほど、次世代DVDがどうって騒いでるわけだ。しかもうちのDVDはshrinkで圧縮しちゃってるっての。さらに、AVCHD陣営のビデオカメラと、HDDVD陣営のテレビを買っちまったっつーの。

 どーしよっかなー。やっぱPS3でも買いますかねー。AVCHD映るしねー。

 家電一つ買うのも難しい時代に突入ですな。選択を間違えると大いなる無駄使いになっちゃう気がしてコワいです。

 でもまあ、赤ちゃんとずーっと一緒に家ですごすお正月に力強い味方。チャンネル有りすぎでうれしいな。二画面にもなるしね。録画も簡単だし。同じ時間帯の番組を複数同時録画できないらしいのは痛いけどね。

てなわけで、実質20万の現金が飛んだわけですが、大いに満足です。
[PR]

by cogno_eb2 | 2007-12-04 21:17 | 雑記(日記?)

レギュラー   

 昨日、電車で帰るときに、駅の売店の夕刊紙の見出しに「大麻 レギュラーも」とだけ書いてありました。

 何も知らない私は、「へー。レギュラーも大麻持ってたんだぁ。クスリ系は芸能界で流行ってんだなー。レギュラーのどっちだろ?でかい方かな?白目むいてたもんな・・。(←あるある探検隊を呼ぶときね)」とここまでの誤った連想ゲームはすごい早さでたどり着きました。

 まったぁく間違った連想ゲームでした。レギュラーってそのレギュラーじゃないのね。関東学院の話だったのね。今朝の朝刊で知りました。

 しっかし、レギュラーのお二人には大変申し訳ない大いなる勘違いでしたね。スマソ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2007-12-04 21:15 | 雑記(日記?)

コミックGUMBOの林家木久扇物語   

 通勤で使っている駅で、毎週火曜日に無料のコミック雑誌が配られている。その名も『コミックGUMBO』。ヤンジャンとか大手の雑誌ほどの厚さはないが、無料にしてはなかなかすごいボリュームで驚く。

 無料で配ることで多くの人に読んでもらい、単行本の売り上げにつなげる、という戦略だろう。なるほど、考えたな、という感じだ。私自身、漫画雑誌は買ったことがなく、こち亀の立ち読みと、運良くヒモかけしてなかったらガンダムTHE ORIGINの立ち読みがせいぜい。あ、藤枝梅安と鬼平も。そしてこの中で単行本を買っているのはガンダムだけ。

 そんな私だが、毎週火曜になると、黄色のベストを着たGUMBOの人を探す。やっぱ無料の力はすごいですね・・。

 GUMBOの中で最も楽しみにしているのは、木久蔵改め木久扇師匠の半生記である『昭和バカ囃子』だ。ほのぼのとした物語で作画も気に入っている。ついに単行本1巻2巻をまとめて買ってしまったほどだ。

 そして次に好きなのは『地獄でキュー』だ(笑)。登場人物の赤鬼と青鬼が関西弁で、つまり吹き出しの中が関西弁の漫画が結構新鮮で、まぁ、内容は基本下ネタなのだが、ついつい見てしまう。画も丸っこくていい。次に買う候補かな(笑)

 その次は四コマ漫画の『悪キューレ』。これはでもちょっと買わないかも。なにげに関心しているのが巻末にある

 一転して、『朧』と地球外生物が出てくる野球漫画(タイトル覚えてない・・)は読まない。時間があればめくるかな。

a0009333_17374076.gif

昭和バカ囃子

a0009333_17374950.gif

[PR]

by cogno_eb2 | 2007-12-02 17:38 | 雑記(日記?)