<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

マニフェスト選挙とは聞こえがいいが   

 私はマニフェストには懐疑的だ。

 私にとってマニフェストが身近になったのは、神奈川県知事選挙。地方の首長選挙でマニフェストを掲げた草分け的な存在が現知事の松沢氏だ。このとき思ったのが、「これはいいけどあれは賛成できない。でも掲げて当選したら絶対になるんだろうな」。

 美辞麗句で飾った実現可能性も事後の検証もしてこなかった旧来の「公約」よりは確かにいいのだろうが、マニフェストに記載されている内容が万般にわたるため、すべてに賛成、ということには決してならないのは自明だ。

 民主党のマニフェストにある「高速道路の無料化」。政権の支持率が70%に迫る高水準なのに対して、ある世論調査では75%の人が反対している政策だ。

 50数箇条にも及ぶマニフェスト上の政策の柱。これを掲げて政権をとったからといって、すべてを承認したわけではないことを、有権者はどのように政権に訴えていけばいいのか。

 そもそも、本場英国では、次の選挙まで、有権者とやりとりをしながらマニフェストを作っていくという。それに比べれば、日本におけるマニフェスト選挙は、地方も国政も、「候補者が勝手に作った約束」だ。八ッ場ダムの建設中止も、地元の意見を確認することなく、候補の擁立も社民党にやらせて、政権奪取後は「公約だから中止」というのは、あまりに乱暴ではないか。

 加えて、今回の民主党マニフェストで決定的に欠落している点は、すでに指摘されている「財源の明示」「無駄削減の具体的な中身」に留まらず、「これまでの国の政策を転換せねばならない必要性」が欠落している。

なぜ時限措置の高速1,000円の政策がダメだから、恒久的無料化するのか。
なぜ現行の児童手当制度がダメだから、子ども手当制度に変えるのか。
なぜ後期高齢者医療制度がダメだから、廃止するのか。
なぜ、年金は一元化する必要があるのか。  etc・・

 マニフェストには「○○します」とは書いてあるが、「なぜ」の答えが書いてない。

 日本に根付いていないマニフェスト選挙。マニフェストを書く方も素人だし、それを読む有権者も素人だ。「公約の重み」だけが増して、達成することが自己目的化する。有権者と共に作り上げたのなら、達成することは責務だが、勝手に書いた内容なら、今後有権者の意見を取り入れて内容を修正する機会が与えられてないと、権力者の横暴となる。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-28 22:30 | マニフェスト

祝!10万ヒット!   

シルバーウィーク中ブログの手入れができていませんですみません。

気がついたら10万ヒット達成してました!

足を運んでくれたみなさん、ありがとうございます。

今後ともよろしくデス。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-27 00:15 | キリ番

鳩山内閣の社会主義度は44.4%   

鳩山内閣の顔ぶれが決まった。
全18人の閣僚のうち、隠れアカが7人、現役アカが1人の計8人がアカで、44.4の社会主義度で船出した。


▼副総理
 菅 直人(社会民主連合→新党さきがけ→民主党)

▼法務大臣
 千葉 景子(日本社会党社民党→民主党)【参】

▼文部科学大臣
 川端 達夫(民社党→新進党→民主党)

▼農林水産大臣
 赤松 広隆(日本社会党→民主党)

▼経済産業大臣
 直嶋 正行(民社党→民主党)【参】

▼国家公安委員会委員長・拉致問題担当大臣
 中井 洽(日本社会党民社党→新進党→自由党→民主党)

▼消費者・食品安全・少子化対策・男女共同参画担当大臣
 福島 みずほ(社民党

▼行政刷新・公務員制度改革担当大臣
 仙谷 由人(日本社会党社民党→民主党)


副総理に社会民主連合出身の菅直人が座ったことで、見事に紅白の2トップ。紅組が勝つか白組が勝つかなんて言ってられない(笑)。

法務、文部、国家公安に社会主義が並んだのは正直不気味だ。川端 達夫は労働組合系ではあるが、日教組系ではない模様で、ひとまずほっとした。

隠れ専従事件のあった農水省の大臣に旧社会党の赤松 広隆が就任したことで、専従問題は解消されずに、さらに地下組織化して存続することにならないか心配だ。

経産相の直嶋 正行は、トヨタ自動車で労働組合活動に没頭し、仕事をせずに組合専従だったらしい。四大出というのも心許ない。MBAくらいはもっている人物が望ましいのではないか。

ウチのブログでもさんざん言ってたことだが、民主党のイメージである「若さ」「しがらみのなさ」「松下政経塾出身」というものとはほど遠く、結局、旧自民党5人、日本新党2人、新党さきがけ1人、アカ8人、で、新進もしくは現民主党は2人だけだ。

イメージで選んだ1年生議員は、当分の間数合わせのための頭数にすぎず、当選回数が4~5回まで行かないと表舞台には出てこれまい。風俗ライター兼濡れ場女優が当選回数を伸ばすような日本だとお先真っ暗だ。1年制議員に年間2500万以上も給料を払って、彼らが育ってくるのを待つ余裕など、今の日本にはないハズだ。

私個人としては、検事や弁護士、医者、MBAなどの有資格者でいずれもで経験豊富な人物、あるいは、四大卒ではなくてせめて修士、博士号保持者など、世間一般の通念で見て優秀である人物にこの社会を託したい。美人刺客候補なんてもってのほかだ。議員は高給取りなんだから相応の能力がないとね。

ま、いずれにしても社会主義度44%の内閣がスタートしたわけだから、その仕事ぶりをしっかりと監視していきたいものだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-19 01:06 | ニュースコラム

ガーナ戦   

 俊輔は偉大なプレイヤーだ。それは誰もが認めるところ。だから、俊輔批判をするつもりはないことを断っておくが、ガーナ戦の印象は、俊輔が交代したあとのほうがチームが機能したのではないか?というものだ。

 もちろん、ハードスケジュールがたたり、後半にガーナに足がつる選手がでてきたり(すげー意外だった!)、メンバーを落としてきたり、一概に言えないことは百も承知だが、俊輔にボールが集まるあまり、そこさえカットできれば日本は抑えられる、といったチームになっていないか心配するのだ。

 かつてヒデがいたときにそうであったように、フィールドプレイヤーの中で突出した力を持つとどうしてもそこを起点としがちだ。俊輔がおとりになって他のプレイヤーが起点となるというようなプレーが、TVを見る限りでは無かったように感じた。俊輔が交代すると、その起点がなくなったことが逆に功を奏して、複数のプレイヤーのそれぞれが組み立てる意識を持てたのではないかと推察する。ボールがほとんどこなかった、信頼を得ていない本田を除いてだけどね。

 それって結構意識の問題だったりするだろうと思う。自分が持った瞬間にすんげー勢いで前から後ろからデカイ相手が迫ってくれば、ボールをはたきたくなるもの。一番確実な選択肢として俊輔が瞬時に頭をよぎる・・・ってのは当然あるだろう。昨日の試合はその俊輔がとられて失点につながったシーンもあったから、誰だからといって万全というのは無いわけで、その意味では確実な選択肢を増やしていくように、他の選手が信頼を勝ち取っていくしかないだろうね。

 前半のガーナのつなぎを見て、「あ~、日本はホントはこういうプレーをしたいんだろうな」と思った。ワンタッチで強くはたく、トラップできっちり収まる、はたいた後に選手が追いつく・・・。日本はと言えばそれを取りに行くのに、こっち行ってはかわされ、こっちに詰めたらはたかれ、いいように振り回されていた。日本のパス回しとは全然違ってて、フツーに「スゲーなぁ」と感心した。いいお手本だ。

 前半の終わりだったか後半に入ってからだったか、中からライン際に強いボールを出すケースが増えてきたが、追いつけなくてタッチを割ったというシーンが目立った。これまでよりも強くボールを出す、というのは、体の使い方やタイミング、強弱の距離感がまるで違うのだろうが、追いつけないシーンを見て、重要性に気づいたが、慣れるまでに時間かかりそう、と思った。

 国内の強化試合では、是非、止まっている味方の足下へのパスの禁止というルールで試合してほしいな。動いてパスをもらう。足下に欲しい選手は動いた先で足下になるパスを要求し、スペースに走り込んでそのまま攻めたい選手はそういうパスを見方に出させる。そうしていけば徐々に意識が変わっていくと思うけどなぁ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-11 00:22 | サッカー

民主またもや国民の目くらまし?控除廃止先送り   

9/3の産経新聞によると、「民主党内には、参院選への悪影響なども考慮して、「子ども手当支給と控除廃止がセットだと思われないように切り離して扱うべきだ」(党幹部)との意見がある」そうだ。

 マニフェストには子ども手当の欄に「相対的に高所得者に有利な所得控除から、中・低所得者に有利な手当などへ切り替える。」と明記してある。また政策INDEX2009には「次代の社会を担う子ども一人ひとりの育ちを応援する観点から、所得税の扶養控除や配偶者控除を見直し、子ども手当を創設します。」と明記している。

 子ども手当創設と所得税の控除廃止はセットである。これは疑いないところ。手当支給総額5.3兆円に対し、控除の廃止分1.4兆円と、廃止分の財源で全体の26%しかまかなえないのであるが、これはまぎれもなくセットなのだ。

 もし、報道にあるように「セットだと思われないように」というのであれば、所得税控除を廃止するという別の目的があり、それを「子ども手当で現金26000円配ります」というバラ色の政策で覆い隠そうとするものであり、さらには、それを参院選対策で先送りして痛みを隠そうとする二重の「めくらまし」なのだ。

 政権が変わっても政治家の姑息な手段は変わらない。有権者がもっと賢くなって、声を出していけば、政治家も、こんな国民をバカにした「二重の目くらまし作戦」なんてできなくなるだろう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-07 21:10 | マニフェスト

オランダ戦   

なんじゃこりゃ。

期待していたのに、まったくダメじゃん。

W杯のオーストラリア戦といっしょ。最初から無意味に飛ばして体力が落ちて3失点。

なにやってんだか。

90分体力がもたないのなら、何で最初から85~90%で走り回るのか。

相手のオランダを見よ。前半はグダグダ。後半の得点までまったくもっていいとこなし。でも、時を感じていったんスピードアップすればこのとおり。

世界のトップチームが、試合の入りをスローテンポでくるとわかったなら、その時点で最初の10分パワープレーし、その後スローダウンして後半まで時間を稼ぐ。

後半の入りに勝負をかけるか、いつテンポを変えるかはまさにベンチワーク。

今の日本代表はピークの運動量で単調な攻め。そしてだんだん体力を失いグダグダに。これでは勝てるはずない。

確かに、パスのスピードとか力強さが足りないとか技術面の問題はあるが、そんなことよりもっと根本的な問題が見えた一戦であった。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-05 23:25 | サッカー

年金制度改革に注目せよ   

 民主党が大勝し、いよいよ年金制度改革が動き出すときがきた。

 私としては、民主の新制度案には不安を覚えるものの、賦課方式を貫こうとする現行制度には反対なので、改革の動きが始まることについては歓迎だ。

 しかしながら、現在示されている民主案については、負担の一元化については明確に反対だと言っておこう。

 社会民主主義を柱としている民主党の政策でお得意の「みんな一緒」という「友愛ポリシー」を年金制度にまで入れようとしているが、なぜ負担の一元化なのかがまったく理解できない。

 結論から言うと、「自分が払った分+運用利回り分が老後に戻ってくる」というスウェーデンのような「見なし掛金制度」を創設するのなら、自分がいくら払ったか、払った分以上にもらえる仕組みなのかという、負担と受給の関係を明確化すればそれで終わりのはず。

 それを、なぜ、負担割合を全員一緒にしなければならないのか。全員一緒にすることが平等なのか。

 実は、全員一緒にすることは平等ではない。それは現在の年金の負担割合が、それぞれ異なっているからだ。どこかに合わせるとなると、それよりも低い料率だったら即負担増につながる。制度導入の月から手取り収入は減るのだ。

 最も低い国民年金を、現在の厚生年金の負担率までUPさせるのか。厚生年金はご存じのとおり、雇い主負担と労働者負担の二重負担だが、国民年金は純粋に自分が掛け金を掛けるだけ。厚生年金の雇い主負担をやめ、労働者負担に一本化し、さらに国民年金をその負担率と同じにするのか。

 職業別に分かれていたって、見なし掛金制なのだから、保険者番号(納税者番号)の個人勘定で自分の払った分が記録されていれば、その分かれている年金を渡り歩いたって払ったんだからその運用益を個人勘定につけておけばそれでいいはず。なぜ負担の一元化なのか。

 負担の一元化は、一番最初に痛みが伴う。その説明を民主党はしていない。国民年金の大幅な負担増を圧倒的多数の数の力でやっちゃうのか。マニフェストに書いたから支持されたという論理を発動するのか。

 詳しい制度設計まで記載せずに、フタを開けたら負担増というダマシのテクなのか。

 とにかく、年金制度改革は注視しなければならない。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-01 21:53 | 年金問題考

早急に国会議員の不祥事を防止する対策を   

 衆院選の党首討論などの席上で、民主党の鳩山代表は、「秘書の政治資金規正法違反でも議員本人の公民権停止」という公明党の公約に対し、前向きな発言をした。

 衆院選が終わり、いよいよ、鳩山事務所の「故人献金」の捜査が本格化することだろう。その結果を見る前に、政治資金規正法の法改正をしてもらいたい。

 私の主張は、政治資金収支報告書の修正は、虚偽記載などがあった場合、罰則規定を適用した後に可能とするよう改正することだ。今は、罰則規定がありながら、罰を受ける前に報告書を修正してしまえばよいことになっている、ザル法だ。これでは意味がない。法律違反なのだから罰則の適用が先だろう。

 こんな当たり前のことをこれまで放置してきたこと自体信じがたいが、新政権になってちゃんと取り組むか、見物である。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-01 21:53 | ニュースコラム

選挙制度改革が必要ではないか   

 衆院選が終わった。民主の圧勝で政権が交代した。

 前回の小泉郵政選挙のまったく逆の状況が生まれたわけだが、両方の選挙に共通なのは、「若い女性の刺客候補」「論点の単純化」「メディアの後押し」だ。

 「論点の単純化」は、言わずと知れた、「政権交代を望むかどうか」という一点に絞られたこと。前回は「郵政改革に賛成か反対か」の一点だった。だから、どのような候補者を自分たちの代表に選出するか、という選挙本来の機能はまったく失われ、政権交代に賛成か反対かの国民投票だったと言って良い。見方を変えれば、候補者ではなく民主党を推したという意味で、小選挙区であっても政党を選ぶ比例選挙の様相を呈したとも言える。これは、小泉郵政解散の時も全く同じ構図だった。

 「若い女性の刺客候補」という点も共通している。論点の単純化は、候補者の資質・素性は表に出にくいから、一週間前までビラ配りのスタッフだったという人が、実質の比例化に伴って当選してしまう。民主党の看板を掲げていれば、中身が社会主義者であっても当選するのだ。この現象の中にあってさらに話題をさらう戦略が「刺客候補」だ。相手の組織票を上回る浮動票を獲得するために、徹底的なイメージ戦略に出るわけだ。

 イメージ戦略の代表的な例は、元長野県知事の田中氏が勝利を収めた選挙区だろう。有権者は、議席をもっていない「新党日本」に、その代表の田中氏に本当に期待して投票したのだろうか。結果として新党日本は議席1となったわけだが、民主と連立するといった声もなく「たった一人の戦争」になるこの人が、有権者は改革の起爆剤になると思ったのだろうか。このケースは、小選挙区の比例選挙化ではなく、単なるイメージ選挙の好例である。

 自分たちの地域代表を国会へ送り込むというタテマエはあっても、実際には政党を選ぶ比例選挙に陥っている現実があるなら、すべて比例代表にすればいいのではないか?そして、比例候補者選びは各党で予備選を行って、有権者はそれに参加する。党員やサポーターという地位を得て投票権を獲得し、予備選で支援する党の名簿搭載者を選ぶ。そうすれば、その党がどういう候補者を戦力と考えているのか、その考え方に触れることができる。世襲制がダメだというなら予備選で落とせばいいわけだし、世襲でも能力が高いから支援に値するとなれば名簿に登載される。自分たちが人物を見ながら自分たちの代表を送り込む。今のメディア選挙よりもよほど民主的だ。

 民主党の岡田幹事長は、小選挙区&比例代表の現在の制度から、比例の議席配分を少なくすることで議員総数を減らすと言っているそうだ。私の考え方とは逆の方向を向いている。国会改革なら議員の給料を減らせばよい。安定多数を手にした今、すぐにでもできる改革だ。給料だけで年間2千数百万ももらっているなんて、少しは自分たちも不況の痛みを分かった方がいい。

 かつて中選挙区から小選挙区へ制度変更した理由が二大政党制の実現だった。二大政党制に移行する過渡期を1996年から10年あまりにわたって経験してきているわけだが、二大政党を作るには、争点を単純化し、メディアに乗せて、女性刺客を放つという戦法が確立された雰囲気がある。この間、有権者は見事なまでに考える力を失ってしまった。重複立候補という、敗者復活の制度もよろしくない。負けたという結果は民意なのに、復活して国会議員になるというのは民意を反映していない最たるものだ。

 今の制度はよろしくない。いっそのこと、先の提案のように、予備選&比例にして二段階選挙にしたらいいのではないだろうか。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-01 21:52 | ニュースコラム