<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

都議選は衆院選の前哨戦、で良いのか   

 都議選は衆院選の前哨戦と報道されている。本当にそういう気持ちで投票に行っていいのだろうか・・。

 地方議会は国政と明らかに異なる。そんなことは当たり前だ。東京都政6兆円予算をどう使うかが最大のお題であって、政権選択選挙ではない。支持率のバロメーターにしたい政党の思惑はわかるが、政策課題そのものが国政と異なることを有権者は自覚しなければならない。

 新銀行東京のずさんな経営問題をどうするのか。土壌汚染地へ築地市場を本当に移転して大丈夫なのか。東京オリンピックの招致は必要なのか。

 それらの目の前の課題に加え、ちょいと中長期の視点で考えれば、都市の高齢化への対応はどのようにすべきか。これには二つあって、都市住民の高齢化による社会保障費の伸びにいかに対応するか。そして、都市のインフラの高齢化とでも言えばよいか、老朽化したインフラの再整備の費用の増大である。例えば、下水道をいち早く整備したエリアは、いち早く下水管の再敷設が必要となるのだ。古い首都高速の耐震補強などもそうだ。大都市部には大都市部特有の課題があるのだ。

 さて、改めて言うまでもないが、地方議会には与党も野党もない。「知事与党」という言葉があるが、それは単に知事に近いか遠いかのスタンスの違いであって、国政の議院内閣制と異なり、知事も議員も公選の二元代表制であるから、「与党」は存在しないのだ。つまり、国政の与野党そのままの見方で地方議会を見ることはできない。地域政党もあるしね。
 
 にもかかわらず、街頭演説などで国政の話しかしない候補者がいるなど、国政選挙とダブらせて投票をさせようとするのは、自らの職務を最初から放棄しているとしか言いようがない。もし、都議選で国政の課題を批判的に展開するような者を見かけたら、そいつには注意しなければならない。地方議会は腰掛けで、国政進出の野望がギラギラしているか、有権者の目をくらませてとにかく勝てればいいとしか考えていないかだ。東京の課題とその対処法をしっかりと語る者にまずは限定して(そういう「ふるい」をかけて)、その上で政策の比較をするべきだ(地方戦で一生懸命消費税反対を訴えるようなバカ党は論外)。

 有権者が愚かになると、有権者の下僕であるべき連中が特権階級化してしまう。私たちは一枚の紙を銀色の箱に入れるしかないのだから、賢明にならないと馬鹿を見る。

東京の課題について公開討論会があったらしい。↓こういうの大事。
早稲田大学での公開討論会のニュース(産経新聞)
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-26 08:17 | ニュースコラム

民主党の財源案   

民主「20兆円捻出」公約、無駄削減で9兆・埋蔵金も活用

 読売新聞によれば、民主党が唱える20兆円捻出の公約の中身が明らかになったようだ。

 まず気になるのが、「官舎や株式の売却」で0.7兆円となっているが、これは、売却した年度においては確かに歳入(収入)増になるが、売却してしまったら終わりで、恒久的な収入ではない。公約は4年間の改革ということだから、4年かけて順々に売却していくということか。売ってしまえば次はない。次の4年間は0.7兆円のアテが無くなるから、最初の4年間の時限的な政策での歳出(支出)科目に限定されるということだ。

 さらに、気になるのが、「租税特別措置の見直し」で4.2兆円の歳入増となっているところだ。消費税は上げないとしているが、租税特別措置を無くして4.2兆円ということは、今、減税措置により恩恵を受けているどの税目が標準税率に戻るのだろうか。つまり、増税となるのだろうか。一方で、原油高の際、ガソリン税の暫定税率に異を唱えていたのだから、当然、ガソリン税は標準税率に戻るんだよね?とすると、ガソリン税減税というわけだ。国としては収入は減るよね。中身が分からないと議論すらできませんな。「租税特別措置の見直し」ってさらっと言っているけど、見直しの中身は増税もあれば減税もある。消費税は据え置き。さぁて。どういう皮算用をしているのかな?

 なんて考えていたら、ガソリン暫定税率廃止先送りだって。

<民主>ガソリン暫定税率、廃止先送り 環境税と並行に議論(毎日)

 なぁ~んだ。日本中がガソリン狂想曲だった時に廃止って言ってなかったっけ?ブレてるなあ。

 いよいよ公約の中身の情報が出てきましたなぁ。政権交代の可能性が本当に高いのなら、風や雰囲気で投票はできまい。中身をしっかり見ていかないとね!うちのブログでは中身を見ていきますよ~!

追記
年金先送りだって(ボソッ)

なぁーんだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-26 08:16 | マニフェスト

党首討論は理想論対現実論   

 友愛が旗印の鳩山民主党は、現在の霞ヶ関には無駄という名の埋蔵金が10兆円もあるという。

 例として出した「アニメの殿堂」は確かに無駄だが、これを計上して約200億円。あとの9兆9800億円の明細を掲げて国民の審判を仰ぐ必要があるのではないか?その明細を掲げずして10兆円あるから消費税は上げない、というのだから、「政権を取ってみたら無駄ではなかったので消費税をUPします。でも上げ幅は前政権よりも少なくします」、とかなんとか言いだしたら、前原ではないが「埋蔵金詐欺」だ。

 もしかしたら、「日本の防衛は、有事に間に合わないところまで遠く離れたところに撤退した第七艦隊で充分」というスーパーユートピア防衛構想を掲げている民主党だから、自衛隊そのものも「無駄」リストに入っているかも知れない。それならそうと「自衛隊は廃止する」と、社民・共産が是非連立組ませてくれと喜ぶ公約をしたらいかがか。

 無駄を省くのは言うまでもないこと。それについてはどの党であろうがやってもらわなければならぬこと。以前から指摘しているように、無駄を無駄と思わずに予算計上し執行しているシステムを駆逐しなければ夢物語。

 モノによっては議員立法でできるはず。議員立法でできるなら野党の立場でも、これまでも、できたはず。無駄の撤廃をマニフェストに掲げたのがいつなのか詳しく知らぬが、それから何回国会が開かれた?その間に無駄を止めるための改正案を国会に提出したのか?してないでしょ?政権取るまでは無駄の垂れ流しでも構わないと思っているのか?一つ例をあげれば、年金財源のマッサージチェア流用ができなくなる法改正はしたのか?なぜやらない?政権取らなくてもできるのにやらず、取らないとできないと言うつもりかい?

 もうちょっと現実的になってね。友愛党さん。マニフェストっていうのは、本来はそういうものだと思うよ。「この法律のここを変えれば官僚たちは無駄ができなくなるから、ここをいつまでに改正します」というレベルのマニフェストが出てきたら信用してあげるよ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-18 21:25 | ニュースコラム

悪夢再び・・豪州戦   

 負けちゃったのは実際悔しいけど、なんていうか、いい試合が見られたな、というのが最初の感想ですね。(勝ったら喜び倍増だったんだろーなー)

 この試合で「世界4強なんて無理だ」とかなんとか、岡田監督批判が出るのはナンセンス。主力を欠いてるんだから仕方ない。

 この試合で改めて確認されたことは、DF中沢が抜けるとその穴を埋めることはできない、ということと、欧州などの強豪相手では、今のFWはその存在を消されてしまうということだ。

 DFの難点は私が言うまでもなく既に指摘されていたこと。でもなぜこの試合で阿部を使ったのか。上背で勝てないのをわかっていて、そして、重要な場面でパスミスをすることもしばしばある阿部を使ったのか。そのあたりがちょっと理解できない。豪州に1点目を取られたときも、マークがずれてトゥーリオのみの対応になってしまっていた。上背のあるDFを揃える必要があるだろう。

 それからFW陣。岡崎がこれまでの結果からして先発するのは流れとしても、やはり上背が足りない玉田を先発させたのはいかがなものか。矢野を先発させる考えはなかったのか。

 FWの前での守備という日本スタイルだが、今日の試合は中盤より後ろでFWが必死で守備をしている場面が多く、頑張っているのはわかるが、戦術的にそれは違うのでは?と思った。FWが姿を消している時間帯が多く、豪州にとってゴールに迫られる脅威を全く感じなかったのではないだろうか。

 FWは、いるだけで相手に脅威を与えられる存在でいてほしい。中盤での守備の人数が足りなくなって仕方なくFWが引かざるを得ないなら、MFのスペースの使い方を改善しなければなるまい。アジア相手なら勝てるところまでは来たが、W杯4強の目的を掲げるなら、最初からワールドクラスの戦術と代表選出をすべきだろう。

 そういえば、イタリアで活躍しているFW森本はインタビューで、今の日本代表の戦術に自分は合っていないと答えていた記憶がある。代表で見てみたい選手なのに、やはり今の戦術ではフィットしないのか。世界相手だと今の戦術に黄信号がともっている現状では、戦術と代表の選出を大胆に変えてみてはどうだろうか。

 DFは185センチくらい以上に限定して選出し続けるのはどう?ちっちゃいとJリーグでは試合に出られても、代表には絶対に呼ばれない。それを続けて20年後くらいには、背が高い少年は自然とサッカーを選び、バレーやバスケを選択しなくなる社会ができる!(笑)サッカーでDFを選べば、でかい少年は日本代表の近道となっている、なんていう門の開け方ね。

 FWはどうやったら育つのかなぁ。MF本田が海外へ行ったら得点に対してどん欲になったみたいだけど、やっぱ若いうちから海外へ行かせるのがいいんだろうなぁ。Jの各クラブにFW強化選手を指定させて、ユースなんかで有望な選手がいたら海外での武者修行に行かせることを制度化するってのはどう?協会が補助金を出して推奨していく、みたいな。ヨーロッパの2部でも3部でもいいからとにかく行かせる、みたいなね。

 Jに移籍してくる外国籍のFWに体格の制限を付けるってのは?海外からやってくるのは、みんなばかでかく、かつ、めっちゃ速いFWばかりで、自然、Jの各クラブはDFを強化するだろうし。そしてそいつらを帰化させる。

 なんてアホなことばかり考えてますが、とにかく、W杯の本番でぶざまな試合をしないよう、これから必死こいて強化してほしいと思います。サッカー協会も国内の強化試合ばっか組んでないで、欧州へ乗り込む予算をつけ、マッチメイクしてやってほしい。もう、あなたたちの現役の時代とは違うんですから。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-18 21:25 | サッカー

千葉市長に31歳熊谷氏   

このニュースを聞いた瞬間、民主党もえげつないことやるなぁ、と思った。だって、国政の民主党は千葉市政に責任をもつことなんて全くないでしょ?それなのに、政治経験僅少(市議1期目途中)、人生経験僅少(NTTコムから07年に市議)の人物を、都道府県並みの権限をもつと言われる政令指定都市の長にかついだんですよ。ま、選んだのが千葉市民だからいいんですけどね。

 熊谷氏が市議時代に自分で市政の問題点を抽出して議会質問をしていたならいいけど、一年生議員に主要な質問の場が与えられるわけないと思うし、議会の通例では、質問は事前通告制で質問も答弁も役人が作る。そんな世界に2年ほどいただけで市長とはねぇ。
 
 副市長(助役っていうのかな?)やら部長やらの市幹部はみな権力闘争をくぐり抜けてポストを勝ち取った猛者ばかり。それが、息子ほどの年齢の若造に命令されるのだから、頭にくるでしょうね。命令に従わない、あるいは、市長の思考パターンを現場に合わせようと工作するかも。新市長は現場の圧力に屈して、役人特有の感覚に順応しすぎないようにしないとね。

 それから、31歳独身でしょ?妻の出産や介護といった経験もないのでは社会保障政策への思い入れもないでしょうね。机上のものはあってもね。

 私は候補者の「若さ」は「青さ」に映る。同じ若さでも、弁護士などの法曹界のスペシャリストなら、その専門性に期待する、ということはあり得ても、若いだけじゃぁねぇ。

 ま、どれほどのオリジナリティを出せるかがカギでしょう。居並ぶ古狸の幹部連を先生に「市政とはこういう世界です」と本人の経験値をあげるためだけの4年間にならないように、ご忠告申し上げまする。市政をあずかることは市民の生活をあずかることですから。あなたが勉強する場ではないのですから。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-18 21:23 | ニュースコラム

旧社会党(現社民党)が政権に色気   

 旧社会党が連立協議のテーブルにつくとは、私にとって結構意外だ。健全野党を自負する共産党まで、民主党と協調態勢を築くと言っているらしいから、次の選挙で自民が負けた場合、民主・社民・共産(閣外?)政権が誕生するということか。おっと、わすれちゃいけない、ここ一番ブレない国民新もいたな(笑)。あれ、ヤッシーってどこの党首だったっけ?あ、新日(プロレス団体じゃないよ)か。あれもくっついてくるのかな?まさに、政権という「うまい肉」を前にした獣たちですな。

 そうなったら、かつて社会党に属した、現民主党の議員と社民党の面々とではどう違うのだろう?という素朴な疑問。自由民主党を離党した人たちが中心になって、自由のない「民主党」を作ったのだが、社会主義的民主主義に反発して社会主義を捨てて民主に加わった人たちは、社会主義者や共産主義者とうまくやっていけるのだろうか。産・官の労働組合と共産主義者に対する政策を邁進することになるのかな・・・。

 連立を組んだら、どの大臣が社会主義者になるのか・・・。文部科学省はやばいよね。日の丸死んでも反対の教員たちが全国で蜂起するね。厚生労働省?低負担高福祉で際限ない歳出拡大で、ひ孫が将来働いて獲得する所得まで食い散らかしそう・・・。防衛省。軍縮というより自衛隊解体で、軍事費ゼロになるかもね。宮内庁長官は官僚のポストだから、いくら社民党が閣内に入っても長官にはなれないから皇室解体には着手できない。

 なんて勝手な想像してるけど、政権協議するなら選挙前にちゃんと表明して信を問うたらいかが?政権選択選挙なら、それが込みで政権交代が支持されるかどうかってことだもんね。

 文面から分かると思うけど、私はアンチ社会/共産主義。民主の内部にも社会主義者の残党が入っているからナナメに見てるが、民主が社会・共産に手を伸ばすなら、ハッキリとアンチ民主党になっちゃうな。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-11 21:33 | ニュースコラム

カタール戦   

 いやぁ、モチベーションの低さを隠しようもなかった試合ですな。消化試合にはしないという目標設定は当然としても、選手本人のモチベーションがこれだけ下がっては、ああいう試合にならざるを得ないでしょう。

 一年後の開催にむけて、このカタール戦が最終メンバー選考になるはずもなく、グループ1位の価値もそんなに高いわけではなく、疲労も蓄積している中でこの試合を迎えたわけですから、仕方ないでしょうな。

 控えに回っていた本田、松井がまたもや控えスタートになってたけど、先発メンバーをがらっと入れ替えて、先発で起用するべきではなかったか?後半、かれらが投入されて流れが変わったのを見ると、最初から彼らをスタメンでいくほうがモチベーション的にも良かったでしょう。

 カタールが勝点3を目指して前がかりでプレーしてくることは分かっていた訳だから、それをどういなして前への突破をはかるかのテストをガンガンやってほしかった。Aチームの要の選手がいない分を他の選手で埋めて、機能しなくなった中盤構成のまま前がかりにくるチームに相対したという、ベンチのコンセプトの不明さがゲームをつまらなくしてしまった。

 日本がやるべきプレーは、カタールが日本ゴール前で見せた、数的有利を作りだしてパスでかわし、ゴールエリアへ侵入するプレーだ。日本はたかだかアジアの4位あたりのチームに逆にそれをやられてあたふたしているようでは世界で戦えない。

 強豪チームと対戦した時の日本の悪い癖が出てしまっていた。それは、何度も書いたが、後ろ向きでボールを受けて反転せずに、スペースを埋められているからいったん後ろか横へ出し、攻撃スピードが落ちて形が作れない。後半良くなったように、松井や本田のようなタイプが入ることでそれは変わる。

 オーストラリアのアウェーでは中村俊らが帯同しないらしいが、ようやく新しいスタメンになる。オーストラリア戦を見越して、カタール戦でそれをやっても良かったのではないかと残念だが、アジアの中で最もアジアらしくないプレーをするオーストラリアに対し、Bチームが本来の戦いを見せれば、BチームがAチームとなることだって無いとは言えない。選手はそんなモチベーションで戦って欲しい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-11 21:33 | サッカー

民主党と支持団体   

 衆院選が近づいてきた。様々に報道され注目を集めている「解散」のその時だが、こんな記事を見つけた。

民主党新体制の行方 日教組と一体の教育政策

 記事によれば、民主党は様々に批判のある日教組を、全面的にパートナーと位置づけているようだ。民主党幹部の発言を引いて「民主党と日教組は「蜜月」まっただ中にあるようだ」と報じている。

●鳩山代表
「選挙のときにご支援をくださっている皆さんの温かいお気持ちに、感謝を申し上げたい。日教組とともにこの国を担う覚悟だ」

●元山梨県教組委員長で党参院議員会長の輿石東(こしいし・あずま)
「(日教組は)政権交代にも手を貸す。教育の政治的中立といわれても、そんなものはありえない。政治から教育を変えていく。私も日教組とともに戦う」
 
●岡田幹事長
「自治労や日教組と敵対しても物事はよくならない。一緒にこの国を変えていく」

 記事では、「輿石の発言は、教育の政治的中立の確保を目指す教育基本法や教育公務員特例法を真っ向から否定する。民主党の日本国教育基本法案にも反するが、党内に問題視する声はない。一定の集票・集金が見込める日教組を、腫(は)れ物のように扱い、利用できるところは利用する。そんな空気が党内にある。」と指摘している。

 教育は、政治とは一線を画すべきだ。教育基本法の理念にも反する。

 かつて、国家神道を精神の支柱にし、軍国政治をひた走った政権が行ったことといえば、やはり、教育を支配することだった。教育が政治の干渉を受けると大変なことになる。教壇で共産主義を賛美するけしからん教師もいまだにいるらしいが、特定かつ個人の信条を教師が教師の立場で述べたときに、子どもたちがそれをどのように受け取るかを類推すれば、その弊害は多大であることは火を見るよりも明らかだ。

 民主党には反体制主義の集団を厚遇する体質がある。政権を取るために「反体制」での団結か。

 どの政党にも支持団体がある。企業系、労組系、宗教系などいろいろあるだろうが、自民党は企業系、民主党は労組系、そしてそのどちらも宗教系をバックにしている。

 後援会組織に弱さがあると言われている民主党は、なおさら、労組や宗教などの組織だった支援を求めている。それらの組織代表を当選させることでその組織が持つ票を手中にするという手法は古くから行われてきた。だから、政権奪取に燃える民主党はこれまで以上に労組や宗教組織をまとめようと動くだろう。政権選択選挙と言われている次の選挙では、民主党が具体的にどの組織を飲呑み込もうとしているのか、注意深く見ていく必要があるだろう。

 若さと能力をアピールする松下政経塾系の候補はいわば無党派向けの広告塔だ。それ以外に、特に比例名簿を中心に、各組織の丸呑みに成功した、その組織の代表者たちが並ぶことだろう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-08 23:19 | ニュースコラム

祝! W杯出場!   

ようやく、アジアの無用な戦いが終わった。

悪条件のピッチ、判断が明らかにおかしいレフェリー、ラフプレー満載でもイエローではないクリーンなプレー、すべてが無用な戦いだ。

環境を整えないと、W杯本選で惨めな敗戦をして、出場枠が減るという悪循環を、アジア全体が気づくべきでしょう。見てるほうも、アジアが出るより欧州の華麗なプレーができるチームが出たほうがいいと思っちゃうしね。

ま、何にしても、出場おめでとう!

いろんなバリエーションができるようになったし、選手層も厚くなったし、いい流れにきてると思います!


さあ、これから欧州や南米に互角に渡り合えるチーム作りだ!
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-07 01:08 | サッカー

ウズベクのラフヤローを黙らせろ!   

早くあと一点とらないと!

ラフプレーが目に余る・・・
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-06 23:35 | サッカー