花粉症   

花粉が観測史上最小

 確かに今年は楽だった。ボクは発症して6年くらいになるけど、今年は薬を飲まなくても大丈夫だったし、ずいぶん助かった。いつもなら市販の薬の場合は1日3回で薬の切れ目が鼻水で分かるほど。だら~っと落ちてくるんですね。「あ、切れたな」とわかります。

 でも、今年はほんとに楽だった。一瞬「直ったのかな?」と思い、その理由をいろいろと考えてみました。

 だまされて飲むようになったカテキン茶。CMやってるやつでコンビニ限定のやつ。これを3ヶ月くらい飲みつづけた。花粉症対策にカテキンも効果があると何かで読んだけど、ひょっとしてそれ?

 あるいはここ一年くらい毎朝食べているカスピ海ヨーグルト。

 あとはあまり変わったことしてないので、例年と違ったことといえばこの二つ。

 ヨーグルトは好きで今後もずっと続けるけど、花粉症対策にカテキン茶が本当に効いているのなら、脂肪は減らなかったけど、再度お茶飲むかな~と思ってたら、この記事に「例年より少ない」と。やっぱ単に少なかっただけですか!

 天気予報ならぬ花粉予報では確かにブルーの表示で「少ない」となっていました・・。少なかっただけ?それにしては例年とかわらずグズグズきていた人もいたけど・・。

 来年また苦しい季節がくるの?

 だったら海の家が悲鳴をあげようとも次の夏は断然冷夏で、果物農家が恨めしそうに空を見上げても日照時間は極端に少なく、大好きなみかんがちょっと甘くなくても、花粉症グッズメーカーになきが入ってもかまわない。次の一年は花粉が飛ばない気象条件がそろってくれ!

 マジ、つらいんです。
[PR]

# by cogno_eb2 | 2004-03-22 20:17 | ニュースコラム

新フォームは肩が痛い。   

 新フォームは肩が痛い。先にメンタルな部分と言ったのは、「ここは勝負玉!コイツをイレてネクストをココまでとらないと負ける!」という意識が強くなったとき、あるいは短クッションあたりから向こうの短クッションといった長距離のイレ&ダシの場面で、体が硬直してキューが出ない状態に陥るんですねぇ。

 キューが出ないというのは簡単にいうとひじを押し込むことができていないということ。ひじ下をたたんで終わりになっている→つまりはパチンとはじいて終わっているということ。

 脳というのはたいしたもので、体が窮屈になると、「腕をふれ」という命令を出したあとに体の窮屈さを計算して体にあたることを回避する命令を出して、結果的にフィニッシュできるようになるんです。体が窮屈ながら振れるってことはどういうことか。キューがまっすぐではなくてまっすぐの起動からぶれて前に出ているということなんですね。

 じゃあ、懐を広くとって、どんな状況でも振り子運動がスムースにできる構えを最初からできていればいいわけです。その構えができていれば、メンタル面が「ここは大事だぞ~!慎重に撞けよ~!」という状況になっても、きっちり撞点をまっすぐ押すことができれば失敗の確率は減るわけです。

 練習しましたよ。ハイ。んで、肩が痛くなりました。

 今の構えに定着するまで左足が痛くなったり、左肩が上がらなくなったり、普段の生活ではやらないカッコウをするので、慣れるまでは痛いんですよ。

 でもこれでうまくなれるなら・・・。ね!。
[PR]

# by cogno_eb2 | 2004-03-22 20:16 | ビリヤード

久々のA級戦   

 HPのほうにも以前書きましたが、今フォームの改造をしています。

 構えに入る際に右足を先に沈み込ませることと、ねらいのまっすぐのラインを体の中央でとること。

 後者は以前お世話になったA級の方の箴言(?)である「へそでねらう」という言葉がヒントになりました。

 それからストローク時の意識を変えました。私の場合はどうしてもインパクトの瞬間にリキむ傾向にあり、ぎゅっと握ることがかえってスムースなキュー出しを阻む要因になっているようです。いわゆる「はじく玉」になりやすい。

 そしてまた加えて、キュー出しの際に、インパクトの直前からもう一押しする形で撞き出すのですが、そのとき、キュー先のしなりを感じるくらいの力加減で充分だということ。まあ、A級の人がこれを読んだら「あたりまえ」といわれそうですし、逆に「それ違う」というご意見もあるとは思いますが、一応気が付いたことを書いてみました。

 で、それらを頭に入れて、久々にA級の方とゲームをしました。

 A級相手だとこちらにチャンスが回ってくるのは1回ないしは2回。その時点で最高のショットをしないと、中途半端なセーフティーではあっという間にとられてしまいます。

 ゲームの内容よりも、そのA級の方のストロークを見て新たな発見が。

 はじく玉になるかそうでないかは、かなりメンタルな部分にありそうです・・。

 練習して、また書きます・・・。
[PR]

# by cogno_eb2 | 2004-03-21 21:07 | ビリヤード

基本的なこと   

ビリヤードの世界をあまり知らない人に、まずは注意!

一ぉつ
 ビリヤードが趣味だ!という人に
「ハスラーなんですね!」
とは絶対に言わないこと。なぜなら、ハスラーとはいかさま師のことで、「あなたは"いかさま師"なんですね!」と言っているのと等しくなります。

一ぉつ
 「玉を打つやつですね!」などと言わないこと。「打つ」のではなく、「撞く」のです。辞書をひきましょう。めっちゃカッコ悪いです。

一ぉつ
 「玉を棒で打つやつね!」などと、間違っても言わないこと。「棒」ぢゃありません。キューです。

一ぉつ
 ビリヤードをする機会があったら、ぜひ遊んでみてください。でも、その時、全く狙ってないのに偶然玉が落ちてもガッツポーズなどしないこと。間違っても
「狙ってたもん」
などと言い訳しないこと。

一ぉつ
 隣の台で上手な人が一人で練習したりしてて、自分がなかなかうまくいかなくても

「いやぁ、久々にやるから入んない」
「今日は調子悪ぃや」


などと言い訳しないこと。ちゃんとやっている人から見れば、フォームで入る入らないは分かります。決して調子のせいではないことを。練習している人によけいカッコ悪いアピールになってしまいます。

一ぉつ
 カッコつけてくわえタバコでプレーしない。これはマナーです。台のラシャ(緑のやつ)にキズをつけることになります。キズをつけると罰金をとられます。

一ぉつ
 台に腰掛けて、両足を床から離してつかないこと。思いっきりファールです。

一ぉつ
 カッコつけてバックショット(キューを後ろ(腰)にまわしてのショット)をしないこと。練習しないと絶対入りません。普通は左でつきます。
[PR]

# by cogno_eb2 | 2004-03-20 11:19 | ビリヤード

文春またもや敗北   

<週刊文春>異議退け、販売差し止め支持-毎日新聞-

 文春問題で東京地裁が保全異議を却下した。当然だと思う。

 今回の問題で注意しなくてはならないことは、損害賠償などの事後の処置ではなく、発売を禁止する事前の処置であることだ。

 事前の処置ということであれば、中には「検閲だ!」とか古い表現を使って、さも公権力に介入されたと騒ぐ輩が出てくるが(どうせ三流出版社の連中くらい)、事前処置の法律論上の争いは専門家に任せるとして、ただ単純に、

「プライバシーの尊重もできない記事を書かなきゃいいじゃん。」

と言ってやりたい。報道倫理から逸脱した記事はもはや言論の暴力と化していることを彼らにわからせるためにも、ここできっちりとした裁判所の判断が下ることは望ましいことだ。

 事後の措置としては損害賠償の金額をアメリカ並みに引き上げること。つまりは下手な記事を書いたら莫大な負債を抱えるという抑止力となる金額を設定すること。

 さらには、訴訟の対象を記事を書いた記者、編集長、そして出版社の三者とすることができれば、かなりの抑止力になると思う。
[PR]

# by cogno_eb2 | 2004-03-20 10:39 | ニュースコラム

大久保落選!久保も。   

ジーコ、無断外出の8人を選ばず=サッカー日本代表(スポーツナビ)

 そうでした。私が浮かれてました。アテネ行きでまいあがってましたが、A代表的には大久保は「大ちょんぼ」のレッドカードでてたんですね。次の試合でれません。

 ん~。わかるけどさぁ。サンプで出番のないヤナギだすよりゃ大久保でしょ。

 ジーコの毅然とした態度、立派です。マジで。

 神様にゃ、勝てん。
[PR]

# by cogno_eb2 | 2004-03-19 19:03 | サッカー

またタレント候補ですか。   

 民主党が女性タレントの蓮舫さん(36)を参院選で擁立するらしい(共同通信)

 民主党も自民党も、選挙のときは必ずタレント候補を立てて集票にやっきになるが、プロレスラーやタレントが候補者になったからといって投票する有権者も愚かだ。

 民主党は大橋巨泉の「議会は想像していたところと違っていた」という身勝手な辞任劇を教訓にできていないようだ。女性票を取り込むことに必死のようだが、こんな小手先の策で女性から評価されると考えていることは浅はかだ。

 私は議員の資質として法律系の資格(弁護士や検事など)や博士号(少なくとも修士号)はあってもらいたいと思う。それだけの訓練を受けてきたという証であるから。立法府に野球選手やプロレスラーにタレントなんぞがいっても、できることなどないだろう。委員長を体を張って守る大仁田を見ていればわかる。そのくらいの存在だと。自民党が彼に議員立法を期待していると思う?

 いったん選挙民によって選ばれたなら、任期中にとにかく必死に資質を向上させるように努力してもらいたいが、そもそも、我々の税金で無学の連中を勉強させてやることなどないのだ。資質の高い人物を送り込んで、即戦力となってもらわないといけないのだから。

 時間があったら、各党の議員や候補者の資質一覧でも作ろうかなぁ。俺的にはやっぱ法律系資格の議員が多いところを応援したいな。
[PR]

# by cogno_eb2 | 2004-03-19 14:37 | ニュースコラム

おめでとう!!!山本ジャパン!!!   

 おめでとう!!!山本ジャパン!!!

 とにかくうれしい!すごく充実した試合だった!!

 涙ぐむ山本監督にも惚れた!そして田中達也!誰がどう見てもあんたがイチバン!

 いやぁ~、3トップ見事にはまりましたねぇ。流れの中で点が取れなかったのは残念だったけど、阿部が加入してから圧倒的にセットプレーが武器になったのは見事!

 出場停止あけの那須が決めたのもうれしい。アホな審判のせいで不条理な判定に泣いたが、ここで決めるとは!たいしたもんだ!

 そして走り続けた田中達也!ドリブルのスピードが最後まで健在で、オフサイドのシーン、後半のポストにはじかれたシュート、本当に惜しかった!田中に点をとってほしかった!アテネでもゴールにアシストに縦横無尽の活躍を期待してるぜ!

 そんでもって大久保!すごい!あんたはすごい!シンガポール戦に選ばれたら、しょぼい海外組FWなんかけちらして、この勢いで初ゴールをとってくれ!

 明日はさすがのスポーツ報知も「長嶋風呂入った」ではないでしょう。
[PR]

# by cogno_eb2 | 2004-03-18 21:49 | サッカー

エメルソンは大丈夫?   

FIFAの新規約により、

「選手が代表チームでプレーするには、父母か祖父母が当該国出身か、もしくは当該国に2年間以上継続して居住することを義務付ける」

としたそうだ。

ジーコ日本の”飛び道具”になる予定のエメルソンはどうなの?だれか教えて!


エメルソン日本国籍取得のニュースを受けて名前を考えてあげよう!とウチのHPで展開したけど、大丈夫かなぁ。OKならみんなで考えよう!



ウチのHPから転載↓
 
 でも、関心はやっぱり帰化した後の名前でしょ。ロペスは「呂比須」、サントスは「三都主」、さあ、エメルソンはどうなるのか興味津々(よけいなお世話・・・)。

 エメルソンのフルネームは「マルシオ・エメルソン・バッソス」だが、サントスが「アレサンドロ・ドス・ サントス」から「三都主アレサンドロ」になったから、「バッソス・マルシオ」なのかなぁ???

 「バッソス」を漢字で書くのは難しいねぇ。「マルシオ」だったら簡単なのに。「丸塩」でしょ。「エメルソン」は、あ~これも難しい・・。「江目呂宋」かなぁ。ロペスの時は本人が定規で名前書けるように直線を多くしたそうだが(ほんとかな?)、これならいいでしょう。「呂宋」でルソンって読むんだって。
 ちなみに辞書に書いてありました。↓ 
     
「安土桃山・江戸初期の堺の豪商。半ば伝説上の人物。広く海外貿易を営み、特に呂宋(ルソン)の産物を豊臣秀吉に献じて巨利を博した。のち秀吉の忌諱(きい)に触れ没落した。納屋助左衛門。」

 「バッソス」ってどうよ!個人的にはひらがな一つ一つに漢字を当てるのってすきじゃないんだよな~。いかにも当て字って感じで。「閥十州」とかどう?カッコ良くない?「抜素数」は?ん~なんで素数を抜き出すんだろ。

 みなさぁ~ん!どうすかねぇ?みんなで考えてあげましょう!
[PR]

# by cogno_eb2 | 2004-03-18 14:55 | サッカー

言いたい放題には厳罰を   

 週刊文春事件ですが、裁判所の差し止めの判断をめぐって、いろんな人がいろんなことを言ってますね。さんが非常にすっきりとしたコラムを載せてられます。私もちょっとこの話題に乗っかってみようと思います。

 「あな、いみじ」のhiro0919e さんも言ってられるように、出版社は「言論の自由」をたてに、何を言ってもよいかというと、「そうだ!」と言う人はいないでしょう。でも、裁判沙汰になるような記事を載せて「言論の自由」と逆ギレする人たちは、間違いなく我々にはないインフラを持ち、書いて発行して全国にばら撒くという非常に強い手段を持っている。こういう強い手段をもっている人たちに限って「言論の自由」を振りかざす傾向にあります。

 今回問題となっている週刊文春や週刊新潮などの週刊誌や、夕刊フジや日刊ゲンダイなどのタブロイド紙などは、「書きたてて売っちゃったもん勝ち」の部類のメディアです。このレベルのメディアの人たちは、「記事が事実かどうかは関係ない」人ともいえます。売れれば良い。名誉毀損の損害賠償だって最近ようやく金額が上がって数百万になったとはいえ、1冊400円として50万部売れたら2億円の売上。その中から300万円払ったとしても痛くも痒くもない。

 なので、hiro0919e さんが言うとおりで、「馬鹿な雑誌は買わなきゃいい」のです。帰りの電車で差し止め食らった週刊文春を熱心に読んでいる中年男性がいましたが、買わなきゃいいんですよね・・。我々市民が賢くなればいいんです。事実が全体の数パーセントも含まれているかどうかわからないものに、なんでカネを出すのか私には理解できませんが、買う人っていうのは、事実かどうかなんか関係ないんでしょうね。ホントじゃないかもしれないけど「へぇ~」って好奇心が満たされればいいんでしょう。

 こんな馬鹿な雑誌のたぐいが売れなくなるような賢い市民が社会を形成するような時代は残念ながらまだまだ先のような気もしますが、では、そんな雑誌が売れなくなって自然淘汰されるような社会がくる前までは、馬鹿な出版社は書きたい放題垂れ流していいのかということになりますよね。

 今回の文春の問題は「プライバシーの侵害」と「言論の自由」という問題。私は記事そのものを見てはいないので直接言及することはできませんが、低俗なメディアたちはプライバシーの問題など「当然の常識」の部分を持ち合わせていないのに、権力の介入があると騒ぎ立てる。

 我々一市民にとってみれば、雑誌を発行して全国にばら撒く手段をもちえている出版社は、もちろん公権力ではないけれども、おおいにPOWERとして映る存在です。報道倫理を持ち合わせていないメディアの前では、我々のような存在など、微々たる存在でしょう。

 自分の私生活が暴かれて、全国に自分を知らない人はいないくらい報道されて、しかもその伝え方に悪意が混じっていたら、その雑誌に謝罪広告が載り、損害賠償で数百万もらっても、それがいったい何の解決になるでしょう。メディアは普通の市民をとりあげても売れないから有名人やその関係者をネタにするだけのこと。もしその矛先が自分に向いたら・・・。そりゃやっぱり差し止めしたいでしょ?

 今回の問題のように、発売前の差し止めが妥当かどうかといった法律論上の問題はちょっと難しくて分からないけど、有名人であろうとそうでなかろうと、いったん事実と異なる報道、事実無根の悪意の報道があったときに、その代償としてものすごく厳しい判決が下りるようにしないといけないと思う。損害賠償がアメリカのように億単位になるとか、誰もがわかる方法で出版社の瑕疵をさらしたり、報道機関をPOWERの主体者として位置付けて報道機関の言論の暴力を許さない体制を作る必要があると思う。

 発売前などの事前の処置は大変難しい問題を含むので、まずは事後の処置を厳しくすることで、抑止力となるようにしなくてはならないのではないだろうか。2億売って数百万の賠償では抑止力になっているはずないでしょ。
[PR]

# by cogno_eb2 | 2004-03-18 14:34 | ニュースコラム