<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

道路特定財源の流用   

先日、道路特定財源が、その名のような、道路建設に特定した支出がされていなかった事実が明らかになった。ソフトボールの道具やマッサージチェアなどかわいいもので、次にあげる数字を見ると誰しもが驚くだろう。

職員宿舎の建設(05年~07年の三年間) 約74億8千万
国の役人の人件費(毎年) 約700億
工事車両でない乗用自動車の所有台数 922台(04年時点:仮に1台平均200万とすれば、総額18億4400万)
そのうち03年度に購入された台数144台(同2億8800万)

ちなみに、ソフトボールの道具などの支出は、06年に597万、07年に425万、職員の健康診断の費用は毎年約4300万使われている。

こうした事実をみていくと、だれもが、以前社会保険庁がゴルフ練習場やらなにやら、年金の資源を流用していたことを思い出すだろう。どうやら構造はまったく同じらしい。

なぜ流用できるのか。「ガソリン税の値下げ」VS「道路建設の続行」という単純な争点でこの問題を考えるのではなく、まずは、道路特別会計という金庫から、国の役人が勝手にカネを持ち出して流用できないようなシステムに変更することが、なによりも早く手をつけるべきではないだろうか。

この流用システムは、実は、「道路整備特別会計法(昭和三十三年法律第三十五号)」の第三条第二項第一号にあるたったの一文によって可能になっているのだ。

2 この会計においては、次に掲げる費用及び附属諸費をもつてその歳出とする。
一 道路整備事業に要する費用、附帯工事に要する費用及び受託工事に要する費用(これらの事業及び工事のうち国が北海道又は沖縄県で行うものに係る職員の給与に要する費用その他の工事事務費その他第五条第一項の規定による一般会計への繰入金に相当する費用を除く。)

おそろしいことである。この「道路整備事業に要する費用」というわずか12文字によって、1000億単位のカネが流用されているのだ(道路建設のための費用と思っていたので、職員給与や宿舎もあえて流用と呼ぶ)。

遊興費や黒塗りの乗用車、宿舎建設など、直接的に道路工事に関係ない費用に対し、扇国土交通大臣は、「道路整備事業に含まれる費用と考える」と答弁している(答弁書04.12.10)。
もはやあきれ果てる。法律の12文字の解釈を、役人が勝手に行って、大臣が法律に則った問題のない支出だと擁護しているのである。

この法律は議員立法で改正できないのか。役人に厳格な運用を期待するのはもはや無理だ。法を変え、厳格な監査体制を引けるようにしなければならない。我々の手の届かないところで湯水のようにカネが使われる状態をまずは正さなければならない。

改正に着手できる政治家はいるのか。庶民感情からすれば、まずはこの改正だ。政治家に、庶民の代表はいるのだろうか。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-02-26 19:58 | ニュースコラム

なぜゴールに背を向けてボールを受けるのか   

東アジア選手権の対北朝鮮戦。目立ったのは北朝鮮の早さと体躯の強さ。

日本は細かなパス回しが「らしさ」であるといつの間にか認識されるようになったみたいだが、ゴールに背を向けてボールをもらい、いったん後ろ、もしくは横にはたいて、はたいたヤツがようやく前を向く、というプレーには、北朝鮮戦で無効であることがわかったはずだ。はたくときに、背後に敵が迫ってきているし、その次にどこにはたくのか完全に読まれているし、案の定、敵はそのポイントで取りにきていた。そして何度も奪われた。

「なにやってんだか!」と何度声を上げたことか。

この寄せの早さとボール奪取の強さについては、あきらかに差があった。北朝鮮ですらこうだから、ランキング上位の欧州のチームが相手だと、もっとひどいことになっていただろう。

日本が1点しかとれなかったのは、かなり課題に残る。なぜなら、相手キーパーは、ゴール前の高いボールには必ず飛び出してパンチングで逃げる、というパターンだったから、前田が得点したシーンのように、早い段階からクロスをあげて空中戦、という攻めを徹底してほしかった。少なくとも私には、前半からこのキーパーの粗い飛び出しが気になっていた。もちろん、選手にもスタッフにもわかっていたはず。もっと点がとれてもおかしくなかったのではないか。

W杯を目指すなら、常に選手が前を向いた状態でのパス交換を意識してほしい。MFとFW2人の計3人ほどでするするっとゴール前までいける練習をしたらどうか。前から言っているように、少ない人数で速攻をしかける練習に時間をかけたらどうか。ボランチ以下の負担も少なくなるはずだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-02-18 23:08 | サッカー

三国志との出会い   

習慣ヤローさんが三国志ネタを書いているので、TBします。

私が三国志と出会ったのは、小学校の頃で、NHKで放送された人形劇でした。毎回欠かさずに見ている私に、母が横山光輝のコミックを買ってくれました。当時はまだ31巻くらいまで発売されていたと記憶します。その後は自分で60巻まで買いました。

中学のころにPC88を買ってもらって、コーエーのゲームをよくやってましたね。親からは何度も「ゲームばかりやって」と叱られました。

高校に入って、羅漢中の『三国志演義』を買ってきて、一気に読みました。このころ、三国志といってもそれは日本では「演義」を指し、陳寿の三国志正史(魏志・呉志・蜀志)を小説化したものだと知り、いつか読んでみたいと思ってました。

大学に入って神田の古書店街に行ったとき、中国書専門店も覗いて探したものです。結局、専門の社会学の書籍ばかり買ってましたが(笑)

そのころ買った陳舜臣の『諸葛孔明』は深く印象に残りました。それは、孔明が住んでいた荊州の事情がかなりリアルに書かれていたからです。簡単にいうと、荊州の太守であった劉表は、一国の戦国大名、というよりは、荊州一体の官吏のようなポジションで、軍隊を編成するにも、領土を持った各郡から拠出させないといけないということ。これは、昨年の大河ドラマ「風林火山」でいうと、甲斐守護の武田氏は、朝廷から守護職に任じられているけど、その戦力は小山田や飯富といった有力武将の集合体であり、彼らが離反すると戦えないということに似ている。ちょうど信濃守護の小笠原氏が、守護の権威が失墜し、高遠氏や村上氏が言うことを聞かずに敗走した事情に似ている。

それから、後漢の体制が崩れ、荊州太守といっても南陽が曹操の勢力圏にあったことは、「勢力の強いものが任命した吏員による統治」という特殊な事情があったことが『諸葛孔明』で明かされ、納得しましたね。孔明の兄の瑾が任命書をもって赴任しても、違う勢力からの任命書を持った者と戦争になる、というくだりが描かれています。

さて、三国志演義は劉備中心、蜀中心なので、日本人の心を打つのでしょうが、やはり本当は曹操の物語なんでしょうね。なぜ、あれだけの人材が集まってきたのか。人材の勝利だと思います。

よく、劉備は親分肌で人が集まってきた、という人物評を耳にしますが、蜀の国は圧倒的な人材不足。もちろん、地形的要因もあるのでしょうが、それにしても、揚子江を天然の要害として江東に引きこもったような形の呉の国よりも人材が不足しています。荊州を切り取り、その後益州を治めた時に、荊州を治める武将が関羽しかいなかったというのも人材不足を物語っています。益州攻めの際に、「あれだけの戦力を分けたのに躓いたか」と孔明が嘆いたかどうかわかりませんが、副軍師ホウ統が戦死し全くの手詰まりになって孔明ご出馬。この戦いで最初の戦力で益州をとれていれば、後に荊州を失わずに済んだのになぁ、と思ってしまいます。劉備が白帝城に逃げ込むきっかけになったのも、劉備の用兵術の誤りからだったことを思えば、人を使う力に疑問を持ってしまいます。

さらに、劉備の息子の大馬鹿さ加減を見ていると、人を育てるということについても大いに疑問が湧きますね。それに比べて曹操の息子の曹丕は11歳から従軍するなど文武両道。詩歌に秀でた曹植もおり、後継を立派に育てている点ではやはりなかなかの人物だと思います(もちろん、直に薫陶したとは思われないことも事実ですが)。

ある人の言葉に「後継を育てられない組織、家庭は滅ぶ」とありますが、本当にそのとおりですね。私もパパになったので、後継を育てる立派なオトナにならなきゃ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-02-05 21:09 | 雑記(日記?)