<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

小沢元代表 無罪 今すぐ政治資金規正法を改正せよ   

小沢元代表が無罪判決となった。

秘書らは政治資金報告書に4億円の記載を、故意で、行わなかったということが認められながら、共謀は認められないということらしい。

小沢事務所で違法行為が行われていたことは認められた。

でも、「秘書がやりました」という昭和のフレーズが未だに使えることを立証してくれたわけだ。

一般市民は、「秘書がやりました」で逃げられることを問題視しているのではないか。だから、「秘書がやりました」から「監督者は有罪」と言ってほしかったんだと思う。

政治資金規正法には抜け道があることを満天下に示した判決だ。これはザル法だ。

以前指摘したが、報告書の修正(出し直し)を認めない改正が必要。一度報告した者が「間違ってました」で済むなら警察いらない(これも昭和のフレーズ?)

市民や民間企業は「申告が間違ってました」で追徴課税される厳しい現実にさらされながら、政治家だけは「間違ってました」が許されるの?活動費は税金でしょ?

だから、昭和のフレーズが使えなくなるように法改正をしようよ。

今回の「秘書がやりました」と「間違ってました」を根絶するのだ。

無罪の判決を受けた野党も追撃の手がぬるすぎる。証人喚問を視野?裁判で黒に持って行けなかったのに証人喚問で黒にできるわけないでしょ。小沢氏は、いつぞやの証人喚問で手が震えて署名できなかったような人と違って、のらりくらりと潔白を主張して終わるのは目に見えているでしょ。

道義的責任がある、という認識を示したところでなにも変わらないでしょ。小沢氏が限りなく黒に近いのに無罪となった今回の件を不服に思うなら、政治資金規正法に連座制を組み込む法改正を提案することで、不服であると正面切って主張することになるじゃん。

選挙運動でバイト君が不正の認識がなく不正しても、連座制適用で当選無効なんでしょ。小沢事務所で不正が行われていたことが認められるなら、監督者を厳しく罰する制度に変えなきゃ、市民は納得しないと思うな。

このタイミングで連座制の法改正を高らかに主張し、議員提案で法改正を提案する党が現れてほしいものだ。

しっかりしてよ。政治家のみなさん。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-04-26 21:37 | ニュースコラム

新聞記者の先輩   

 久しぶりに学生時代の先輩に会った。新聞記者になったこの先輩は、非情に頭の回転が速い。ノッてくると口も速くなる。今日はこの先輩を我がサークルの講師に招いて種々お話を伺ったのだが、お話を伺うたびに新しい視点、そして深みのある視点を提供してくれるので、本当に触発される。

 今日はどんな感じの話があるのかな?と期待しながら座っていたのだが、スタートから全開バリバリで、キーの高い声で速射砲のように言葉が飛び出す。私は以前から知っているが、今日初めて会ったサークルのメンバーはさぞ驚いたことだろう。

 今日の話で特に印象に残ったのは、現代日本人の思考に潜む懸念というお話。

 先日見たテレビで、芸能人が政党の名前を答えていくというクイズ?で、最後まで誰も思いつかなかったのが「みんなの党」だそうで、それにかなり驚いたと。

 なぜ驚いたかというと、かつて、鼻息も荒く「新自民党」を名乗らんばかりに登場し話題をさらった「みんなの党」。地方議会でも社民や共産を蹴落とし、受け皿の位置を固めたこの党が、完全に忘れ去られているという現実に、有権者の関心の移ろい易さに衝撃を覚えたそうだ。

 この先輩のすごいところは、その衝撃の根拠として、プラトンの国家論が飛び出し、さらには過去の「マドンナブーム」「共産党ブーム」「小泉旋風」から「政権交代の大風」や最近の「橋本維新」までのブーム現象を概括した上で、かつて最も優れた民主主義憲法と言われたワイマール憲法下でナチス・ドイツが誕生した歴史的事実を勘案し、今日の日本人の思考は、やがて衆望を集めたヒーローに全てを託す専制的な制度を選択しかねない懸念を覚える、と流れるように論説するところだ。

 結論としては、一人一人が今日的な「風」の一員で満足することなく、賢明にならなければならない、さもなくば、民主主義は、衆望の結論として大いなる過ちを犯しかねないというもの。
なるほど~。示唆に富んだ、非情に深い話を聞くことができた。思索を深めていこう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-04-17 06:22 | 雑記(日記?)