<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

選挙制度改革論で置き去りにされている視点   

政府・民主党は一体改革の中で「隗より始めよ」ということで、衆議院定数の削減と選挙制度改革について言及している。

まずは素人でもわかりやすい量的な削減ということで定数減に言及し、さらには小選挙区比例代表制の制度改革について検討を加えるとしている。

議論の方向は、比例代表を並立制のまま数をいじるか、連用制という別の制度にするかという話になっている。

ああ、小選挙区制は変えないのね。

小選挙区制度は二大政党制を目指して導入されたもので、二大政党制の目指すところとして、政権交代を可能にすることで、安定した政府を実現させながらも失政には「下野」というペナルティを加えようとするものだ。つまり、集合離散の繰り返しで不安定な政治の回避、そして、集合離散による失政の責任回避を認めないという理想像がベースにある。

その理想像はよい。

しかし、集合離散の末に誕生し、政権交代という果実のみで一致団結した民主党が実際に政権をとってどうだったか。

結論から先に言うと、この政治的に幼い日本で、二大政党制の理想を追い求めることは、やや早すぎたのではないか、つまり、小選挙区制度そのものも見直しの議論に上がっていいのではないかということだ。

民主党には「隠れ小沢党」もいれば「隠れ社会主義党」もいるし、「隠れ労組党」やら「旧自民党」だっている。これは派閥政治で一党独裁していた自民党の構造とあまり変わりない。

国民は、派閥政治の一党独裁に懲りて政権交代を容認したのではなかったか。一回やらせてみるかと。

しかし、構造的に自民党の派閥政治と同様の難点を抱える上に、自民党と異なり派閥のトップにのし上がれば大臣のイス、失言一言でイスから転げ落ちればほぼ再起はない、といった、リスクを見据えたリミッターが働いていた時代と異なり、今の民主党は言い訳としか聞こえない「批判に対する認識の違い」やら前言撤回なしの「言い換え」や「新解釈」で、リスク回避できると踏んでいる体質がある。

また、イスに座れる大物が限られているから、失敗しても次があるという緩い空気が、結局のところ権力の座の居座り状態となって国民の批判も届かない状況を作っている。

だから、二大政党制なんて幻想だったことを知るべきだ。まだまだそのレベルにないと。

そもそも、一回やらせてみるか、という判断のもとになったのは、おいしそうな料理がならんだメニュー表であるマニフェストだった。

これを本当にやってくれるのなら「一回やらせてみるか」となったのだ。まさか、これだけ大々的に「やります」と言っておいて「やらない」ということはないだろうと。

選挙前から寄り合い所帯であったことはみんなわかっていた。隠れ社会主義政党や隠れ労組党を抱えて本当にやっていけるのか、危惧をしていた有権者は少なくなかっただろう。でも、自民党と構造的には変わらないのなら、これまでの政治に不満のある自民党より、マニフェストを実行すると言っている連中に、ある意味賭けたのだ。

しかし、有権者の賭けは失敗した。先物相場で大損してしまったのだ。

政党が公に約束したことがホゴにされ、撤回ではなく最善の選択とやらなんやら言って謝罪すらないし、約束していないことに「全身全霊」だ。

比較第一党と第二党がどちらも権力というぶら下がったニンジンをとるための野合集団であるなら、二大政党制なんて夢を見ず、現実を見るべきだ。

改革すべき案件ごとに、その改革にむけて確かな方策を持っている者どおしが集まってシステムを構築する。それでいいじゃないか。

風が吹いただけで一年生議員がたくさん誕生し、その政治的素人が裏のドンの数合わせの駒になっているようなアホらしい状況を変えるためにも、小選挙区制度の理念の検証をすべきだ。

国民は、重税に絶えながら政治的素人が成長するのを待つ、なんてことを望んだわけではない。政治の場には即戦力のスペシャリストこそが進出してもらわなければ困るのだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-02-10 00:13 | マニフェスト

車屋のタッチー(2) 衝撃の結末   

車屋のタッチー(1)の続き

後日の話。この会社は会社としてどーなの?ということが続発。

○日までに残額の半分払ってという指定の日に払ったが、入金の確認しようとしたらその日はお休み。

はぁ?休みならこの日までにって指定すんなよ。

数日経っても入金確認の連絡こないから、こっちから電話した。「タッチーお願いします」「あいにく接客中で・・」「折り返しケータイに電話くれ」でその日電話こず。

次の日メールする。リターン無し。

別の日、電話する。今度は他の電話で電話中。しばらくして折り返しがきた。「大金動いてるんだからそういうところしっかりしろよ。この前出たヤツ折り返すって言ってたじゃん」「そうだったんですか?聞いてなかったんです」とタッチー。

なにしろ電話に出たヤツはこっちの名前は必ず聞くが自分は名乗らないので、誰に伝えたかこっちも言い返せないのだが。

しっかし、会社の信用ってものをどう考えてんのか、この会社は。

領収書の宛名違いとかあって、同じようなやりとりがもう一回あって。

別の日、カスタムカーの会社だから、カラーリングが自由にできるので、詳細を詰めたいからどこをどう選択可能なのかリストくれと言ったらリストは無いという返事。

デモカーが白でガンメタ塗り分けとかかっこよくやってたんだけど、私は車体を黒にしたので黒にガンメタはさすがになかろうと、雑誌とHPをにらめっこしながらここはこの色、シートカバーのタイプはこれで色はこれ、という感じで全部リストアップしてメールで送信。

これって営業がやる仕事だよな~。

タッチーからすぐに返しがあるはずがなく、2週間が経った。さすがに頭に来たので電話。またつながらず。

ようやくタッチーから電話がきて、「これはいけます。これもいけます。」と一点ずつ確認。

シートカバーのタイプはダメ出しくらった。

「これは発売したばかりなんで、まだサンプルも届いてないんスよ」

だから知らんがな。サインしたときに「この中から選んでください」と渡された雑誌に載ってるから、選んだんだよ。だからこうなることわかってたからリスト示せって言ってんじゃん。

「そんなん後出しジャンケンじゃん。ダメだよ。」と要求を飲ませ、カスタムの内容をようやく確定。

ある日、ディーラーのサイトを見ていたら契約時のベース車が無くなってラインナップが変わっていた。契約時の車両を確保してしまっているなら新古車的になるので金額下げてやろうと思い、この場合扱いはどうなるのかとメールした。

1ヶ月ほどたってからタッチーから電話がきた。タッチーはこのくらいの時間がかかるヤツだとわかったからずっと待ってた。

「ディーラーのラインナップが変わって、ベース車が変わります。ベース車が前より機能が増えているのに価格が下がったので、前のベース車にオプション付けた部分が本体価格に含まれ、いくらか返却になります」ということ。

ベース車の本体価格が8万の差だったので「8万戻ってくるのね?」と確認。「うーん、ちょっとこのお電話では・・・。計算して電話します」

また一月後か・・・。

これが秋ごろの話。

11月に入った。電話した。「今日は休んでます」。後日電話することにした。

翌週「今日は休んでます」ん?何かおかしい。予想を超える展開の予感。

「え?ずーっと休んでるの?」「はい。」「休んでるじゃ困るから誰でもいいから返金の話がどうなったか連絡くれ」

またしばらく連絡がない。頭に来たから、法的に有効な覚書の書類を作ってハンコ押して返せと手紙を書く。覚書にはカスタマイズの項目がずらりと並び、もちろん、差額8万と明記。

それでも反応無し。電話した。タッチーを呼び出してもらちがあかないので、こちらが名乗ったあと担当を出せと。
「席を外している、折り返させる」という。バカタレ。「担当は○○ですが外してます」だろが。それに折り返しかかってきたためしねーだろ。「担当の名前は?」と不機嫌さ満載で名前を確認した。

後日そいつを直接呼び出す。差額は2万だという。だから覚書にハンコは押せないという。

なぜ2万になるのか確認。納得はできなかったが、以前交渉してた肝心のタッチーがいないから、らちがあかない。「辞めたのか?」と聞くと「連絡が取れない」という。アホか。そんなわけ無いじゃん。

結局、社で用意している安いカーナビを、価格.comで一番高いカーナビに代えさせてこちらも手をうった。納車は来月だ。

うるさい客だから若造だとやばいと思ったのか。担当を代える口実にしてはガキっぽいが。

納車は引き取りだからその日休めばいないことになるし。

いずれにしてももう二度と会うことはないだろう。さようならタッチー。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-02-07 23:36 | 雑記(日記?)

車屋のタッチー(1)   

かつて「すべらない話」でMVSを取ったキム兄の「車屋のキクチ」という話があったが、それをもじって「車屋のタッチー」というお話。

来月、うちに新しい車が届きます。

前に、ネットでつらつら見ていたら「新車値引き」という表現があり、気になったので見てみると、その会社はパーツ屋で、ディーラーから新車を購入して自社パーツ(エアロ)をごてごてに付けて納車、その値段がディーラーでノーマルで買うより安いというフレコミだ。こういった会社は結構あることを知り、楽しいのでいろいろ見ていた。

そのうちの一社が購入を決めた会社。場所は大阪。さすがに通販で車を買うのはヤバイと思ったので、家族旅行を兼ねて大阪へ出向いた。

アポを取った方がいいのかと思いメールをしたら、「見積りご希望ですか?」と一言帰ってきた。

一言だよ。一言。あり得ない。なんだかコワい。

担当者の名前もなし。

「見に行くだけ」と答えたら、

「ご希望の車種はありますか?」とまた一言。

なんじゃコイツ。あとは無視した。

当日、この会社へ家族で行った。波田陽区似の若い兄ちゃんが出てきたので「メールしてた○○ですけど」と伝えたが、伝わってない表情。

今日来るってメールしたじゃん。

一言メールを返してきたヤツ誰だよ!(怒)

とにかく実車とパーツを見て、車自体は大いに気に入り、もはやノーマルで買う選択肢は無くなった。

波田陽区の兄ちゃんは、名前をタッチーという。こいつ、若いのにとにかく今日契約したい気丸出しで攻めてくる。


ま、それも当然だろう。神奈川からはるばる来た客だから買う気があると見られて当然だからね。

「まだ試乗してないし」とやんわり断りモードに入っていくと「ちょっとすみません」といって奥へ下がる。しばらくして戻ってきて「社長に試乗できないか掛け合ったんですけどダメでした」とのこと。「ディーラーでまずは乗ってみてから」と押したが「遠くから来て貰ったんで頑張ります。」と押され見積りを出して貰うことに。

「今日契約してくれたらの値段です」と出してきた金額が、会社HPの説明と大違いの値段。「おいおい」ってことでなぜそんなに違うのかの説明をさせる。

「本体価格にパーツの値段を加算して大幅値引きをして諸費用加えずに○○円から」って書いてあったじゃん。80万くらい違うけど。何これ?

一応、説明を聞いたがこれでは厳しい。「いくらなら検討して貰えますか」と食い下がるタッチー。納車を引き取りに変えて陸送費を無くして4万ダウン。そこから10万ダウンの提示をした。裏の事務所に消えるタッチー。

「すみません。値引きしすぎると営業の成績に関わるから行き過ぎたダウンはできないと言われました」って。

知らんがな。そっちの問題じゃん。

「だから、今の車の車検も残っているし、試乗もしてないし、今日ここで決めなくてもいいって言ってんじゃん」と席を立とうとしたら粘るタッチー。「もう一回行ってきます」。いや、いいって。

しばらく待ったら、「その金額でOK出ました。」だって。

ディーラーのサイトでセルフ見積りを済ませていたので、同じグレードをドノーマルで買って値引き限界値まで下げさせた値段より少し低いくらいの金額。

もちろん、新車登録のための神奈川までの陸送費とか入っているから、地元大阪で買えばもっと安くはなっている。それでエアロがごてごて付いていて、シートカバーもあり、ナビもあり、アルミもインチアップでってことになっているから、安い買い物。

この日はサインして手付け払って帰宅の途につきました。結局4時間半この会社にいたよ・・。

つづく
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-02-07 23:29 | 雑記(日記?)

プロ野球のキャンプ情報なんてやめません?   

この時期、スポーツニュースはプロ野球のキャンプ情報。

やめようよ。たかが練習のニュースをトップで扱うのは。

欧州ではサッカーが終盤戦の優勝争い。なぜそっちがトップにならん?

プロ野球のキャンプでの練習なんてなんのアテにもならんやろ?

キャッチャー立たせて40球?100スイングで50本の柵越え?

って、知らんがな!

シーズン始まって、早々に引き離されて終わってみれば10ゲーム差以上ついてぼろ負けだったチームを、1年前の今ごろどんな報道してた?練習風景で期待持ってたの?

やめよ。やめよ。開幕投手予想なんてせんでいい。練習風景で優勝予想なんてもってのほか。

そんなことよりシーズン中のサッカー見せてくれ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-02-06 21:56 | スポーツ